Vampire Squid - going into ԰ineappleՠdefense posture (Vampyroteuthis infernalis) Date:

深海生物にはたくさんの不思議生物がたくさんいます。名前も変わっている生物がたくさんいますね。英名で地獄の吸血イカと呼ばれる生物がいます。

今日はそんな深海のマスコット的存在の「コウモリダコ」をご紹介しましょう。

sponsoredlink

コウモリダコってどんな生き物?

コウモリダコは体長最大で30cm程です。よく遭遇するものは15cm程度。太平洋・大西洋・インド洋の深海に住んでいます

深海生物なのに○○が発達!?

497580ce00f00c991f807f5af9891eb6

コウモリダコは身体のわりにはとても大きな目を持っています。動物界で最大のサイズの目は非常に複雑で、深海の暗黒の中で小さな発光も見逃さない素晴らしい目を持っています。

 

だいたい私が知っている深海生物は目を退化させていったものが多いので、とても驚きました!

しかし、みんなが見えないのに、見えることはとても素晴らしい強みですね。

和名と英名が違う?

和名はコウモリダコ。これはマントを広げるとコウモリ傘のように見えることからつけられました。

そして、英名は「地獄の吸血イカ」。インパクト強すぎだろ!

 

暗赤色の体、巨大な青い目、8本の腕の間にマントのような皮膚を持ち、伸びる腕の先には鉤(かぎ)のような突起物が備わっています。いかにも恐ろし気な形相から名づけられました。

 

さぞ恐ろしい凶暴な生物かと思いきや、見た目とは裏腹にそうではなかったのです。これは後程説明するとして、和名と英名、タコとイカ。なぜ違うのでしょうか。

発見時の脚の本数で、名前が変わった!?

9a5659d4

最初にコウモリダコが発見されたのが1903年、100年以上も前のことでした。当初発見時に脚が8本だったので、タコの一種と考えられました。

そのあと、脚の脇には目立たない袋口があってそこに収まる2本の細い脚が発見され、脚が10本ある。ということでイカの仲間だということになりました。

そのころには和名がつけられていたので、和名はそのままタコ

タコとイカどっちだよ!

ですが、実際にはイカでもタコでもなく、それが種として分化する以前に存在していた祖形を継承している現生種であると考えられています。

タコとイカでは脚の数が違うよと小さい頃教わりました。それが、通用しない深海。さすがとでも言いましょうか。

 

ちなみにこの2本の細い脚は触手であり、イカのような餌を捕らえるためのものではなく、知覚を持っていて餌を見つけるためのフィラメントと考えられています。

sponsored link

恐ろしい英名と、本当の姿とのギャップ。

イカやタコはどれも捕食動物なので、見た目も怖そうだし、コウモリダコも生きた獲物を探し回っていると考えられてきました。

しかし、彼らが食べているものはプランクトンの死骸、糞、藻、泥、小型の甲殻類が脱いだ殻など、海中を降下する「マリンスノー」だったのです。これはとんだ勘違いですね。

 

しかも、彼らはマリンスノーの粒子を毛が並んだ2本の長い触糸を使って集め、食べやすい大きさのボール状に粘液でまとめていると判明したのです。なんとまぁ!これこそギャップですね。

恐ろしいと思われていた彼らが、丁寧にマリンスノーの粒子をボールにしていたなんて。そしてとても器用ですね。

 

さらに彼らは深海で生き残るためにとあるトリックを習得していました。

次のページコウモリダコが持つ斬新なトリックとは?水族館にいるのか?

Sponsored Link