211423691_624

タカアシガニといえば、最大で4メートルにもなる個体もあるという、もし近所で出会ってしまったら走って逃げるレベルの生き物。その物騒な風貌からは想像もつかない地味な生態とは?

 

そして結局のところ、美味しいの?まずいの?

sponsoredlink

タカアシガニの愛すべきところ

見た目のインパクトに比べ、つまらないカニだとか、味も美味しくないという残念な噂が。

 

きっとそんなことないよ。とタカアシガニを勝手に励ますために、ひとまずタカアシガニのいいところを探してみた。

寿命が凄い

c0199399_2111667

愛すべき点かどうかは分からないが、推測では寿命が100年くらいらしい。

 

一般的にカニの寿命は平均3年程度。

 

凄いじゃん、タカアシガニ。伊達に大きくはなかった。

脱皮が一生懸命

あれだけ脚が長く、複雑なタカアシガニの脱皮は数時間かかる。動画で見れるが、一生懸命感半端ない。

 

脱皮が終わったばかりのタカアシガニは、カニの殻を脱ぎ捨てた「身」という感じでまだぶよぶよと柔らく、水族館で脱皮した場合は他のカニに食べられないように堅くなるまで網で囲いをするそうだ。

デリケート

40cd7a39519d0df5745c8fb8131c4b66

タカアシガニは、ストレスで自分の脚を切り落とす。

 

「自切」といい、トカゲがしっぽを切ったりするのと同じで、身の危険を感じるとハサミや脚で自分の脚を落としてしまうのだが、水族館への輸送の際に自分の排泄物で水が汚れたことにもストレスを感じて自切してしまうという、非常にナイーブな子なのだ。

 

因みに、1回か2回くらいなら脱皮の際に復元する。

実はおとなしい

ナイーブなタカアシガニは、おとなしい子でもある。ハサミもそれほど鋭くなく、挟まれても内出血ができる程度で済むらしい。

 

手加減が入っているのかもしれないが、それはそれでいい奴である。

ずっと立っていると疲れる

そして、ずっと立っていると疲れるらしく、たまに座って休憩する。

好き嫌いが激しい

水族館では小魚、エビ、イカなどを与えるが、気に入らないとハサミで挟んでポイポイ放り投げるらしい。何でも食べるよい子もいる。

海外では人気。でも輸送方法が残酷すぎる。

takaasi0021

<出典>

日本では珍しくもないタカアシガニ、海外ではその大きさから人気らしく、水族館からのオファーが凄いらしい。

 

でもデリケートなタカアシガニだから、海外なんて連れて行ったら輸送中に自切行為しちゃって、観賞用の価値が無くなってしまう。

 

そこで考えられた輸送方法というのが、タカアシガニを輪ゴムで拘束し、ダンボールで運ぶという衝撃的なものだった。

タカアシガニは水中に溶け込んでいる酸素を口から水を取り込む事によって息をしている。なので、タカアシガニの口元に水があれば、自ら上がっていても呼吸が出来るのである。というワケでタカアシガニを水槽から出した所で海水に濡らしたタオルを呼吸用としてカニの顔にのせていたのである。

そして普通の輪ゴムを使ってすべての脚を拘束してしまう。しかし、ストレスで脚を折るほど繊細なので、全ての脚を縛ってしまって大丈夫なのだろうか。

最初から脚の角度とか体が動けない様にすれば折れ様にも折れないので、脚が折れない方法なのである。そう、カニに負担がかからないよう、脚の角度を計算し、輪ゴムで縛って拘束するのである。

呼吸はできるとはいえ、あまりに傷々しい 。

sponsored link

タカアシガニとは

タカアシガニは見た目ほど凶暴じゃないどころか、いたって無害なカニとわかったところで、その生態などについてもまとめてみる。

漢字では「高足蟹」。

 

クモガニ科に分類される世界最大の節足動物で、オスの鋏脚を広げると全長3〜4メートルにも及ぶ個体もある。

 

甲羅は40cmほど。メスはオスに比べて大分小さい。

 

古代からその姿が変わらない「生きた化石」でもある。

では、次のページではそんなタカアシガニの生態に迫る!

 

次のページタカアシガニの生息地!味はうまい?まずい?

スポンサードリンク