556ae4b67447c7b3ec217ec5b9784bea-710x470

チョウザメっていうとキャビアが思い浮かぶけど、あれ実はサメじゃないってご存知だろうか?

 

今日本で養殖も盛んになってきているが、家の水槽でも飼えるの?なんならキャビア採れるの?

sponsoredlink

チョウザメとは?

img_3342

チョウザメはサメじゃない

チョウザメはサメという名前がついているが、サメではない。およそ3億年前には存在していたと考えられている古代魚で、その後ほとんど姿を変えていない生きた化石である。

 

チョウザメ目チョウザメ科に分類される。

 

じゃあなんでサメなんて名前がついているかというと、鱗の形が蝶に似ていて、全体的な姿がサメに似ていることからチョウザメという名前になった。

 

でも地球上への出現時期はサメより先輩なのだ。チョウザメには、サメにはない腎臓があり、また、サメはエラ孔がむき出しになっているのに対し、エラに蓋がある。

 

それに歯も無いおとなしい子で、全然サメじゃないのだ。卵はご存知の通り世界三大珍味のひとつ、キャビアである。

チョウザメの生息地

otaru_0604_1f04_shiro01

チョウザメは、アジア大陸北部、ヨーロッパ、北アメリカなど北半球に生息する。かつては日本の北海道にもいたが、現在は生息していない。

 

淡水域のみで生息するものと、鮭のように海水域、淡水域を産卵のために往復する種がある。

 

昔は石狩川とかでチョウザメがみれたんだねー。環境汚染でいなくなってしまったそうだ。

 

あと、鮭は産卵後に死んでしまうが、チョウザメはまた海に戻り、数年後にまた戻ってきて何度か産卵をするそうだ。

種類

チョウザメは20種類以上に分かれるが、その中でキャビアが採れるのは3種。

  • オオチョウザメ(別名ベルーガ)
  • ロシアチョウザメ(別名アシュートル)
  • ホシチョウウザメ(別名セブリューガ)

大きさは平均的には200cm、体重200kgくらいである。

 

最高級キャビアが採れるオオチョウザメは、体長が4m以上、体重が1500kgに達するものもある。

チョウザメの生態

チョウザメの寿命は70年~100年といわれといわれているが、150歳を超えるものもあるという。口には歯が無く、口の横にあるヒゲのようなもので餌を探してプランクトンや小魚などを食べる。

 

動きは遅く、警戒心もあまりない、おとなしい魚なのだ。

 

そんなチョウザメは、近年の乱獲により絶滅が危惧され、キャビアの輸出やチョウザメ漁は禁止や制限されている。そしてその代わり、養殖が盛んになっている。

sponsored link

卵だけでなく身も美味しい

日本ではチョウザメといえばキャビアだが、実はチョウザメそのものもかなり美味しく、ヨーロッパでは高級レストランで出されることも多いようだ。

 

ヨーロッパではロイヤルフィッシュ、中国でも煌魚(エンペラーフィッシュ)と立派なネーミングがついているほどの食材である。

 

臭みがなく、脂が乗っているのに淡白で、刺身にしても美味しいらしい。タイの甘み、フグの歯応えと表現されている。そして更に、コラーゲンたっぷり!という女性に嬉しいオプションもついている。

 

旬は産卵前で、日本でも養殖をしている業者が販売をしているので食べることができる。

チョウザメの飼育や養殖の実態

shilo-chow-zame_000

チョウザメの養殖

日本でも養殖されるようになっているチョウザメだが、養殖されているのは主にベステルという種である。

 

ベステルは、コチョウザメのオスとオオチョウザメのメスを人工的に交配したもので、身が美味しくて質の良いキャビアが効率よく採れるようにロシアが作り出したハイブリッド養殖魚である。

 

とはいえ、キャビアが採れるようになるまでは生後10年前後かかるそうなので、気軽に儲けようとして始められるものではなさそうだ。

観賞用チョウザメの飼育

チョウザメは、そのサメのような容姿から観賞用としても人気がある。養殖場で、飼育用のチョウザメを手に入れることができる。

 

ただし、大型になるものもあるので、飼育できる大きな水槽が必要だ。大型になって飼育できなくなったら引き取るサービスを行っている養殖場もある。

 

養殖用として生み出されたベステルも、観賞用として人気がある。また、小さめなコチョウザメならば、水槽も90〜120cm程度の小さめなもので飼育が可能だそうだ。

 

なお、餌は生きたまま与えると上手く食べられないという愛すべき魚なので、餌やりは注意が必要だ。

sponsored link

まとめ

キャビアだけでなく、身の美味しさも注目され、また観賞用としても人気のあるチョウザメ。

養殖が更に盛んになれば、そのうち食卓に普通にチョウザメの身が並ぶことがあるかもしれない。

スポンサードリンク