4739185259_f47821b5ce_o-640x426

これまでの人生で、友達とオオサンショウオの話をしたことは何回くらいあるだろうか?

私は一度も無い。

 

2015年7月に鴨川で撮影されたオオサンショウウオが話題になったりと、一度見るとなぜか気になるオオサンショウウオについて、オオサンショウウオビギナーの私が調べてみた。

sponsoredlink

オオサンショウウオ(ハンザキ)の生態

060717oosan-04

特徴

見た目の特徴を、同じ両生類仲間であるイモリと比較してみた。

  • お洒落なイモリと違って、色は地味な茶黒系。
  • 目がぱっちりなイモリと違って、目が極小。しかもほとんど見えないらしい。
  • 尾にかけて細くてすらっとしているイモリと違って、全体的に寸胴。
  • そして足も短い。

書いているうちに、オオサンショウウオファンに怒られそうな気がしてきたので、「そんなところがかわいい。」と書き加えておく。

 

生きた化石」であるオオサンショウウオは3000年前と今と同じ姿なのだ

あまり詳しい調査をしないうちに急速な開発で絶滅危惧種になってしまっていて、生態には不明な点が多いとか。

大きさ

名前に「オオ」がつくからには大きいに違いないそのサイズは、大きい個体でなんと150cmくらいのものもあるそう。

小柄な人間の身長くらい。

 

一般的な大きさは約50〜80cm。人間の赤ん坊くらいだろうか。

ちなみに普通のサンショウウオは殆ど20cm以下なので、普通サイズでもかなり大きい。

 

そして、オオサンショウウオは「世界最大の両生類」なのだ。

sponsored link

生息地

日本。

学名「Andrias japonicus」の japonicusは、「日本の」という意味。

日本の中でも、西日本や九州の河川の上流域に生息している。

 

他のサンショウウオが成長すると陸に上がるのに対し、オオサンショウウオは大人になっても水中で過ごす。一応成長するとエラ呼吸から肺呼吸に変わるけど、陸に上がるのはやめたようだ。

さすが、3000万年進化しない生き物。

 

今では希少種となり、国の「特別天然記念物」になっている。もし見つけても捕まえたりしては駄目なので気をつけよう。

絶滅が心配だ

maxresdefault (1)

2015年7月に、京都府の鴨川で撮影されたオオサンショウウオが世間を賑わせたが、2013年以降の市の捕獲調査では外来種や交雑種しか見つかっていないという。

 

1970年代に中国から食用として持ち込まれ、無断で放流されたチュウゴクオオサンショウウオとの交雑で、京都市では在来種が今や絶滅の危機。深刻な問題になっている。

 

しかも見た目ではほとんど見分けがつかず、DNA鑑定しないとわからないそう。

 

そして、捕獲した個体が外来種や交雑種であることがわかると、元に戻すことができないので、オオサンショウウオの研究施設である「NPO法人日本ハンザキ研究所」や水族館で一時保護されている状態。その数なんと200匹以上。

その行く末は未定で、殺処分の可能性もあるとのこと…。

 

人の都合で行き場の無くなった雑種のオオサンショウウオにも思いを馳せたいですね。

食べ物

来るもの拒まず。動物性ならなんでも食べる、肉食の食いしん坊さん。魚やカエル、沢蟹、貝類、そして時には共食いも

 

目がほとんど見えないので、ひたすら待って目の前に来た獲物はとりあえず丸呑み、そして、強い顎の力で一度掴んだ獲物は離さない相当食い意地の張った子のよう。

万一遭遇しても指など近づけない方がよさそう。

 

言い換えれば「なんでも食べるよい子」ともいえるので、共食いはともかく、好き嫌いの多い人間の子どもに爪の垢飲ませたいお母さんも多いかも。

sponsored link

寿命

なんとなく寿命が長そうな感じだが、野生で10年以上、飼育下では50年以上の個体もいたとのこと。

通称「ハンザキ」と呼ばれているのは、「半分に裂いても生きていそう」というイメージからという説も。

 

次のページオオサンショウウオは飼育できる?&実は美味いとかいう味について。

Sponsored Link