pteropus_scapulatus_1

出典

コウモリというと「肉食である」と思っていましたが、このフルーツコウモリ(別称オオコウモリ)は違うのです。しかもペットとして飼うこともできます。

 

コウモリのペットなんてすごい!」って思いますよね。

 

そんなオオコウモリはどんな生態で、どのように飼ったら良いかをまとめてみました。

sponsoredlink

かわいいお顔のオオコウモリ(フルーツコウモリ)

日本国内でよく見かける普通のコウモリはココウモリとして分類され、おもにアブラコウモリが主体です。

 

ココウモリは、目が小さく耳がよく発達しているため不気味な印象を与え、あまり好む人はいないでしょう。(ドラキュラのイメ―ジもありますし)

 

でもこのフルーツコウモリは全く違っていて、とても愛らしいのです。

Pteropussconspicillatussk1k

目が大きく耳が小さいのが特徴で、うさぎ?きつね?カンガルー?と思えるほどかわいい顔をしています。そのため、近年ペットにしている方々も増え、人気が高まりつつあります。(ちなみにオオコウモリの仲間はたくさん!)

 

それにしてもそのかわいさは抜群で「ペットにしたい気持ち」もよくわかります。

オオコウモリ生態は?

熱帯雨林を好むフルーツコウモリ類は大型のものも多く、翼を広げると2mまで達するものもいます。が、小さめのフルーツコウモリでは、高さが20cmくらいのものが多いです。

 

また、ココウモリとの違いも多く、特に食べ物が全く違います。ココウモリは昆虫など肉食であるのに対し、フルーツコウモリは果物を主食としています。

 

飛行方法にも違いがあり、ココウモリの視覚はあまり発達していないため、飛行においては超音波による音の反響を得ることによって周囲を理解し、そこから得た情報をもとに飛行します。

 

それに反してフルーツコウモリは、目をしっかり開き視覚を頼りに飛行します。

「だから目が大きくなったんですね。納得!」

 

また、フルーツコウモリの場合は親指には、「?」型になった大きなかぎ爪が付いています。果実や葉を食べる際にこちらに枝を引き寄せたり、果実を抱える時などに使われます。

sponsoredlink

餌や食べ物は?

果物の食べ方としては、果実を口の中に入れてしっかり噛んで果物の果汁だけ飲み、口の中に残ったカスは吐き捨てます。当然フンは液体状になります。

 

しかしこのフンの中には小さな種子も含まれているので、種子散布には大変役立っています。

 

因みに、日本でもフルーツコウモリ(オオコウモリ)がいる場所があります。小笠原諸島にはオガサワラオオコウモリが、琉球列島にはクビワオオコウモリが存在しています。

次のページ:オオコウモリ(フルーツコウモリ)はペットにできる?飼育方法は?

スポンサードリンク