b5df67bb

一時期、この生物が話題にもなったし、人気少年マンガの中にも出てくるので、知っている人も多いのではないでしょうか?その生物の名は「ブロブフィッシュ」。

イギリスの醜い動物保存協会が2013年に、「世界でもっとも醜い生き物コンテスト」を開催し、見事一位に輝いた生物です。

醜い動物保存協会ってどんな団体だよって突っ込みたくなるし、醜い動物ってずいぶん上から物言ってるなってこれまた突っ込みたくなるけれども、とにかくそのコンテストで一位に輝いてしまった「ブロブフィッシュ」をご紹介しましょう。私はとっても可愛いと思うんだけどなー。

ブロブフィッシュってどんな生き物?

ブロブフィッシとは、オーストラリアのタスマニア島やニュージーランド周辺などの海底600~1200mほどのところに生息しています。大きいものでは体長約30cmにまで成長することがあるという深海魚です。

和名は「ニュウドウカジカ」で、その外見が坊主頭のお坊さん(入道)に似ていることから由来しています。確かに!お坊さんに似ていますねー。ちょっと大柄なお坊さん。

ブロブフィッシュの特徴

ブロブフィッシュはカサゴの仲間です。このゼラチン質でだらーんとした顔が特徴的ですが、実はこれ、真の姿ではないのです。

深海ではナマズのような姿をしていますが、体内に非常に多くの水分を含んでいるため、捕獲されて水揚げされた時には水圧の関係により、体がゼラチン質のような状態へと変化してしまっているだけなのです。

水中の本来の姿

003

そして鼻に見える部分はただの頭部の一部だと考えられているそうです。

元々の姿は結構普通なのに、人間の手で水揚げされてこんな姿になり、挙句の果てには世界一醜いって。。。どんだけ災難なんだよ!しかも、鼻に見えるように変化してしまっているのもある意味奇跡。

なんなら深海生物なのに、元の姿は他の深海生物に比べたらだいぶ普通だよ!そして、カサゴの仲間にしては丸っこくて可愛いのにね。

彼らは筋肉がとても少なくそのほとんどが水よりも密度が少ないゼラチン状の物質で構成されていて、これによって泳ぐことなく海底面から体をわずかに浮かせることが出来るため、筋肉やそれらを動かすエネルギーを節約することで不毛の深海に適応出来るようになったと考えられています。

ちなみに浮袋なしでも漂うことが出来るのだとか。

味は食べたら意外と美味しい!?

カサゴは高級食材ですので、ブロブフィッシュも食べたら美味しいのでは!?ということで、調理出来る魚だそうです。その味は見た目とは裏腹に「カニ」の味に近いそうです。

カニよりさらに甘く、とても美味なのだそう。

カサゴは白身だから結構淡泊な味ですけどね。まさかのカニに近いとは驚きです。私も食べてみたいなー。もちろんあの顔を見たら、なんだか可愛そうで調理出来ないのから、調理済みのものを。

そんな世界一見にくい魚ブロブフィッシュですが、どうやら日本で新種が発見されたとか!!?

次は新種のブロブフィッシュ!?水族館で見れるのか?

201503020602

日本で新種発見!?

沼津港深海水族館・石垣幸二館長が生きたブロブフィッシュを捕獲しました。この水族館では週に一回、船で海に出ているのですが、底引き網を上げてみると、まぁびっくり!ブロブフィッシュがかかっていたそうです。

大きさは30cmくらいで、おたまじゃくしのような形でぶよぶよしていました。その時、深海300mほどのところで捕獲したそうですが、さらに深いところに生息している可能性があるそうです。

このとき沼津港深海水族館に持ち帰り、あの手この手で飼育を試みたものの、2日後には死んでしまいました。残念!深海生物は謎が多く、やはり飼育は難しいのですね。

しかし、生きたまま捕獲されたことはこの時大変なニュースになり、海外でも大注目されたそうです。

ブロブフィッシュは新種がいっぱい

そしてここからがすごいところ。ブロブフィッシュは現在、7種類確認されていますが、このとき発見された個体はなんと!いずれにも当てはまらず、全くの新種だと思われるそうです!

これはすごい!深海にはロマンが詰まっていますねー。

水族館で見られる?

o0800053412394085828

残念ながら現在、見られる水族館はないようです。しかし、先にもご紹介した、沼津港深海水族館の方がこんなことをおっしゃってました。

以下、沼津港深海水族館のツイッターより

「いつになるかお約束出来ませんが、“世界でもっとも可愛い”ブロブフィッシュを生きた状態で展示できるよう頑張ります。簡単なことではありません。長い目で見守って下さい。」

だそうです。頼もしいですねー。そしてとても楽しみですね。

またこのツイートの好きなところ。“世界でもっとも可愛い”。愛を感じますね。私は全力で沼津港水族館を応援したいと思います。(気持ちでだけですが。。。)

最後に

世界一醜いと言われてしまったブロブフィッシュ。

でもイギリスの協会も保全を目的としてこの団体を立ち上げているそうです。さらには今ブロブフィッシュはこの協会のマスコット。水揚げ後はインパクトある外見ですが、みんなに愛される彼ら。

そして私はまたもや「深海生物マジック」にかかってしまいました。これは私が勝手に名付けたのですが、深海生物の衝撃的な姿は、最初こそびっくりするものの、どんどん素敵に見えてきて、虜になってしまうという。

いつか沼津港深海水族館で見られることを楽しみにしましょう。

その前に他の生物から「深海生物マジック」にかかりに沼津港深海水族館へ遊びに行ってみようかしら。皆さまも是非かかってみては?