フォッサの生態まとめ!衝撃の特徴に驚愕!?動物園では見れるの?

さまざまな珍しい動物が生息しているマダガスカル島。

進化の過程を知るヒントが得られる数少ない場所です。

その中で一番大きな肉食獣がフォッサ(英語ではFossa)です。

名前を聞いてもピンとこない方も多いでしょう。

そこで、どんな動物なのか?を探ってみました。

どんな動物?生態は?

empty beach in Masoala forest national park, Madagascar.
empty beach in Masoala forest national park, Madagascar. 出典:PIXTA

マダガスカル島に住む肉食動物です。

全身は短くて柔らかい体毛が生えており、背中は赤褐色や暗褐色、お腹の方は淡黄色となっています。

四肢は短く、足の裏には体毛はありません。

これは、木の上での生活に適しているためと考えられています。

画像で見る限り、木の上には登りそうもない雰囲気の体型ですが、尻尾も使ってスイスイ木登りや木渡りができるのだからビックリしてしまいます。

全体の雰囲気としては、体形などはネコに近い!?ようにも見えますが、顔のアップを見るとイヌ!?という気もしてきます。

イヌ・ネコどちらも入り混じっていて、不思議な外見です。

夜行性で昼間は木の穴や洞窟で休んでいて、夜になると行動を開始します。行動は単独でする場合がほとんどです。

大きさ

マダガスカルマングースの一種です。

体長は60~80cm、肩高37cmくらい、体重はオスが6~12kg、メスは5~7kgほどです。アードウルフと同じくらいの大きさですね。

beautiful portrait of a fossa sniffing excrement in a zoo in valencia spain. 出典:123rf

食べ物は動物系のものが多く、哺乳類、鳥類、爬虫類、昆虫、カエルなど何でも食べてしまいます。

フォッサは本当に何でも食べてしまうようですね。

寿命

あくびをしている

フォッサの寿命は約20年です。

生息地

fossa (cryptoprocta ferox) cat in madagascar. 出典:123rf

マダガスカル島の、標高2600m以下の熱帯雨林またはサバンナに生息しています。

また、やはりマダガスカル島の森林の伐採や開発により、生息域が狭まり、生息数は非常に減少しています。

そのため絶滅危惧種です。

できれば生息数がこれ以上減少しないよう何らかの配慮を求めたくなります。

不思議!メスがオス化する?!

特徴

出典:shutterstock

マダガスカルマングース科です。

以前はネコ科の一種とされていました。

ネコと比べると、イヌのような鼻、大きな耳など独特な部分も多く、ネコなのか?イヌなのか?表現方法に困ってしまいます。

確かに、マングースにも似ています。

爪をひっこめられますし鋭い歯も持っています。

その格納できる爪で木から木へと飛ぶことが可能です。

また、指の間には水かきが付いています。このような動物はこの島だけのものです。

さらに思春期のメスがオス化することがあります。

これは、とげや中の骨などが異常に成長することによって起こる現象です。

こうなる要因としては、周りにいるメス達との争いをすることもないからではないか、とも考えられています。

メスがオス化するのも仕方ないなあ~って感じます。

が、メスがみんなオス化してしまっては繁殖できなくなり数も減っていきます。

その辺りどのように均衡を保っているのか?気になる今後の課題です。

動物園にいるの?

上野動物園で飼育

日本ではただ1カ所上野動物園にフォッサがいます。

機会があったらぜひ見て下さいね。

ペットにできる?

beautiful side portrait of a fossa on a stone and green areas in a zoo in valencia spain. 出典:123rf

マダガスカル島で絶滅危惧種のため、国内では入手できません。

また、フォッサは上野動物園にしかおらず、個人で飼う方法は確立していないため、ペットにするのは困難です。

もし、フォッサを連れて散歩していたら、近所の人たちは、犬?それとも猫?と不思議に思うでしょう。

まとめ

マダガスカル島では森林の伐採や開発が多く、フォッサの生息地も徐々に減ってきています。

そのためフォッサは激減して、絶滅危惧種となっています。

同時にマダガスカル島では、フォッサのエサも少なくなってきています。

この悪循環を断たなければ、絶滅の危機も避けられなくなるでしょう。

いつかマダガスカル島に旅行してフォッサを見たいですね。

仲間の生き物たち

  • 巨大ナマズの種類や生態。地震予知の迷信を検証! ご存知のバラエティ番組「イッテQ」でこれを釣り上げるシーンが紹介されていました。 鯰ってなんか不思議な魅力がするんだけど・・・と思ってしまいました。 この不思議な魅力を感じるのはきっとぼくだけではないと思いますが、生態についてはよく知りません。 そこで「どんな生き物なんだ?」と思ったので、アメリカに生息する巨大ナマズたちがどんな生き物なのかや、地震を感知で […]
  • ハブクラゲは猛毒がある。生息地と時期などをご紹介! 私は海が大好きなのですが、今一番行きたいところは沖縄!!海が大好きなのに沖縄にはまだ行ったことがないという…。 行きたいがために旅行雑誌や、ネットで沖縄のことを調べる日々がとても楽しいです。 ですが、沖縄の海にはとても恐ろしい生物がいました。 その名も『ハブクラゲ』。いかにも危なげな名前ですね。 透明で海上からはとても見つけづらいです。 さらに […]
  • 日本の動物園にいない珍しい動物たち!海外にいる?ネット上で見れる? 国内の動物園も数が増え、また各々で飼育している動物たちの種類も増えています。 それでもなお、海外には生息しているが、日本と気候が違いすぎるとか、圧倒的に生息数が少ないとか、色々な理由で、日本の動物園では会うことのできない種類の生き物たちはたくさんいます。 今回はそういった動物たちを調査しました。 インターネット上の動画などで見ることができるかどうかも気にな […]
  • 巨大蟹「タカアシガニ」の愛すべき生態。料理の旬は?味は?生息地も! タカアシガニ(英語ではJapanese spider crab)といえば、 最大で4メートルにもなる個体もあります。 その風貌からは想像もつかない地味な生態とは? そして結局のところ、美味しいのか?まずいのか? 調べてみました。 生態 Giant spider crab, its scientific name is […]
  • 「ティラノサウルス」など恐竜の絶滅の原因は?地球史や化石も 日本各地での恐竜博などのイベントで大人気の恐竜。 とくにティラノサウルス(英語ではTyrannosaurus […]