%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-22-35-08

約100年の間に50億羽から0羽になった生き物リョコウバト

 

絶滅するはずがないと楽観視されていたリョコウバトですが、なぜこんなに急激に絶滅へと向かって行ったのか?リョコウバトの生態に迫りつつ、絶滅の原因、そして科学者の復活への奮闘の様子をお届けします。

sponsoredlink

リョコウバトの生態

まず、リョコウバトの生態に迫ってみます。100年で50億羽いた鳥が、なぜ一瞬にして絶滅したかのヒントになるはずです。ではまず、寿命から。

Ectopistes_migratoriusAAP042CA

リョコウバトの寿命

10年〜20年

1800年代にほとんどが消えたため、正確な測定はされていませんが、一般的なハトは10年〜20年です。また、過去の資料に野生のリョコウバトが絶滅してから動物園で飼育されていたものが、8年ほど生きたという記述もあるので、およそそのくらいでしょう。

リョコウバトの大きさ

40センチ

独特の鳴き方をする「キジバト」が30センチほどなので、ハトの仲間としてはやや大型ですね。このちょっと大きめという点が、後に示す「食肉用として乱獲」の原因の一つになったのかもしれません。

習性・生息地

リョコウバトは渡り鳥です。

 

夏場にかけては主にアメリカ5大湖周辺〜ニューヨークに巣を作り、冬場はメキシコへ渡り越冬していました。基本的にアメリカ全土にかけて生息していました。

 

次にリョコウバトの特徴を見ていきましょう。

passengerpigeon

特徴1・群れが多すぎる

リョコウバトはかなり大群の群れを作ったと言います。

 

例えば、止まり木。

一度にあまりに多くの鳩が止まるため、重みで木の枝が折れることがあったと言います。また、その止まり木の下に落ちた糞はまるで雪が積もるようだったんだとか。

群れの形成に関して、最大22億羽の群れも見られたと言います。恐ろしい数ですね・・・

特徴2・肉が美味い

肉が美味しいのは、リョコウバトにとっては災難にだったようです。

 

高級料理店で出されるほどのリョコウバトの肉は、都会でも非常に高価格で取引されていました。ハンターだけでなく、一般人も銃や、棒で狩猟したそうです。一般人でも捕まえやすかったので、そのうち一般人もリョコウバトを売り始めたんだとか。

sponsored link

特徴3・育てる卵は1個だけ!

3つ目の特徴は、非常にマイナス要素ですよね。明らかに・・・

 

なんとリョコウバトは鳩でもあるにかかわらず、1年に1度の産卵、繁殖期に1個の卵しか生まないのです。ワシが少数精鋭で1羽程度育てるのなら分かりますが・・・残念ながらリョコウバトは名前の通りハトです。。。

さらに、何を思ったか乱獲をした人間たちはリョコウバトのヒナまでも狩りの対象にしたというから驚きです。ヒナとってどうすんだろなぁ?と思いますがね。

 

これら3つが主なリョコウバトの特徴でした。

ところが、これら3つの特徴がそのまま絶滅の原因となったのです。

しかし、リョコウバトが絶滅した原因はこれだけではありませんでした。

 

次のページさらに追い打ちをかけた3つの原因

Sponsored Link