s0200750215-12_1

水族館で見られる?

沼津港深海水族館や横浜の八景島シーパラダイスなどで展示されています

 

水族館だとゆっくり観察出来ていいですよね。頭のヒラヒラ見れるかなー?それよりも捕食の瞬間を見ることが出来そうですよね。見てみたい!

sponsoredlink

飼うことは出来るの?

飼うことは出来ます。注意事項は以下の通り

  • 水槽は60cmから90cm。あまり動く魚ではないのでこれで充分だとか。
  • 水流ポンプの設置。これ、結構重要!
  • 水温は23℃から25℃がベスト。水温は高温には弱いため注意が必要ですので夏場は水槽用のクーラーが必須です。
  • エサは生きた小魚かエビ。

カエルアンコウはあまり動かないため餌は3日に1回程度か、1週間に1回程度でも問題ありません。むしろ、あげすぎると消化不良で死んでしまいます。

 

消化不良で死んでしまうのには驚きです。飼うからにはきちんと学習をして、しっかり飼育したいですね。

sponsored link

おわりに

私はダイビングをするのですが、海の中でカエルアンコウを見たことがあります。あまり動かない魚は観察しやすいですし、なんだか可愛く見えます。

人間が近寄っていっても、じーっとしていて、特に印象的だったのが手に見えるヒレです。大きな手で一生懸命海底に踏ん張っているように見えるのです。

 

この可愛い見た目からは考えられないような捕食方法のカエルアンコウ。

私は魚というものを少し誤解していました。カエルアンコウは釣りをして獲物を捕らえます。魚にそんな工夫が出来るとは思ってなかったのです。ただ頭に小魚が好きなゴカイに似ているものが付いているだけならまだしも、動きまで似せるなんて、頭脳派ですよね。

是非いつか捕食の瞬間を海の中か、水族館で見てみたいものです。

Sponsored Link