salpa-maxima

最近、やたらと海の生物を調べたりしているのですが、不思議な生物がわんさか。

今日はその中でも見た目ももちろん変わっているのですが、とても面白い生態の持ち主「サルパ」をご紹介しましょう。

sponsoredlink

サルパってどんな生き物?

サルパとは外見だけ見ると、クラゲに似ているような透明なゼラチン質に包まれた体をしています。ですがクラゲではなく、分類するとクラゲは刺胞動物でイソギンチャクやサンゴの仲間

 

サルパは尾索動物の仲間でホヤなどに近いです。尾索動物とは、中枢神経系は発達せず、脳は持たない、そして海中に住み、プランクトンを濾過して食べる動物のことをいいます。

1drxhwt

深海生物って初めて見たときはとても可愛いと思えない姿をしていて、見ていくうちにどんどん可愛く見えてきて虜になっていくものが多いのですが、サルパは名前も姿もとても可愛いとは思えなかったです。。。不思議すぎて。

 

この姿で発見した人はよく生物だと分かったなと思いました。

サルパの面白い生態とは

サルパの面白い生態の一つは食べながら移動することです。「うん、食べ歩きって楽しいもんね。。。っていう私のそれとは違うか。」

 

先端に開いている口のような部分で海水を吸い込み、プランクトンを一緒に食べ、さらにその力を利用して移動してしまう凄い奴なのです。私の楽しい食べ歩きとは全然違いましたね。

増え方が独特!

d571af91

そしてサルパの増え方にもとても面白い特徴があります。

 

サルパのライフサイクルには、出芽という方法で無性生殖する時期があります。1匹のサルパが雌雄同体のクローンを多数作るのです。クローンはしばらくずっとつながったままで、15メートルもの連鎖をつくる種もいます。

なかには車輪状や二重らせん状になるものがあるそうです。

 

やがて、サルパの連鎖はばらばらになります。

自由になった単独個体はまず、卵を1つ持つメスになり、この卵を前の世代のオスたちが受精させて、メスの体内で胚に育つ。

sponsored link

クローン誕生!

次に、「母親」になったメスの体内で精巣が形成され、これが「前の世代のオス」として、近くにいるほかのサルパの卵を受精させるのですが、その間も体内では胚が成長を続けています。

 

ついには母親の体内から赤ちゃんサルパが飛び出し、新たにクローンの連鎖を作るべく成長するのです。クローンを作ってしまうなんて凄いですね。

そして神様はなぜこのような繁殖の仕方を彼らに与えたのでしょうか。やはり深海は神秘

 

繁殖するために重要なのは、エサとなる植物性プランクトンが大量に発生するとそれに付随してサルパも大量発生するようです。

 

そんなサルパですが地球人類の救世主となっているらしいです。

次のページサルパの大きさ、生息地。救世主サルパの秘密!

Sponsored Link