写真で見ても、モフモフの毛がなんとも言えない可愛さを放っているウサギです

6cae1e39

毛がモフモフすぎて、「暑いだろ!」と言いたくなるアンゴラウサギ!

「どうやったらこんなに伸びるのか?」と疑いたくなるところですが、こんなにモフモフな毛を持っていて、幸せそうなウサギです。

アンゴラウサギの特徴

アンゴラウサギがどうやって誕生したかというと・・・

18世紀にフランス王室で、ウサギを飼うことが流行しました。その流れでウサギを品種改良→そして、アンゴラウサギが誕生したそうです。

ちなみに、アフリカのアンゴラ共和国とは無関係のようです。もちろん、にゃんこスターのアンゴラ村長とも無関係です。

性格

アンゴラウサギの性格は?と言うと、モフモフな外見にぴったりで温和だとのこと。人も外見に、中身が現れるといいますが、動物も同じなんですかね?笑。

世界中にはいろいろな種類のアンゴラウサギがいます。もちろん、日本のアンゴラウサギについても調べていきましょう。

アンゴラウサギの種類

  • イングリッシュアンゴラ
  • フレンチアンゴラ
  • サテンアンゴラ
  • ジャイアントアンゴラ
  • 日本のアンゴラ

参照Wikipedia

これはジャイアントアンゴラです。

出展Wikipedia

日本のアンゴラウサギも有名です。

日本のアンゴラウサギ

日本にいるアンゴラウサギは、独自に品種改良された品種とのことで、兵庫県の神戸市にある六甲山牧場で繁殖させているとのことです。日本のアンゴラ種は、ウサギの中でもとっても貴重なんだそうだぞ。

こちらが六甲山牧場で飼われている「アンゴラウサギ」!

ー「モフモフだぁ〜」

六甲山牧場は観光スポットにもなっていて、家族連れ、デートにぴったりなんだとか。

これは、かわいい。

うさぎの気持ちについてはこちら。

納得!うさぎの気持ち!!リラックス,甘える,怒る,震える,舐める意味は?

まとめ

毛が長くなるという特徴的なウサギのアンゴラウサギ。

神戸近くに立ち寄った際は、ぜひ、六甲山牧場にアンゴラウサギを見に行きたいところです。

もちろん、世界中でもいろいろなアンゴラウサギが大人気です。

かわいいと言うよりは、癒される系のアンゴラウサギですね。