karahuto-hukurou-2

大型の寿命はどのくらい?

フクロウの中で大型種というと、体長が60cm以上にもなるもののことを指します。

例えば、目の周りのバウムクーヘンのような模様が特徴的なカラフトフクロウや、顔にバッテンのついたメガネフクロウなどがいます。

 

大型のフクロウは大体40年前後生きるのですが、種類ごとに見てみるとどうなのでしょう?

  • カラフトフクロウ→30~40年前後
  • メガネフクロウ→30~40年前後

やっぱり大型になってくるとこのくらいの長さみたいですね。

けれど、個体によって50年や60年(⁉)生きたりする子もいるみたいです。

sponsoredlink

中型の寿命はどのくらい?

1a9e342b90b620ba4ae9f810f0b6f22b

フクロウの中で中型種というと、体長が30~40cmくらいのものを指します。

例えば初心者向けといわれるモリフクロウや、お面をかぶったような顔をしたメンフクロウがいます。

 

中型種は20~30年くらいの寿命と言われていますが、種類ごとに見てみるとどうなのでしょう?

  • モリフクロウ→15~20年
  • メンフクロウ→15~20年
  • シロフクロウ→25~30年
  • ワシミミズク→25~30年

モリフクロウとメンフクロウは若干小型寄りなのかな……?などと思いつつも、やっぱり長いなぁとしみじみしてしまいます。

小型の寿命はどのくらい?

shutterstock_174321137

フクロウの中で小型種というと、大体体長が20cmくらいのものを指します。

例えば、掛川花鳥園のポポちゃんでおなじみのアフリカオオコノハズク(オオなのに小さい)や、コロッケのような姿形をしたスピックスコノハズクがいます。

 

小型種は10~15年くらいの寿命と言われていますが、種類ごとに見てみるとどうなのでしょうか?

  • アフリカオオコノハズク→7~15年
  • スピックスコノハズク→7~10年
  • アナホリフクロウ→10年~15年
  • コキンメフクロウ→10年~20年

小型の種類ごとの寿命を見てみると、飼っている人が多いからか寿命の年数にばらつきが出てきます。しかし大体は10~15年あたりの範囲におさまっているようですね。

sponsored link

まとめ

フクロウの寿命は体の大きさによって異なることが分かりました。

  • 小型は10~15年
  • 中型は20~30年
  • 大型は30年前後

それぞれのフクロウの寿命を紹介してみましたが、やっぱり寿命は長いですよね。ポピュラーなペットたちと比べて長生きなことに、驚かれたかもしれません。
最後にはなりますが、フクロウを飼うときは長い年月ともに過ごすことを考えて、自分の体や身の回りの環境を整えてお迎えしましょう。

それでは、よきフクロウライフを‼

Sponsored Link