CATEGORY

爬虫類

「ガラパゴスゾウガメ」絶滅の原因は?環境問題!再発見情報!

リクガメ科のナンベイリクガメ属のうちで、ガラパゴス諸島に生息する亀たちを総称して、ガラパゴスゾウガメ(英語ではGalapagos Giant Tortoises)といいます。 ベックゾウガメやフェルナンディナゾウガメなども含みます。 絶滅していないガラパゴスゾウガメの種類も絶滅危惧種となっています。 ガラパゴスゾウガメのカメのうち、ピンタゾウガメとフロレアナゾウガメは絶滅してしまいました。 やはり […]

「ティラノサウルス」など恐竜の絶滅の原因は?地球史や化石も

日本各地での恐竜博などのイベントで大人気の恐竜。 とくにティラノサウルス(英語ではTyrannosaurus Rex)が人気です。 中生代のジュラ紀や白亜紀に恐竜は繁栄しました。 なんと約2億年前から6600万年前という長期間、恐竜の世界が続きました。 その後、白亜紀の末に、なぜ恐竜は絶滅したのでしょうか? 地球が誕生してからの歴史や、ティラノサウルスを始めとして色々な恐竜や化石について、また恐竜 […]

ニホンイシガメは在来種の亀。生態や寿命は?なつく?

亀が登場する童話は「浦島太郎」などたくさんあります。 それはニホンイシガメのことでしょう。 また、その生態や生息域、ゼニガメの見分け方、飼育方などに加えて、 生息数が減少している現状なども調べていきます。 まずは、生態から調べていきましょう。 生態 イシガメ科です。 英語ではJapanese-pond-turtleです。 一番わかりやすいのは、手にオレンジ色のラインがあることです。 また、瞳や腹甲 […]

「シマヘビ」の生態!ペット用品やアクアテラリウムについて!大学での研究は?

いっときは当たり前のようにシマヘビの姿をみかけましたが、今はアオダイショウほど頻繁には姿をみません。 アオダイショウと並んで日本ではメジャーですよね。 田舎暮らしの私でも、最近はほぼ見つけられません。 小学生のころは「なんだシマヘビか」というほどしょっちゅう見かけていたのですが。。 せっかくだから野生にいるものをみつけて、飼育をしてみたいという爬虫類好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか? い […]

ヒバカリはおとなしくてかわいい!飼育法やアクアテラリウムも。

みなさん、ヒバカリというヘビをご存じでしょうか? いったいどんなヘビなのか? なぞの多いです。 その生態などを解説いたします! 飼育している動物園についても。 生態 田舎でも見かけないヒバカリ。 いったいどこで暮らしている、どんなヘビなんでしょうか? 英語ではJapanese-keelbackです。 まずは基本的な情報をチェックします! 大きさ 体長は40~60cmです。 だいたい50cm程度で、 […]

アオダイショウって危険なヘビ!?生態を知ってみると意外と・・・

アオダイショウ(英語ではJapanese rat snake)は、日本に住むヘビとして大変よく知られていますね。 田舎では田んぼを泳いでいたり、庭先で遭遇したりと、人間が生活しているエリアで度々目にすることがあります。 ニシキヘビやアナコンダとは比べものになりませんが、日本国内では最大の大きさです。 日本や中国などで考えられている竜は、ヘビをモチーフにした様子がうかがえますね。ということは、大切に […]

白蛇の由来について。金運もあがる?シロヘビが夢に現れる理由は?

白蛇って、神秘的な生き物ですよね。 もし見かけたりしたら「なにかいいことがあるかも!」と私なら思います。 でも、この「いいことがあるかも」っていう気持ち、どうして湧いてくるのでしょう? 昔から縁起が良いと言われています。 干支にも巳年(へび年)があります。 昔から古典文学が好きだった私は、古事記や源氏物語などの文学をたくさん読みました。 そこで、古い文献好きの私が、それがどうして大切にされてきたの […]

「アオウミガメ」と「アカウミガメ」の違いはこれだ!見分け方は?

テレビ番組やドキュメンタリー映画でよく見かけます。 優雅に海中を泳ぐ姿や、砂浜で産卵する様子、孵ったばかりの子ガメたちが海を目指すところなど、私たちに癒しや感動を与えてくれます。 そんなウミガメたちを見るために、産卵場所となっている海岸に観察に行く人も増え、産卵を見学するナイトツアーまで企画されています。 そんな私たちに大人気ですが、現在のところ地球上に生息が確認されているものは7種、あるいは、ア […]

ミシシッピニオイガメの生態まとめ!寿命、餌、飼育方法は?

とても小さくて、顔もかわいいです。のんびりした仕草や表情に癒されますよね。 これは水棲カメで、ペットとして大人気です!お世話も比較的簡単な種が多く、一人暮らしでも飼いやすい動物としても知られています。 顔に二本の白いラインがあり、甲羅の大きさが小さいわりには頭部が大きいのもまたかわいいです。 本文では、特に小さい、ミシシッピニオイガメをご紹介します。その飼いやすさから、ニオイガメの入門種と呼ばれて […]

人気カブトニオイガメまとめ!大きさによる寿命や餌、飼育方法

これはちょっと大きめのサイズです。 のんびり、ゆったりしており、存在だけで癒してくれます。家でも飼いやすい動物です。カメと一口に言っても水棲種や陸棲種、大型種や小型種と、様々な種類のカメがおり、その数は300品種にもおよぶと言われています。特性や飼育方法も色々です。 ペットとしても人気で、「カブト」に「ニオイ」と名前が特徴的ですが、どんなカメなのでしょうか? 寿命をはじめとして調査してみました。 […]