テレビでもたびたび取り上げられているフクロウ。

その中でも有名な「ポポちゃん」というフクロウをご存知ですか?

このポポちゃん、どうして有名になったのかというと、普段の姿からは想像もできないほど細くなるからなんです‼

ポポちゃんは静岡県の掛川花鳥園にいる、アフリカオオコノハズクというフクロウ。

今回はアフリカオオコノハズクを紹介していきますね♪

sponsored link

小さいけれどキリッ‼アフリカオオコノハズクの特徴

アフリカオオコノハズクはキリッとした黒い縁取りのある白い顔をしています。

瞳の色はきれいなオレンジ色で、少し長めの羽角があります。

くちばしの上に白いふさふさとした羽毛があり、とってもかわいらしいおじいちゃんのよう。

体全体は灰色をしています。

小さくてキリッとした顔立ちながらもユーモラス。とっても愛らしいフクロウなんですよ♪

大きさはどのくらい?

アフリカオオコノハズクの大きさは20~25cm。

体重は100~200gほどです。

フクロウの中では小型の部類に入ります。

 

ところで、アフリカオオコノハズクといえば、最初のほうにも取り上げていた「ポポちゃん」が有名です。

ポポちゃんは掛川花鳥園にいるアフリカオオコノハズクで、一時期テレビで取り上げられていました。

どうしてそんなに注目されていたのでしょう?

それは、アフリカオオコノハズクの警戒行動がとってもユーモラスだからです。

アフリカオオコノハズクは、体を細めて木に擬態して敵から逃れる、羽を広げて威嚇する、この二つの警戒行動をします。

体を細めるときは、まだ敵に見つかっておらず、擬態によってやりすごせる場合、羽を広げて威嚇する場合は、敵に見つかってしまって、相手を威圧する場合です。

人間から見ると、もとの可愛らしさもあいまってとってもユーモラスに見えるのですが、どちらもアフリカオオコノハズクにとってはストレスを感じている証拠。

くれぐれも、細くなっているところを見たいからといって驚かしたりしてはだめですよ;;

 

威嚇行動の動画はこちら♪

 

 

寿命はどのくらい?

アフリカオオコノハズクの寿命は10~15年ほど。

小型種として平均的な年数ですね。

どんな性格なの?

アフリカオオコノハズクはかわいらしい見た目と反して、気性は荒いです。

また、とっても臆病なので、あまり驚かさないようにしてあげてくださいね。

それに加えて好奇心旺盛な冒険家の気質も持ち合わせています。

なんだかとってもやんちゃなフクロウなんですね。

飼うときはすぐに触ったり撫でたりしようとせず、気長につきあっていきましょう1

 

余談ですが、飼い主以外の人にも馴れたりすることがあるようで、そういうところはフクロウとしてはとっても珍しい性質のようです。

sponsored link

いくらくらいするの?

お店によっても異なりますが、だいたい15~20万円です。

どこに行けばお迎えできる?

猛禽類を取り扱っているペットショップや、フクロウ専門店にてお迎えすることができます。

フクロウの中では比較的手に入りやすい種類ですが、念のため事前に店舗に確認しておくことをおすすめします♪

スポンサードリンク