出典:PIXTA

じつは、「フクロウ」という名前のフクロウの一種がいるのですが、あなたは知っていましたか?

そのエゾフクロウはというと、フクロウ目フクロウ科フクロウ属に属するフクロウで、顔はハート型、羽の色は灰色に黒のまだら模様をしています。

学名はStrix uralensis japonicaです。しっかりと日本の名前がはいっています。

そしてこの「フクロウ」。とってもたくさんの亜種が存在するんです。亜種がたくさんいるので、「フクロウ」そのままで呼ばれる品種の影がちょっと薄くなっているくらいに。

今回は、「フクロウ」の亜種の一つであるエゾフクロウについてご紹介しますね。

エゾフクロウの特徴は?

エゾフクロウはフクロウの中でも特に北海道に生息しているものをさします。羽毛の色は白っぽく、茶褐色のまだら模様が入っています。顔の形はハート形で、瞳の色は黒です。くちばしは黄色です。

目の上に耳のように生えている羽のことを羽角というのですが、エゾフクロウにはこれはありません。脚の先まで羽毛で覆われています。

オスとメスで羽毛の色に違いはありませんが、体の大きさはメスのほうが大きいです。

大きさは?

エゾフクロウ

エゾフクロウは体長50cmほどで、翼を広げると90~100cmになります。

体重はメスとオスで若干異なるのですが、だいたい500~1000gほどです。

寿命は?

エゾフクロウは現在、ワシントン条約下におかれており、飼育はしてはいけないこととなっています。

ですので、野生のエゾフクロウをみて、推測するしかないのですが、それも難しく、正確な寿命は不明となっています。

性格は?

エゾフクロウは温厚で、目立つことを嫌う性格のようです。

ワシントン条約ちょこっとコラム

エゾフクロウの雛たち

以前シマフクロウを紹介したときに、ワシントン条約や絶滅危惧種についてちょっと触れましたが、実はこのエゾフクロウもワシントン条約に該当するんです。

ワシントン条約とは別に、IUCNという機関が出している「レッドリスト」もまた絶滅危惧種に関しての定義をしているのですが、この話だけで終わってしまうので今回は割愛します。

もし気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひ調べてみてくださいね.

エゾフクロウの生態や生息域は?

出典:PIXTA

これは冬の北海道の森にいるエゾフクロウたちの画像です。

エゾフクロウはフクロウの中で特に北海道に生息している亜種のことをさします。夜行性で、昼間は木のほらの中や、枝に止まってじっとしています。

夜になると狩りをはじめ、野ネズミや小鳥などを捕まえて食べるんですよ。目は人間の10~100倍くらいの感度があります!

巣は木の洞の中に作るのが一般的で(時折タカなどの古巣を使うこともあるのだとか)、一回に2~5個の卵を産みます。メスが抱卵し、オスは日に1~2匹くらいのエサを運んできます。

ヒナが成長して巣穴から出るようになると、狩りは交互におこなうようです。エゾフクロウ自体もとても可愛いのですが、ヒナの可愛さも忘れちゃいけません!

短い綿毛が、のりで張り付けたみたいにぱらぱらと体にくっついている小さなヒナ。目はくりくりと丸く、とっても好奇心旺盛なんです。

あっちの枝をいってはこっちの枝をいき、時々葉っぱの間から地面をのぞき込んだり。そんな可愛らしい動きは一日中ずっと見ていたくなるほど。

そうして、35~40日くらい経つと、ヒナたちは巣立っていきます。

鳴き声は?

エゾフクロウを紹介しているサイトでは、鳴き声は「ゴロスケホーホー」だといわれています。実際はどうなのでしょうか?エゾフクロウの鳴き声です。

ほんの一瞬だけですが、「カカカ」といったような鳴き声が聞き取れましたか?

くちばしを開いて体をゆすっているので、それに注目しつつ聞いてみてくださいね。

雛は「キュイキュイ!」と答えるように鳴きます。ヒナのころは成鳥のフクロウに比べてとっても声が高いんです。

エゾフクロウを見つけたら?

街角や森の中で、動けなくなってしまっているエゾフクロウを見つけた場合の対処法を、いざという時のために知っておきましょう。

・発見したら、状態や状況を確認。もし連絡手段があるのなら、市役所などに連絡を。

→市役所でしたら、「エゾフクロウをみつけたのですが」と受付の方に言えば担当部署に回してくれます。

・指示に従って行動を。

→「自宅で一時みてください。」などの指示を出されることがあるかもしれません。その際は担当の方の指示に従い、餌やりや居場所を作ってあげましょう。

基本的にはこういった流れです。

その後のことは、担当の方が説明してくださるので、その方にゆだねましょう。

くれぐれも勝手に飼ってはダメですよ!

必ず詳しい方の判断を仰ぎましょう。

おわりに

このエゾフクロウが可愛いので、私はついつい北海道までの行き方を調べてしまいました。

いつか実物をこの目で見たいと思ってやみません!