<引用:wikipedia>

花鳥園にはたくさんのフクロウがいます。

とっても大きくて年輪のような顔をしたカラフトフクロウ、真っ白くて目を引くシロフクロウ。
ユニークな顔立ちのメンフクロウに、、羽角の生え方がウサギのようなウサギフクロウ。

どのフクロウもそれぞれに特徴を持っていて、ゲージの前をいったりきたりしながら飽きず眺め続けてしまいます。

 

そんな中で、きらりと光る瞳。虹彩は金色で、瞳孔は黒色。体の小ささに反して、その瞳の魅力は無限大。

 

それはコキンメフクロウという種類のフクロウでした。

今回は、そのコキンメフクロウをご紹介しますね♪

sponsored link

漢字で書くと小金目‼とっても愛らしい姿♪

コキンメフクロウは小型のフクロウで、大きさは15~20cmほど。

体重は150~200gほどです。

頭が平たく、体の色は薄い茶色のまだら模様になっています。

 

漢字で書くと小金目となるように、特徴的な金色の瞳をしています。体が小さいので人を見上げるときには自然上目遣いになります。首をくりくりと動かしながらその特徴的な瞳でこちらを見つめてくる様子はとっても愛らしいです♪

 

くちばしは黄色く、羽角はほとんどありません。また、ほかのフクロウやミミズクに比べて足が長く見えるのも特徴的。

気候の安定した土地に生息しているので、シロフクロウのように足まで羽毛に覆われていたりはしないんですね。そして、体は小さいのですががっちりとしていて、頭が大きいのも特徴的です。

英語ではLittle owl。その体の通り、「小さいフクロウ」という意味です。

どんな鳴き声?

コキンメフクロウの鳴き声は比較的トーンの高い鳴き声です。

「キョロロロ」と鳴いたり、「シャーシャー」と鳴いて甘えたりするようですよ♪

鳴くときに下のくちばしが素早く震えるのがとってもかわいいですね。

こんな声でねだられたら思わず顔がにやけてしまいそうです。

 

寿命はどのくらい?

寿命は10~20年ほどです。

お迎えするときは新しい家族が増えるような気持でお迎えしましょう。

 

どんな性格?

性格は活発で神経質。少し攻撃的な面もあるようです。

ですがじっくり腰を据えて一緒に暮らせば、手に乗ってくれたり体を触らせてくれたりします。はじめのうちから焦ったりせず、じっくり腰を据えて暮らしていきましょう!

sponsored link

値段は?いくらくらいで買えるの?

おおよそ15~20万円ほどです。

 

ペットとしての人気が高い品種なので、フクロウの中では比較的リーズナブルな価格といえるでしょう。ただ、輸入しづらい時期もあり、そういう時期には5万ほど値上がりしてしまうこともあるようです;;

どこで販売されている?

猛禽類を取り扱っているペットショップや、フクロウ専門店などで販売しています。比較的入手しやすい個体なので、お店に問い合わせてみてくださいね♪

コキンメフクロウの生態

コキンメフクロウはヨーロッパから中国、アフリカ北部に広く生息しています。

普段は木々のまばらな林や草原、農耕地や公園などいて、木の穴や建物のすきまに巣を作って住んでいます。

小動物や両生類、爬虫類や木の実などを食べて過ごしているようですね。

小さくて可愛らしくてもそこは猛禽類。飼うときにはほかのフクロウと同じように、ウズラやヒヨコ、虫などをあげてくださいね♪

 

ヒナのころはふわふわの綿毛のような羽毛が生えています。

頭の部分にちゃんとした模様ができるのは、成鳥になってからなんですね‼

 

飼育方法、注意点は?

小型のフクロウではありますが、運動不足は健康を損なってしまうもと‼

十分な広さの飼育場を用意してあげてくださいね♪

また、ゆっくり落ち着ける場所として、囲いのある区画や、隠れ家的な場所を用意してあげると喜びます。

なつくとっても可愛らしいしぐさを見せてくれますが、最初のうちは急にスキンシップをとりにいこうとせず、落ち着くまでゆったり待ってあげてください。

 

そして、コキンメフクロウ。とっても動きが素早いんです‼

体の小ささもあいまって、しっかり見ていないとすぐに見失ってしまうほど。

飼うときには窓の施錠や扉の開閉に気を付けましょう。

飼育下のフクロウにとって外には危険がいっぱいです;;

sponsored link

コキンメフクロウに会いたい‼

ペットとしての人気も高いコキンメフクロウ。

あの黄色の瞳と見つめあいたい‼ふわふわとした羽毛を近くで眺めたい‼

そんな方も多いのではないでしょうか?

というわけで、コキンメフクロウに会うことができる場所を紹介しますね♪

 

しあわせをよぶふくろうの城 千葉店(http://fukurounoshirochiba.blog.fc2.com/blog-entry-303.html)

フクロウとのふれあい体験や、生体の販売をしています♪

こちらには1歳になるコキンメフクロウがいます。

フクロウのほかにもハヤブサもいるんですよ!

2016年10月現在で、14羽のフクロウ・ハヤブサがいます。

エサの販売や、予約制でメンテナンスも行っているので、フクロウのことについてより深く知りたい方におススメの場所です♪

ほかの地域にも店舗があるので、お近くの方はぜひ。

 

ふくろうのみせ(http://www.owlfamily.co.jp/)

西日本(大阪、京都、博多)にお店のある、フクロウとのふれあいの場所。

生体販売も行っているほか、購入後の自宅訪問などお店側のアフターケアもばっちり!

お店でフクロウと触れ合いながら、フクロウと過ごしている自分を想像してお迎えする、ということもできます。

西日本にお住まいの方は要チェックですよ♪

 

コキンメフクロウについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

みなさんもぜひ、コキンメフクロウの魅力を存分に味わってくださいね♪

それでは、良きコキンメフクロウライフを‼

スポンサードリンク