顔はブサイクだけど、現在ダチョウに次いで次に大きい鳥の「エミュー」

オーストラリアの国鳥にもなっており、なかなかの人気です。ダチョウと比べられることも多いエミューですが、その生態をまとめました!

エミューの生態

似たような鳥に「ダチョウ」、そして絶滅してしまった「ジャイアントモア」がいます。彼らとはどういったところが違うのかを見ながら検証していきましょう!

大きさ

高さ 1・6〜2メートル

重さ 40〜60キロ

ダチョウよりほんのちょっと小さいくらいの大きさですね。高さに関しては、生きている鳥NO2ですが、重さに関してはNO3だとか。ヒクイドリというデブがいます。

寿命

20〜30年

鳥にしては長生きな方ではないでしょうか?鶏などはもっと短命ですよね。

生息地

オーストラリアの全土に生息しています。

主に草原や砂地で暮らしており、どんな環境の中でも生きていけるようです。しかし、その強靭な生命力のせいで農地を荒らしたりして、害鳥と言われることもあるんだとか。

性格

人間には優しいようです。オーストラリアに人が入ったのは遅めで、エミューは人間を天敵とみなさないように遺伝子にプログラムされているのかな?

しかし、犬などには蹴ったりすることもあるようです。かつてオーストラリア全土にはタスマニアタイガー(フクロオオカミ)が生息していたので、蹴ったりして威嚇する行動はその名残かもしれないですね。

繁殖期はちょっと警戒心がアップします。人間も簡単に近づかない方がいいかもしれませんね。

鳴き声

オスとメスで鳴き声が違う珍しい鳥です。

オスは「ヴゥー」

メスは「ボン……ボボン」

という声で鳴くらしいですよ。こんな感じで↓

鳥の声っていう感じがしませんよね。

食べ物

なんでも食べる雑食性です。

先ほども言った通り、体の大きさとなんでも食べるせいで、害鳥とみなされてしまうこともあります。オーストラリアの国鳥なのに、なんだかかわいそうです。笑

長さ10センチほどの卵です。体の大きさの割には小さめですよね。ダチョウは18センチくらいありますから。この理由はきっとたくさんの卵を産むからだと思います。基本的に10個程度産卵するそうです。

そして、卵を温める役目はなんとオス!

野生のオスは42日〜52日間も飲まず食わずで温め続けるようです。そんなに頑張るので、ヒナが産まれる頃にはガリガリになっているとのこと。

ここで気になるのが、メスは何をしているか?

話によると、メスは育児放棄をしたわけではないとのこと。ヒナが生まれてからはヒナの子育てに参加するみたいです。

will-make-emu-omelette-by-force01

cafemytime.com/2018/08/19/

特徴

主な特徴です。

羽は20センチほどしかなく、現在生きている鳥の中で、最も退化しているそうです。(ちなみに前までは、ジャイアントモアが最も退化した羽を持っていました。ほぼ皆無)

その代償として50キロ以上で走れる足腰を手に入れたんですね。

wikiによると肉は赤身で美味しいとのこと・・・ですが、ちょっと詳しく調べたところ「鶏という感じの味ではなく、美味いには美味いけれど匂いが強い」らしいです。

うーん・・・食べる機会があったら食べてみたいですね笑

今ではゴッツリ生きているエミューですが、過去には絶滅の危機もありました。

飼育方法

ダチョウが大量に飼育されているところは見たところがありますが、エミューは少しレアなので飼育現場を見たことがありません。

ただ、今まで多くの鳥を飼ってきたぼくですが、そこまで手入れはいらないと思っています。というのも、エミューは体が丈夫と言いますし、他の鳥に関しても餌と水をあげていればまず死ぬことはないからです。

ただ本気で飼いたい人は、東京農大のエミューを育てているところに問い合わせてみるといいですね。商品開発も行っているみたいです。エミューオイルなども人気らしい。

まとめ

日本では、まだまだレア度の高い「エミュー」

しかし、アメリカなどでは商業利用され、かなり多く飼育されている様子で、もはや希少とは言えません。いずれ日本でもダチョウのように知名度が上がっていくのが楽しみです。