European wildcat

ヨーロッパオオヤマネコは、ネコ科オオヤマネコ属として分類される肉食獣です。でも見かけは大きなネコ。主に、ヨーロッパ~シベリアの森林に住んでいます。

さてどんな生活をしているのでしょうか?また、ペットとして飼えるのでしょうか?

sponsoredlink

ヨーロッパオオヤマネコとは

体格は、体長80~130cm、肩高70cm、体重(オス)20~30kg(メス)18kg前後、です。ライオンと普通のネコを足して2で割ったような顔をしていて、全身ふさふさの毛で覆われています

 

体の毛の色は、夏場は黄褐色や暗褐色で黒い斑点が見られます。また冬には全身が灰色っぽくなります。しかし、分布の範囲が広いので地域によって若干色の違いがあるようです。

生態は

sibaria-ooyamanekoWM (9)

主に森林に生息していますが、草原や山脈の岩場などにも現れることがあります。いつも単独で行動していますが、人間の前に現れることはまずないようです。夜行性なので、昼間は木の上などで休息します。

 

さすがネコ科!木登りが得意なんですね。

 

そして夕方や早朝に活発な活動を開始します。そしてナント、ネコ科なのに上手に泳げるのです。これにはビックリ!

 

食べるものは主に小動物(ウサギやリス等)ですが、魚や爬虫類・昆虫・鳥類も捕食します。

さらに、ヨーロッパオオヤマネコは非常に力が強いため、イノシシやトナカイなどの大型の動物をとらえることもあり、その場合獲物を10km以上追いかけて行くこともあります。

ペットにして飼えるの?

yn_02

出典

ヨーロッパオオヤマネコを日本で飼うことは可能です。購入方法としては、原産国からの個人輸入、または国内の業者から購入する、の2つの方法があります。

ただ、個人輸入での手続き用の書類の作成などは相当面倒ですし、頼んで自宅に届くまで、1年程かかる場合もあるようです。

 

また業者に頼んだ場合ですが、これは価格が高く150万円~200万円ほどの価格帯となっています。尚、現在日本でも飼っている人がいるという情報もあるのですが、実際に見ていないのでハッキリしたことは不明です。

また、上手く購入できたとしてもペットとするにはかなりコストがかかるようです。とても食欲旺盛なので、毎日肉の塊を大量に用意しなければなりません。それはちょっと無理ですよね、トホホ、、、、、。

 

さらに、許可証が必要のようです。住んでいる市区町村において「猛獣飼育許可」の申請が必要です。許諾されると、飼育許可証が発行され、ようやくペットとして飼うことが許されます。

しかし、飼育する檻や、飼育場所、毎日食べる大量の肉、などを考慮しますと、ペットにするのは不可能に近いかな!?と思えてきます。

sponsored link

まとめ

今回紹介したヨーロッパオオヤマネコ。こんな猫もいるんだ、と驚かれた方も多いのではないでしょうか?

 

体が大きくて、フサフサの毛が特徴のヨーロッパオオヤマネコです。が、この毛皮を狙って、狩猟されているのが現状です。そのため数が激減しているといわれていて、とても心配です。

 

彼ら特有の暮らしを維持させてあげたいですね。

関連記事
もはや着ぐるみ!カナダオオヤマネコはペットとして飼える?販売値段は?

スポンサードリンク