AMPページの文字が小さくて読みづらい時は、通常ページをご覧ください。

ダチョウの大きさ!足が速く、キック力も強い!大学で卵の抗体の研究?

ダチョウは、動物園では、よく見かけます。色々な牧場でも飼育されていることがあります。

似たような動物にエミューもいます。

現在の鳥類では最大です。卵も大きいようです。

最近は、大学で抗体の研究もされているようです。

もしかしたら、人類を救うかもしれません。

今回は、その生態や大きさ、卵、大学での研究などについて調べてみました。

ダチョウの生態

Struthio-camelus walks in a wild african park. 出典:123rf

鳥類の中でも平胸類(走鳥類)に分類されています。

小さな翼はありますが、飛べない鳥です。

ダチョウ科です。学名はStruthio-camelusです。

翼と尾の羽は、白っぽく、胴体の羽は黒です。

鳥類の中で、もっと視力が良いです。

一羽のオスと複数羽のメスで群れを形成して生活しています。

生息地

親鳥と雛がサバンナを歩いている 出典:123rf

野生では、アフリカの中部と南部のサバンナに生息しています。

寿命

野生での寿命は、50年~60年ほどです。

70年以上も長生きすることもあります。

草食です。

石も一緒に飲み込んで、胃の中で草をすりつぶすのに利用します。

大きさ

野毛山動物園で飼育している

ダチョウは成鳥になると、体高が230cm程度、体重は135kgを超えることもあります。大きく成長したゴマフアザラシほどの体重があります。

現存する鳥類の中では、最大です。

絶滅した鳥の中で、最も背の高い鳥は、ジャイアントモアでした。

やはり、石を飲み込む習性があり、それが絶滅の原因となりました。

最も重たい鳥は、エピオルニスでした。

鳴き声

喉を大きく膨らませながら「グゥーグゥー」と鳴いています。

喉を鳴らすときは、口は閉じていますね。

ちょっと、怒っているのでしょうか。

口を大きく開けている 出典:123rf

怒って、威嚇のためか口を大きく開けています。舌も出して可愛いですね。

足が速くて、キック力も強い!

ダチョウは最高速度となると、時速70kmで走ることができます。

ヒョウは時速60kmほど、チーターは時速70kmほどなので、ダチョウは、いかに足が速いかがわかりますね。

キック力は100㎠あたり、4.8トンもの圧力があります。

うかつに近づくことはできません。

ダチョウとエミューの違いは?

上野動物園で飼育しているエミュー
上野動物園で飼育しているエミュー

エミューは体高が2m程度、体重が60kg程度で、ダチョウよりやや小型で二番目に大きい鳥です。

また、エミューは野生ではオーストラリアに生息していて、分類もヒクイドリ科です。

そのため、種類や生息地、大きさが違います。

ペットとして飼育できる?

ダチョウを個人で飼育はできます。ただ、各自治体の許可が必要です。

飼育するためには、最低でも400㎡ほどの敷地が必要です。

また、ジャンプ力もあるため、塀の高さは2m以上にする必要もあります。

長寿のため、一生付き合うつもりで飼育しないといけません。

キック力もあり、うかつに近づけないことも考えると、個人でのペットとしての飼育は困難でしょう。

可愛い雛の画像

雛 出典:123rf

メスは一年間に50~100個の卵を産みます。多産ですね。

生まれたばかりの雛でも、体重は1kgほどあります。

エミューの雛とも似ていて、可愛いですね。

それでは、気になる、大学での研究について!

次項↓