ダイバーにはもちろん、水族館でも人気者のクマノミ。私もダイビングの際、海で見かけるとテンション上がる魚のうちの一つです。

今日はクマノミのあんなことや、こんなことをご紹介していきましょう。

sponsoredlink

イソギンチャクとクマノミの関係

クマノミはイソギンチャクと共生しています。イソギンチャクの触手には刺胞があり、クマノミ以外の動物を排除しようとします。触れた相手に刺胞から針を発射して毒を注入します。

クマノミはイソギンチャクの刺胞に順応する能力を身に着けているので、捕食者に脅かされるとイソギンチャクの中に一時的に逃げます。そして敵がいなくなるとまた、イソギンチャクの近くを泳ぎ始めるのです。

 

ではなぜクマノミは刺されないのでしょうか?

クマノミはイソギンチャクにとって餌ではないから刺さないのか?それとも、クマノミから刺さないように脅されている?なんていうのは冗談ですが、この二つの生物の不思議な関係の謎解きの一端を解き明かしたのが、日本の女子高校生だったのです。これには大変驚きですね。

クマノミとイソギンチャク

彼女たちはクマノミの出す粘液とイソギンチャクが刺胞を出す条件を見つけたのです。

イソギンチャクが刺胞を出すタイミングは刺激(魚が触れる等)ではありません。マグネシウムの濃度が海水より低い場合のみ刺胞が出ることが判明したのです。そして、クマノミが出す体表の粘液に含まれるマグネシウム濃度を調べると、海水よりも濃く、近縁のスズメダイの10倍だったことが分かりました。

さて、クマノミ側は身を守るということでイソギンチャクの力を借りていますが、イソギンチャクにとってはどうでしょう?ただ住まわせているだけなのかと思っていましたが、ちゃんとクマノミは仕事をしていました。

イソギンチャクにとってのメリット

 

イソギンチャクは『褐虫藻』という藻類も一緒に住まわせています。この藻類を住まわせる代わりに、藻類が光合成をして作った栄養を分けてもらっています。クマノミがイソギンチャクで排泄をするとそれが藻類の栄養となり、育ちます。藻類が育てばイソギンチャクにとっても嬉しいことですね。

そして、クマノミがイソギンチャクの中を泳ぎまわると触手がゆらゆら動くことになります。そうやって触手が動くことで、海水が流れ込み、触手の間に溜まっていたゴミを洗い出してくれる役割となっているのです。

また褐虫藻が生み出した栄養が触手を動かすことで全体によく届くようになり、イソギンチャクの成長が早まる効果もあります。

イソギンチャクからクマノミを取っ払ってしまうと、イソギンチャクは成長が滞ったり、場合によっては死んでしまうこともあるのだとか。

お互い素敵な関係で共生しているのですね。クマノミがイソギンチャクの中や上でゆらゆら泳いでいる姿は可愛いものです。

クマノミってどんな種類がいるの?

クマノミは世界に30種類います。日本では6種類のクマノミが生息しています。その種類を簡単にご紹介していきましょう。

まずは一番標準的。地域によって体色が変わる『クマノミ』

 

クマノミは白い2本の横帯を持ちます。体色が黄色っぽいのがオスで、白っぽいのがメスです。クマノミの中でも生まれ育った地域によって体色が変化しやすい特徴があり、中には2本の白い横帯以外、体が真っ黒に近いクマノミも居るんだとか。これには驚き。

体長は10cmから12cm以上になるものも多く、クマノミの仲間の中では少し大きめです。

 

6種の中で一番気の強い『ハマクマノミ』

ハマクマノミは頭の部分にある縦一本に描かれた白い横帯が特徴のクマノミです。この横帯、幼魚の頃は2~3本で、成魚になると1本だけになります。体の大きさは10cm程度で、体色は6種の中でも暗い方です。

性格はクマノミの中でも最も強く、共生しているハマクマノミが一緒だと近くに生息するほかの種類の小さな魚は適いません。

さらに先ほどご紹介した素敵な関係で共生するイソギンチャクを食べてしまう事もあるのだとか。。。イヤー!!私の綺麗なイメージを壊さないでーー(泣)

 

頭にある白い横帯が特徴的『セジロクマノミ』

<引用:https://zukan.com/>

セジロクマノミは名前の通り、背中に1本の太い横帯があり、クマノミの中でも一番区別が付けやすいクマノミです。体長は12cmから14cmと大き目です。

性格は少しおとなしく、落ち着いています。そのため、他のクマノミとも一緒に生息出来、海の中では数種類のクマノミを一緒に観察出来ることもあります。

 

淡い綺麗な色が素敵な『ハナビラクマノミ』

ハナビラクマノミは体色が淡く白がかったオレンジ色をしています。中にはピンク色に近い魚もいます。

背中とえらの部分に一本ずつ細くて白い横帯が特徴的です。体長は大きくても9cmほどでクマノミの中でも小さく、可愛らしいです。可愛いと思う反面、淡い色が上品で落ち着いて見え、白金あたりに住んでいそうなおばあ様。といったイメージでしょうか。

 

みんなが知っている『カクレクマノミ』

カクレクマノミは、体に3本の横帯があり、体長は7cmほどでクマノミの中でも小さいです。性格はおとなしく、威嚇したり攻撃してくることはほとんどありません。

私は伊豆の海でダイビングをした際、この幼魚をたくさん見ました。とても綺麗なオレンジで可愛かったですよ。

 

激レア!!出会えたらラッキー。『トウアカクマノミ』

<引用:https://zukan.com/>

トウアカクマノミはなかなか出会いにくいので、珍しいクマノミとして人気です。体の中央に白斑。中には上から見るとハートの形をしていて、ラブリーです。体は黒っぽく、頭の部分が赤いことからこの名前が付けられています。

体長は10cmから12cm。性格は普段穏やかですが、同種とテリトリー争いをすることもあるのだとか。危険を感じるとイソギンチャクに隠れてしまう、カクレクマノミやセジロクマノミとは違い、威嚇して出てくるという強い姿も見せます。

 

沖縄の海では6種類すべてに会えます。ダイビングをされる方は是非、全種類コンプリートしたいですね。私もすべてに会いに行きたい!!

sponsored link

クマノミの生態

先にも述べた通り、クマノミはイソギンチャクと共生しており、定住性が強くダイバーが近づいてきても逃げてしまったり、隠れてしまうことはほとんどありません。卵を産み付ける場所も住処のイソギンチャクの陰です。食性は雑食性で、小型の甲殻類や付着藻類を食べます。

 

性転換する!?

性転換は魚類では一般的に見られます。

クマノミの場合すべてがオスとして生まれてきます。サンゴ礁では大きなイソギンチャクに大小の2尾の成魚と数尾の未成魚・幼魚が1つのグループとして住みついているのが普通です。成魚は大きい方がメス、小さい方がオスで、このペアはどちらかが死なない限り続きます。メスが死んだり、何かの事故でいなくなったりするとオスは未成魚のいずれかとペアになり、自分がメスに性転換します。また未成魚どうしがペアとなった場合は、体の大きい方がメスとなります。

よく出来た仕組みですね。

卵の世話はオスがする?

メスが卵を産んだあと、オスが新鮮な水を送ったり口でごみを取り除いたりします。メスは敵を追い払う役目をしています。クマノミはオスからメスに性転換する魚なので、メスのほうが上位になるのです。

かかあ天下っていうやつですね。

 

生息地と寿命

インド太平洋熱帯域のサンゴ礁に分布しています。日本近海では本州中部以南に生息しています。野生では長くて10年程度ですが、飼育下では長いもので20年も生きるのだそうです。そんなに生きるなんて知りませんでした。いつか飼いたいなー。

sponsored link

まとめ

海や、水族館でよく見ていたクマノミ。ですが、性転換をすることやメスのほうが強いことは知りませんでした。こういったことを勉強した上でまた観察するとさらに面白そうですよね。次どこかで見る機会があれば体の大きさや、他の魚との接触を見れたら面白いなと思いました。

スポンサードリンク