6cae1e39
アンゴラウサギ

写真で見ても、モフモフがなんとも言えない可愛さを放っているアンゴラウサギ(英語ではAngora Rabbit)です。特に日本では六甲山牧場のアンゴラウサギが有名です。

モフモフすぎて、「暑いだろ!」と言いたくなるアンゴラウサギ!

「どうやったらこんなに長く伸びるのか?」「飼育できるのか?」と疑いたくなるところですが、こんなにモフモフでいて、幸せそうなウサギです。

アンゴラウサギの生態

アンゴラウサギ

アンゴラウサギがどうやって誕生したかというと・・・。

18世紀にフランス王室で、ウサギを飼うことが流行しました。その流れでウサギを品種改良→そして、アンゴラウサギが誕生したそうです。その後、イギリスやアメリカ、カナダなどに広まっていきました。日本でも明治初頭にはすでに飼育されていました。

原産国はトルコで、首都アンカラにちなんだ名前です。例えばターキッシュアンゴラは猫の種類です。ちなみに、アフリカのアンゴラ共和国とは無関係です。

アンゴラウサギ

アンゴラウサギの性格

アンゴラウサギの性格は?と言うと、モフモフな外見にぴったりで温和だとのこと。人も外見に、中身が現れるといいますが、動物も同じなんですかね?笑。

世界中にはいろいろな種類のアンゴラウサギがいます。もちろん、日本のアンゴラウサギについても調べていきましょう。

アンゴラウサギの種類

「イングリッシュアンゴラ」 アンゴラウサギの中では最小の品種です。大人の体重で3kg前後。毛は10cm以上に伸びます。特に顔の飾り毛が長くなるのが特徴です。顔の毛が目にかかってかぶさるほどです。それがまたかわいいのでペットとして人気です。

「フレンチアンゴラ」 二番目に大きなアンゴラウサギです。体重は4kg前後。顔や四肢の毛が比較的短く、特に耳の毛がイングリッシュアンゴラに比べて短いため見分けがつきます。また、アンゴラウサギ全体にいえますが、おとなしくあまり動かないため、手入れが比較的容易です。とはいっても、温度湿度の管理や直射日光を当てすぎないようにしないといけません。また、消化管に毛がつまらないように気を付けたり、ダニなどに注意し、ブッラシングなどの手入れを定期的にしないといけません。飼育はかなり大変です。

「サテンアンゴラ」 カナダで生まれました。突然変異で生まれたそうです。体重は3.5kgほど。名前のとうりサテンのように、光沢があり柔らかい毛で人気です。この毛並みを維持するために、毎日のグルーミングが大変です。

「ジャイアントアンゴラ」 アメリカで生まれました。名前のとうり、体重は5kg前後まで育ちます。ジャイアントアンゴラはアルビノ種で、色は白のみとなります。意外な事実ですね。ついでにいうと、先天的にメラニン色素が欠乏したり少ないことをアルビノといいます。

この画像はジャイアントアンゴラです。白くて大きくてかわいいですね。

ジャイアントアンゴラ 出展Wikipedia

「日本のアンゴラ種」については次に説明します。

日本のアンゴラウサギも有名です。

食事中のアンゴラウサギ

日本のアンゴラウサギ

日本にいるアンゴラウサギは、独自に品種改良された品種とのことで、兵庫県の神戸市にある六甲山牧場で繁殖させているとのことです。日本のアンゴラ種は、ウサギの中でもとっても貴重なんだそうだぞ。

こちらが六甲山牧場で飼われている「アンゴラウサギ」!

「モフモフだぁ〜」

六甲山牧場は観光スポットにもなっていて、家族連れ、デートにぴったりなんだとか。うさぎのふれあい体験のイベントもあり、アンゴラウサギ以外のうさぎですが、大好きなニンジンスティックをあげることもできます。ぜひ、うさぎがニンジンを食べるところを見てみたいですね。

アンゴラウサギが休んでいる

その他、日本ではどこでアンゴラウサギを見ることができるのでしょう?

どこの動物園で会える?

「上尾丸山公園」 埼玉県上尾市にある公園です。公園内に小動物コーナーやなかよし広場があります。色々なウサギがいます。また、「ミーアキャット」や「アライグマ」「ワオキツネザル、」「ヤギ」「カメ」などが飼育されています。バーベキューや天体観測もでき気軽に行ける公園です。

もちろん兵庫県神戸市の六甲山牧場でもみることができます。

最近流行りのカフェでもイングリッシュアンゴラなどが飼育されているところがあります。ぜひ調べて行ってみたいですね。

アンゴラウサギ

おわりに

関西では神戸近くに立ち寄った際は、ぜひ、六甲山牧場にアンゴラウサギを見に行きたいところです。うさぎにニンジンをあげに行きましょう。そのほか、六甲山牧場の自家工場でつくったチーズでつくるチーズフォンデュも有名です。関東では上尾丸山公園です。ここは気軽にいけそうですね。

もちろん、世界中でもいろいろなアンゴラウサギが大人気です。

かわいいと言うよりは、癒される系のアンゴラウサギですね。

うさぎの気持ちについてはこちら。