みなさん、カツオノエボシという生物を知っていますか?

名前からは想像つかないと思いますが、見た目が綺麗な(人によっては少し気持ち悪く見えるかな?)でも猛毒を持つ恐ろしい生物なのです。

今日はそんなカツオノエボシをご紹介しましょう。

sponsoredlink

電気クラゲと呼ばれるカツオノエボシとは?

名前だけ聞くと、カツオと付いているので魚かな?と思いますが、ヒドロ虫の群体。

彼らは猛毒を持ち、刺されると強烈に痛み、その姿と刺された際の痛みが電気の衝撃に例えられたことから別名電気クラゲと呼ばれています。自ら発電する生物というわけでないそうです。

 

そしてこの一風変わったカツオノエボシという名の由来は、カツオが到来する時期に海流に乗ってきて、見た目が烏帽子に似ているということから、三浦半島や伊豆半島で「カツオノエボシ」と呼ばれるようになりました。

 

生態でも見た目からでもなく、カツオの時期に来るからという由来で他の生物の名前が付くのは面白いですね。さてそんな面白ネームのカツオノエボシくん。刺されるとちっとも面白くないことが。

刺された時の症状

先ほども述べたように、刺されるとかなり強めのビリビリ!がきます。

すぐには刺された跡ははっきり見えず、10分ほどしたら患部は腫れあがり、痛みは長時間続きます。刺された時も痛ければその先も長い時間痛いなんて恐ろしいですね。

 

さらには、二度目に刺されるとアナフィラキシーショックを起こし、ショック死する危険もあるという。出来たら一度も刺されたくない…。

死んでいても刺される?

ですが、その見た目は青くとても美しい。砂浜に打ち上げられてたらうっかり、『まぁ、綺麗!これは何かしら?』てな具合で触りに行ってしまいそう。

 

しかし、このうっかりはとても危険です!

 

カツオノエボシの刺胞は接触の刺激で発射されるので、砂浜に打ち上げられて弱っていたり、死んでいたりしていても関係ないのです。その触手に触ってしまうと刺されてしまいます。

また、刺された際、その触手を患部からとる時も素手で取ろうとすると刺されてしまいますので、注意が必要です。

 

カツオノエボシ側から見ると、自分の意志とは関係なく接触の刺激だけで刺すことが出来ることはとても効率的で素敵な生態と思いますが、攻撃される側から考えると、とんでもない生態ですね。

もし私が打ち上げられて死んでいるカツオノエボシに刺されたら、『死んでいるならもういいじゃん!』と叫びたくなります。

sponsored link

刺された時の治療法

もし海で刺されてしまったら、まずは慌てずゆっくり海岸へ戻りましょう。このときに顔を水面に近づけて患部を見ようとすると顔までも刺されてしまうかもしれないので要注意です。

そして、砂浜などで刺されてしまった場合は回りにも触手が打ち上げられている可能性があるので、よく見てその場から離れてください。

 

触手が付いている場合、海中で刺激をしないように触手を取ります。このときゴシゴシしてしまうと、またその刺激で刺されてしまうので、慎重に切れないように取ってください。

とにかく刺激しないようにが大切です。

 

そして応急処置として患部を50℃から60℃程度の熱めのお湯に5分ほど浸すか、氷で冷やします

あとはお医者様へ治療してもらいましょう。

 

でもでも、実は絶対にやってはいけない対処法もあるのをご存知でしたか?

カツオノエボシの毒はどんなものなのかも含め、次のページでご紹介しましょう!

次のページ絶対にダメ!やってはいけない対処法

スポンサードリンク