images_convert_20130518145335

「鶴は千年、亀は万年」ということわざ、どこまで本当なのでしょう?

 

そんな疑問を解消すべく、亀の寿命の長さの理由を検証!そしてギネス記録を持つ亀さんをまとめてみました。

ペットとしての亀「ミドリガメ」、「クサガメ」の記事はこちら
【飼い主注意!?】大きさ別ミドリガメ(アカミミガメ)寿命調査!
最長◯◯◯年?日本にいるクサガメ(ゼニガメ)の寿命調査!

sponsoredlink

亀の寿命はなぜ長い?その理由

調べていると理由がわかりました。

■冬眠、夏眠をする
■代謝が穏やか
■穏やかな生活で、エネルギー消費量が少ない

この3つが理由だそうです。一つづつ考察していきましょう。

4812250906_a6e31ac97e_b

 

1、冬眠や夏眠の理由

冬眠、夏眠とは”冬または夏のある期間に活動量を減らしたり、長い期間の睡眠をとること”を言います。

 

ではなぜ冬眠、夏眠が長生きの理由になるのでしょうか?

 

それは、活動するときのエネルギー量が少なくなるからです。つまり、

1、体を動かすとエネルギーを消費。

2、エネルギーを消費すると、体が酸化する。

3、酸化が老化につながる。

結果的に亀は冬眠等をすることによってエネルギー消費を防いでいるのですね。では2つ目の理由へ。

2、代謝が穏やかな理由

亀は代謝が穏やかな様子。代謝とはwikipediaによると

代謝(たいしゃ、metabolism)とは、生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応のことであり、新陳代謝の略称である。 これらの経路によって有機体はその成長と生殖を可能にし、その体系を維持している。

つまり、亀は体の中で行なわれている化学反応もゆっくりだということですね。消化活動や、呼吸運動も遅いのでしょう。長生きをする亀は外敵が少ない環境で進化を続けてきた結果、代謝を早くする必要はなかったということです。

それでは最後の理由です。

sponsored link

3、穏やかに暮らし、エネルギー消費が少ない

先ほど説明した2つの延長線上の理由ですね。ヤフー知恵袋でこんな回答を見つけました。

基本的に運動量が多いのは短命と聞きます。
そこで考えてみると。猫は人間の寿命の約4分の1と言われています。
確かにうちの飼い猫(どこの猫も)圧倒的に僕たちより運動量が多いのが見て取れます。
そうすると逆の亀もなんとなく長生きなのが納得できました。

ご存知の通り、亀はとっても”のろま”です。ということはぼくら人間や、犬、猫のように素早く動く動物よりも必然的に長生きになるということ。

 

ぼくもノロノロ生きようかな?笑

 

ここまで亀の寿命はなぜ長いのか?その理由を3つに分けて説明してきました。亀は動きも代謝もゆっくりなのでその分エネルギー消費が少なく、寿命が長くなるとまとめられますね。

そんな長生きの亀さんですが、一体どのくらい長く生きた亀がいるのか?紹介いたします!

 

次のページまさかの200歳!?世界の長生きカメ達!

Sponsored Link