img_0286

海の中にはたくさんの生物がいます。私たちが大好きな美味しいお魚だったり、とても変わった生態の持ち主だったり、深海に住む不思議生物だったり。そんな中から私が一押しするのがカエルアンコウです。

 

みなさん、カエルアンコウはご存知ですか?見た目から海の中の癒し系なのですが、その生態を知ると癒し系とは少し言い難いところもちらほら。そのギャップがまた面白いのです。

今日はカエルアコウについてご紹介していきましょう。

sponsoredlink

カエルアンコウってどんな生物?

日本では本州以南の海で見られ、ダイバーの間では人気のある生物のうちの一つです。人気の最大の理由はその「可愛さ」ではないでしょうか。

 

日本で見られる種類は身体の大きさがさほど大きくはなく、だいだい、5cmから15cm程度です。

また見た目は『ずんぐりむっくりに手がちょこん』でしょうか。また同じ種でも様々な色のものがいます。カラフルでとても可愛いです。

antennarius_striatus

カエルアンコウは真似が得意?

アンコウといえば、みなさんまずアンコウの仲間の特徴であるちょうちんを連想すると思います。頭についているあれですね。

チョウチンアンコウの仲間の場合、ちょうちんの部分が発光することで小魚をおびき寄せたりしますが、カエルアンコウにも獲物をおびき寄せる器官があります。

 

頭から釣り竿のような細い棒が生え、その先にはエスカと呼ばれる疑似餌が付いています。これは色々な魚の好物であるゴカイやイソメなどに形がよく似ています。実は背びれが変化してできたものなんだそうです。感心!

私はてっきりこれ専用の器官だと思っていましたが、元からあった体の一部を変化させたのですね。

エスカはゴカイにそっくり

また、カエルアンコウはこのエスカをクネクネと自在に動かすことが出来ます

 

その様はゴカイの仲間にそっくりです。見た目を似せるのもすごいですが、動きまでとは。

きっと、じーっと観察して研究したんだろうな。勉強家でないと似せることなんて出来ないですよね。可愛いなりして、意外と賢いかも。

〇〇の時だけ、とてつもなく速く動く!?驚異の捕食

201201261453292a0

カエルアンコウはエスカを使い、小魚をまるで釣るように捕獲します。

 

そして、カエルアンコウが獲物に食らいつく時の速さは魚の世界で最も早いと言われています。口を開けてから魚が中に入るまでのスピードは研究者が計測した記録ではなんと0.007

もう速すぎて秒数を言われてもピンときませんね。

 

そしてぬぼーっとした見た目とのギャップ半端ない!きっと小魚も自分が食べられたって気づかない間に口の中に入っていることでしょう。でも食べられる身からしたらそのくらい速いほうがいいかも。

sponsored link

胸ヒレと腹ヒレは歩くためのもの!?

カエルアンコウは泳ぐのがあまり得意ではありません。

そのため、長く発達した胸ヒレと腹ヒレを交互に前へ出し、海の底を歩くように進んでいきます。これもまたカエルアンコウの特徴と、人気の理由の一つですね。ちょこちょこ歩く感じがなんとも可愛いのです。

 

魚でも泳ぎが苦手な種もいるんですね。でも泳ぎが得意だったら釣り師にはきっとなってないでしょう。

 

こんな可愛いカエルアンコウですから、見たい!もしくは飼いたい!という人も多いのでは?そんなわけで調べて見ました。

次のページ飼えるアンコウは水族館で見れる?飼育はできるの?

Sponsored Link