s-virus_character

皆さんは、食べ物を食べた後に、突然お腹が痛くなったり、気分が悪くなったり、あるいは熱が出たり、そんな経験はありませんか?

 

もしかするとその症状は、食中毒による症状かもしれません。

 

食中毒でよく聞く症状は、腹痛や下痢、発熱などの風邪に似た症状で、軽視されがちです。

ですが!

実は食中毒の症状の中には、身体が麻痺したり、意識が混濁したり、数か月から一年近く入院することになったり、最悪の場合は死に至ります

sponsoredlink

また、食中毒の原因となる食べ物もさまざまです。条件が悪くなると、ほとんどすべての食べ物で食中毒になる危険があります。

 

僕も、大学の講義や調理師になるための学校の授業で食中毒について勉強した時に、「食中毒にはこんなにも多くの種類と、原因があるのか!」と驚きました。

 

そして、そんな中でも、毎年毎シーズン食中毒で騒がれている食材があるのです。

それが、「牡蠣」です。

agr946_pic1_20150930141310

日本では旬が異なる2種類の牡蠣「イワガキ」と「マガキ」が主に食されていますが、そのどちらも、とても怖い食中毒の原因になり得ます。→2種類の牡蠣、イワガキとマガキの違いとは!?

 

また、その牡蠣を食べることによって引き起こされる食中毒の種類や症状もさまざまで、軽い症状の場合は、その症状が食中毒だと気が付かない可能性もあります。

 

さらに、牡蠣による食中毒の中には、対応を誤れば他人に感染し、二次的な被害に繋がる恐れもあるのです

 

そこで今回は、牡蠣によって引き起こされる可能性がある食中毒、食あたりとその症状、対処の仕方などを紹介したいと思います。

そもそも、食中毒って何?

befc248cda7f5dd6f152c1fe7e2aec70

食中毒は、僕たち人間にとって有害な物質を含む食べ物や飲み物を、口から摂取したことによって引き起こされる症状の総称です。

 

有害な物質は、飲食物の中で増えた微生物だったり、その食材が元々持っている化学物質(毒素)だったり、或いは誤ってその飲食物に混入した異物だったりとさまざまです。

 

飲食物は大丈夫でも、その時に使ったお皿や箸などの食器に有害な物が付着していて、それが原因になることもよくあります。

 

そんな食中毒は、原因になる要因や物質によって6つに分類されています。

  • 細菌性食中毒
  • ウイルス性食中毒
  • 化学性食中毒
  • 自然毒食中毒
  • 寄生虫性食中毒
  • その他(カビ毒による食中毒)

今回ターゲットにした牡蠣は、このなかの「細菌性食中毒」、「ウイルス性食中毒」、「自然毒食中毒」で主な原因となっています。

当たる!?牡蠣によって引き起こされる食中毒とは?

牡蠣は、その一つの食材でいろいろな食中毒の危険性を持った、ちょっとリスクの高い食材かもしれません。(しっかりと調理すればあるかなり危険は減ります)

 

牡蠣を食べる事によって引き起こされる主な食中毒は以下の4つが多いです。

スポンサードリンク

細菌性食中毒

1・「腸炎ビブリオ」による食中毒
2・「大腸菌」による食中毒

ウイルス性食中毒

3・「ノロウイルス」による食中毒

自然毒食中毒

4・「貝毒」による食中毒

 

この中で、最近は細菌性による食中毒は、生産業者の努力によってかなり減ってきました

 

それは、牡蠣を採取した後に、殺菌されたキレイな海水に数日ほど入れておくことで、貝の表面や貝の内部に取り込まれた細菌を洗い流し、ほとんど無菌な状態にできるようになったからです。

 

しかしそれでも完全という訳ではないので、注意が必要な事には変わりないです。

 

ではどんな症状が出るのか?次のページで解説!

スポンサードリンク