346-4

私は今まで全く知らなかった動物です。こんなユニークなクマもいるんですね。木登りが大好き!らしいので、どんな生活をしているのか?探ってみました。

sponsoredlink

メガネグマってどんな動物?

メガネグマは南アメリカにいる唯一のクマで、ベネズエラ西部からコロンビア・エクアドル・ペルー・ボリビアなどに生息しています。

哺乳類ネコ目クマ科に属しており、体の大きさは

  • 体長120~200cm
  • 体高70~80cm
  • 体重130~200㎏(オスの場合)

くらいです。

目の周りや喉の辺りに白い斑紋が入っていて、見ていてユーモラスです。でも色の付き具合によっては「パンダみたいになっていたのかな?」と思ってしまいました。

メガネグマの生態

a0091329_2341627

標高1800~3300mほどのところに生息しますが、草原や砂漠でも生息することができます。夜行性なので昼間は木の上に枝を組み合わせた巣で休んでいます。食べ物は、主には果物が中心ですが、その他のものを食する場合も多いです。例えば、樹皮や昆虫や小型の動物も食べているようですし。また、ウサギや・シカ・ラマまで食べるという報告もあります

 

特にメガネグマの好物とされているのは、プロメリアという植物です。プロメリアの根元には甘い糖分がたくさんあり栄養豊富であり、メガネグマ1日80個ほど食べる場合もあるようです。

 

メガネグマは1回に1~3頭の子供を産みます。性成塾までは、オスが5年ほどでメスは4~7年程度です。寿命としては25年~36年で、飼育下では36年5か月という記録が残っています。すっごく長生きだったメガネクマもいるのですね。

 

「他のメガネグマも長生きしてくれるといいなあ~」

切なる願いです。

性格はどんな感じ?

img_6563

正確はいたって温厚です。また、人と会ったりするとその接触を避けて、慌てて木に登りやり過ごすようです。

 

しかし、戦闘モードに入ると戦闘力も強く(さすがクマ!)牛を一撃で殺したという話もあります

特徴

特徴といえば、何といっても目の周りにある、白い眼鏡のような模様でしょう。なんであのような模様になったのか?は残念ながら不明です。

 

メガネグマの場合、交尾期以外は1人で行動する動物です。自分のテリトリーを示すために、匂いを使って縄張りを主張します。また、手が器用で木の実を食べる時など、木の上の方までしっかり手を伸ばして手先で果実などをもぎ取り、上手に手を使いながら食べています

 

昼間はのんびりしているメガネグマですが、夜行性なので夜になるとエサ探しが始まります。メガネグマは鼻が利きますから、匂いを頼りに食べ物を探すために木から降りてくるのです。

スポンサードリンク

見れる動物園は?

大阪の天王寺動物園で見ることができます。また名古屋の東山動物園でも見ることができます。名古屋のメガネクマは2002年11月に、姉妹都市であるメキシコ市のチャプルテペック動物園から1頭が贈答されたものです。

 

すでに東山動物園にいるミカエラ(メス17歳)とのペアリングを目的としています。

まとめ

世界には、まだまだ知られていない動物がいっぱいいるのですね。しかも知られていない動物ほど絶滅危惧種である場合が多いです。メガネグマも絶滅危惧種で、動物園では何とかペアリングさせようと頑張っている様子です。上手くいくといいですね。そして1度見に行ってみたいなあ~!

Sponsored Link