megamau

世界一口の大きいサメメガマウス。口もでかいが頭もでかい、遠近法を間違えたみたいな巨大魚。幻のサメとか、エイリアンシャークとか言われるけどその真相は?

 

メガマウスが現れると地震が起きるって本当?

sponsoredlink

メガマウスとは

ネズミザメ目メガマウス科のサメで、ジンベエザメ、ウバザメと共に三大ザメのひとつといわれる。

 

古代よりその姿が変わっておらず、原始的な形態を残した生きた化石である。発見例が少なく、その生態は不明な点が多い。

 

たくさんいるのか、希少なのかもわかっていないし、また、発見されたのも、ごく最近のことなのだ。

3ddbcd54788052c43789c6fea0d11c49

メガマウスの発見

1976年、米ハワイ州オアフ島沖で米海軍の船の錨に引っかかり捕獲されたのがメガマウスの最初の発見である。科学分野では海洋における20世紀最大の発見といわれた。

 

その後の発見例は、現在までにわずか60例程度。そのため「幻のサメ」といわれている。生きた状態で捕獲されることは殆どない。

 

メガマウスの発見例の約8割はアジア地域だが、全世界の熱帯域から温帯域の沿岸から外洋にかけて分布していると考えられる。

またその中でも日本近海での目撃例、捕獲例が比較的多いが、それは日本近海に多いというよりも、アジアの国によっては、捕獲しても食べてしまうこともその理由と考えられる。

 

でも特別美味しくは無いらしい。

 

全長は4〜7メートルくらいで、これまで発見された個体で最大は709cm。深海で過ごすが、夜は餌を食べるために水深10〜20メートルのところまで上がってくることが分かっている。

 

その奇妙な容貌から欧米ではエイリアンシャークなどといわれることがあるが、何千万年も前から深海で暮らしていたメガマウスからしたら、海を荒らしまわる人間の方がよほどエイリアンだろう。

大口鮫メガマウス

1345289604751

メガマウス=大きい口という名前が示す通り、とてつもなく大きい口が特徴である。メガマウスザメともいう

 

顎の骨についている、口を開ける筋肉が非常に発達しているそうだ。開けた時の口の大きさでいえば、サメの中で最大。

 

縦横1.3メートルくらいに開く大口は、人間の子どもなんて歩いて入れるくらいの大きさである。一度入ってみたい人も多いと思うが、残念ながら人は食べない。

 

人を食べないどころか、時速1km近い速度でとてもゆっくりと進み、食べ物はプランクトンという、人畜無害なサメである。大量の海水を飲み込み、その水に含まれるプランクトンのみを濾して体内に取り込む、濾過摂食を行う。

 

この濾過摂食を行うのは他に、ジンベエザメ、ウバザメの三大ザメ仲間の3種だけである。

 

メガマウスの口の周辺や内側は光っているように見え、「発光器」と呼ばれる。夜の暗い海中で、その発光器にプランクトンがおびき寄せられるんだそうだ。

 

食べ物がプランクトンであるにもかかわらず、メガマウスは小さくて鋭い無数の歯を持つ。その歯の使い道が謎である。

sponsored link

メガマウスの歯の化石の発見

2015年に、沖縄県の海岸でメガマウスの歯の化石が発見された。大きさは1センチメートルほど。

 

これまで、生体の発見例はアジアが多かったにも関わらず化石はアジアでは殆ど見つかっていなかった。

 

1000万〜300万年前の地層で化石が発見されたことにより、これまで見つかっていた地域を含め、新生代後期にはメガマウスが全世界に分布していたことが判明した。

 

また、メガマウスが捕獲された時に地震が起きる!という噂があるらしいが本当なのだろうか?次はその話題について考察してみようと思う。

次のページメガマウス捕獲は地震発生の前触れ?水族館にメガマウスはいる?

Sponsored Link