aaa-1024x685

サバンナや森林にはさまざまな動物が生息しています。皆、エサ探しで必死でしょうが、このアードウルフはちょっと変わった食生活をしているようです。他にもどんな突飛なことがあるのか?調べてみました。

sponsoredlink

アードウルフってどんな動物?

草原やサバンナにいる動物です。胴体には黒っぽい横しまが入っていて、足にもさらに黒っぽい横しまがあります。指に近いほど黒が強くなってくるようです。

 

体長は50~80cm、体高は40~50cm、体重8~14kgと、比較的小柄な体です。ハイエナ科に属していますが、ハイエナ科の中でも最小種です。

 

ウルフというからにはかなり獰猛なのかな?」と思いますが、そんなことないです、とってもカワイイ顔をしているんですよ。

スクリーンショット 2016-07-26 18.00.14

アードウルフの生態

見た目はハイエナなのですが、ハイエナのように肉食というわけではなく、アリクイのようにアリを食べて生きています。名前も、恰好が似ているからという理由でウルフとなってしまったようです。

 

オオカミはイヌ科ですが、ハイエナは猫科から進化した生き物です。森林にいたネコ科の動物はハイエナも含め草原に出て行くようになり、森林で狩りをするものや開けた場所で長距離に渡って獲物を追っていくものなど、多様な狩りの方法が現れました。

 

そういった生活スタイルに合わせて、ハイエナのようなネコ科でも犬のような体つきになったようです。アードウルフもその中の1種類だったのです。が、肉食にはならず、昆虫食になっていきました。

 

そして、体型が小柄なので小食かと思いきや、1週間で30万匹のシロアリを食べるそうです名前に「ウルフ」と付いているのに食べるのがシロアリ、っていうのはアンバランスというか笑ってしまいます。

アードウルフの特徴

Aardwolf, Masai Mara, Kenya
Aardwolf, Masai Mara, Kenya

どう見てもリカオンかハイエナなのにアリ(主にシロアリ)を好むのが、一番の特徴だと言えます。

 

シュウカクシロアリが好物ですが、このアリには毒があるので、食べるのはアードウルフだけです。アードウルフの場合、唾液の中に毒を中和する成分が含まれているため、毒があっても食べることができます。

また、「土の中を好み穴があると必ず入ってしまう」、という性格もあわせ持っています。

 

毒を中和する唾液というのはすごいですね。進化の過程でそうなったのでしょう。でもそのように進化するまでには、かなり時間がかかったことでしょう。

 

「進化ってすごいなあ~」と、改めて思います。

動物園にいるの?

アードウルフを飼育している動物園はそんなに多くはないです。下記の通りです。

  • 円山動物園
  • 大宮公園小動物園
  • 宇都宮動物園
  • 日本平動物園
  • 天王寺動物園
  • 池田動物園
  • 高知県立のいち動物公園

などです。

 

尚、繁殖させる関係で動物園を移動する場合が多いそうなので、よく確認してから見に行って下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

名前を見る限り恐そうなアードウルフですが、小さくて、顔もかわいいので、上記の動物園に行けそうな方は、しっかり見て来て下さいね。動物園まで行けない方はインターネットで検索すればいっぱい画像が出てきますので、それらを閲覧の上このページのことを思い出して欲しいです。

Sponsored Link