03

昆虫界の生きた化石、ムカシトンボ。調べてみたら、さすがムカシのトンボ。他のトンボとは一味違うのであった。

そしてヤゴ時代がやたら過酷に思えてしょうがない。

ムカシトンボとは?

トンボ目・ムカシトンボ科に分類されるトンボ。トンボ目の中で最も原始的な特徴を残した生きた化石といわれる。

 

1億5千万年前の残存種と考えられている。

 

ムカシトンボ科のトンボは日本の山地、中国黒竜江省、ヒマラヤ山脈周辺で見つかった3種のみであり、日本では、かの日本昆虫学会のシンボルマークにもなっている。

その3種は遺伝子的に殆ど相違なく、最終氷期(ウルム氷期)にアジアに分布していた集団が、地球が温暖になるのに伴い寒冷地に遺存した結果、現在の様な分布になったと考えられている。

sponsoredlink

見分け方

体長は5cm前後で黒地に黄色の模様がある。翅の長さは3cm前後で、前翅と後翅の形が似ている。

 

一般的にトンボは、止まるときには翅を開いているものだが、ムカシトンボは、イトトンボやカワトンボの様に4枚の翅を重ね合わせて閉じるという、あまりトンボっぽくない止まり方をする。

 

ムカシヤンマと間違われることがあるが、ムカシヤンマは8cmほどで大きく、また翅は開いて止まる。

ムカシトンボの生息地

ak-mukasito2001-5-12n8745s4040

国内では北海道・本州・四国・九州の山間部の、森林に囲まれた、水が綺麗で夏でも16-17度くらいの水温の低い渓流に生息する。

各都道府県に数カ所ほどの生息地があり、4月後半から6月頃に見ることが出来る。

 

全体的にいえば、現在も多数生息している様だが、ダム建設などの開発などにより清流が減り、宮城県、三重県、長崎県で絶滅危惧種に指定されている他、準絶滅危惧種に指定されている地域もある。

ヤゴ時代がやたら過酷なムカシトンボ

川岸の植物に産卵し、約2ヶ月後に孵化した幼虫(ヤゴ)は、自分で川まで跳ねていき、最初の脱皮をして、そこから5〜8年程度の水中生活をする。

普通は1年くらいなのに比べるとやたら長い。

 

そして、その間は早瀬(河川急流部)の大きめな石の裏側にしがみついている。近寄ってきたヒラタカゲロウ幼虫などの虫を捕食しつつ、脱皮を重ねて成長する。

 

数年間急流で岩の裏にしがみついて暮らすって、過酷すぎでしょ。今時のゆるい子育てと違うところがさすがムカシのトンボなのだった。

ヤゴ時代の生活は?

img_1345

また、ヤゴ時代の移動方法は徒歩のみ。

トンボ科などのように直腸から体内の水をジェット噴射させて進むハイテク機能とかはついていないのだ。

 

その過酷なヤゴ時代を経て、羽化の1ヶ月からは陸上生活を行う。この間にエラ呼吸から空気呼吸に切り替える。

 

この切り替え期間も、他のトンボは数時間くらいが多いのに、やたら時間がかかる。とにかくなんでも他のトンボの何倍も時間をかけるらしい。

ヤゴの飼育は出来る?

できなくはないが、しっかりと環境を整えないと難しい。

飼育経験のある人によると、

(1)酸素化、(2)高温にならない環境作り、(3)足場となるザラザラした石を入れる、の3点が飼育のポイントとなる。

とのこと。

エサはヤゴのサイズにあったイトミミズを入れておけば食べてくれるそうだ。

sponsored link

まとめ

数年間のヤゴ時代を経て、成虫になったら1ヶ月くらいの儚い命のムカシトンボ。コツさえ掴めばヤゴの生息地を見つけるのもそう難しくないそうだ。

 

綺麗な渓流、川にかかった植物、その下の岩には、ムカシトンボのヤゴが張り付いているかもしれない。

スポンサードリンク