私が子どものころ、大流行した本がありました。それは額に傷を持つ少年が、魔法学校に入学し、いくつもの試練を乗り越・・・