104221507_3

最近、私はやたらと海洋生物を調べあさっているのですが、その中でも断トツで「攻め」ている生物を発見!生きるために「攻め」ることを選択した彼ら。その名も「ホウライエソ」。

 

ちなみに釣りをする人はエソってあのエソ?と思う人がいるかもしれませんが、狙っていないのにたまにかかるあのエソとは関係ないようです。

さて、ホウライエソとはどんな生物なのか、ご紹介しましょう。

sponsoredlink

ホウライエソってどんな生物?

ホウライエソは体長35cm程。

水深500m~2500m程度の温帯から熱帯海域に生息しています。つまり深海魚ですね。

 

深海の世界はわずかな光りしか届かず、真っ暗闇。そんな中、生きていくために色々な進化を遂げている深海生物。

私たちが想像も出来ない姿へと進化しているのですが、ホウライエソはどういう姿をしているのでしょうか。

ホウライエソの特徴

messina_straits_chauliodus_sloani

深海のギャングとも言われているホウライエソですが、とても長い牙を持っています。これは深海ではなかなか出会うことが出来ない餌を確実にとらえるため、大きくなったと考えられています。

この長い牙を用いて餌を捕らえ、上方に跳ね上がる顎の力で餌を飲み込みます。

 

またこの大きな牙を使うにはとても大きな口を開けないと捕らえられないため、かなり特殊な骨格をしています。顎?の可動域がかなり広いようです。

獲物を丸飲みするためにはとても便利な骨格をしていると思います。

大きめのハンバーガーとか食べる時に便利そうだなとか思ったりしちゃいました。でもそんな口をしていたら怖くて誰も近寄らないですね。

sponsored link

生きるか死ぬか!?究極の進化

大きすぎる獲物を捕らえた際、そのまま飲み込めずに餓死してしまう事もあるそうです。

うーん、獲物を捕らえるために大きくした牙がまさか命取りになるとは。かわいそうとしか言えないですね。。。まさに生きるか死ぬか!ギリギリの世界で生活しているからこんな怖い顔になってしまったのかな!?

 

似たような牙が発達した魚類として、キンメダイ目のオニキンメがいますが、オニキンメと同様に完全に口を閉じることが出来なくなった程の種もいるそうです。

牙が発達した魚類はホウライエソだけではないのですね!それだけ牙で捕らえることが大事だということではないでしょうか。ちなみにこのオニキンメ。

深海魚ですが、見た目は鯛の怖いバージョンって感じです。

 

そんな怖過ぎる外見のホウライエソですが、実は他にも怖い〇〇があったのです!

次のページホウライエソの恐怖の〇〇!水族館にいる?

Sponsored Link