フォッサの生態まとめ!衝撃の特徴に驚愕!?動物園では見れるの?

さまざまな珍しい動物が生息しているマダガスカル島。

進化の過程を知るヒントが得られる数少ない場所です。

その中で一番大きな肉食獣がフォッサ(英語ではFossa)です。

名前を聞いてもピンとこない方も多いでしょう。

そこで、どんな動物なのか?を探ってみました。

どんな動物?生態は?

empty beach in Masoala forest national park, Madagascar.
empty beach in Masoala forest national park, Madagascar. 出典:PIXTA

マダガスカル島に住む肉食動物です。

全身は短くて柔らかい体毛が生えており、背中は赤褐色や暗褐色、お腹の方は淡黄色となっています。

四肢は短く、足の裏には体毛はありません。

これは、木の上での生活に適しているためと考えられています。

画像で見る限り、木の上には登りそうもない雰囲気の体型ですが、尻尾も使ってスイスイ木登りや木渡りができるのだからビックリしてしまいます。

全体の雰囲気としては、体形などはネコに近い!?ようにも見えますが、顔のアップを見るとイヌ!?という気もしてきます。

イヌ・ネコどちらも入り混じっていて、不思議な外見です。

夜行性で昼間は木の穴や洞窟で休んでいて、夜になると行動を開始します。行動は単独でする場合がほとんどです。

大きさ

Endemic Madagascar fossa on the ground.  出典:123rf

マダガスカルマングースの一種です。

体長は60~80cm、肩高37cmくらい、体重はオスが6~12kg、メスは5~7kgほどです。アードウルフと同じくらいの大きさですね。

食べ物は動物系のものが多く、哺乳類、鳥類、爬虫類、昆虫、カエルなど何でも食べてしまいます。

フォッサは本当に何でも食べてしまうようですね。

寿命

あくびをしている

フォッサの寿命は約20年です。

生息地

fossa (cryptoprocta ferox) cat in madagascar. 出典:123rf

マダガスカル島の、標高2600m以下の熱帯雨林またはサバンナに生息しています。

また、やはりマダガスカル島の森林の伐採や開発により、生息域が狭まり、生息数は非常に減少しています。

そのため絶滅危惧種です。

できれば生息数がこれ以上減少しないよう何らかの配慮を求めたくなります。

不思議!メスがオス化する?!

特徴

マダガスカルマングース科です。

以前はネコ科の一種とされていました。

ネコと比べると、イヌのような鼻、大きな耳など独特な部分も多く、ネコなのか?イヌなのか?表現方法に困ってしまいます。

確かに、マングースにも似ています。

爪をひっこめられますし鋭い歯も持っています。

その格納できる爪で木から木へと飛ぶことが可能です。

また、指の間には水かきが付いています。このような動物はこの島だけのものです。

さらに思春期のメスがオス化することがあります。

これは、とげや中の骨などが異常に成長することによって起こる現象です。

こうなる要因としては、周りにいるメス達との争いをすることもないからではないか、とも考えられています。

メスがオス化するのも仕方ないなあ~って感じます。

が、メスがみんなオス化してしまっては繁殖できなくなり数も減っていきます。

その辺りどのように均衡を保っているのか?気になる今後の課題です。

動物園にいるの?

上野動物園で飼育

日本ではただ1カ所上野動物園にフォッサがいます。

機会があったらぜひ見て下さいね。

ペットにできる?

出典:shutterstock

マダガスカル島で絶滅危惧種のため、国内では入手できません。

また、フォッサは上野動物園にしかおらず、個人で飼う方法は確立していないため、ペットにするのは困難です。

もし、フォッサを連れて散歩していたら、近所の人たちは、犬?それとも猫?と不思議に思うでしょう。

まとめ

マダガスカル島では森林の伐採や開発が多く、フォッサの生息地も徐々に減ってきています。

そのためフォッサは激減して、絶滅危惧種となっています。

同時にマダガスカル島では、フォッサのエサも少なくなってきています。

この悪循環を断たなければ、絶滅の危機も避けられなくなるでしょう。

いつかマダガスカル島に旅行してフォッサを見たいですね。

仲間の生き物たち

  • ニホンカワウソの生態!絶滅した原因は?人間に追いやられた?生存や目撃情報!ニホンカワウソの生態!絶滅した原因は?人間に追いやられた?生存や目撃情報! あまり身近にいるイメージが無い生き物ですし、直接触れ合ったことがないという人がほとんどのカワウソを、皆さんは知っていますか?かつては日本にも沢山、身近に生息していたんです。 最近はその可愛らしさが注目されています。愛媛県の県獣であり、また、SNSではゆるキャラの「ちぃたん☆」が注目を集めたり、「可愛い嘘のカワウソ」のイラストが人気を博し、どちらもグッズが発売されるほど […]
  • ホーランドロップは、なつく!垂れ耳がかわいい!生態も。動物園は?ホーランドロップは、なつく!垂れ耳がかわいい!生態も。動物園は? うさぎの中でも人気のホーランドロップです。 長い耳が垂れていて、かわいいので、ペットとして飼育する方も多いです。 その種類や生態、寿命、なつくのか、動物園でみることはできるかなどを調べていきます。 生態 ニンジンをたべている 出典:PIXTA 草食で牧草や野菜、果物を食べます。 ペットとして飼育下では、ニンジンなど根菜や、ペットフードのペ […]
  • セキセイインコのオス、メスの見分け方はこれだ!性別で性格は違う?セキセイインコのオス、メスの見分け方はこれだ!性別で性格は違う? セキセイインコちゃんを飼う際に飼い主さんの悩みが、 「オスを飼うか?、それともメスを飼うか?」 これはかなり重要な問題ですよね。 我が子が男か女か知りたいのは当たり前のこと! 判別が可能な大きさになれば、ぜひ自分で見極めたいところです。 オス、メスで今後一緒に暮らしていく際に注意すべきところは少し違ってくるので、この記事で「雌雄判別のやり方」を […]
  • ジャパニーズホワイト。学校で飼育する可愛いウサギ!穏やかで、なつくジャパニーズホワイト。学校で飼育する可愛いウサギ!穏やかで、なつく 小学校の飼育小屋で人気者のジャパニーズホワイトです。 別名は日本白色種と呼ばれるウサギです。 ほかにも、秋田改良種のジャンボうさぎも、その仲間です。 これから、生態や、飼育するとなつくか、小学校で飼育する理由などを調べていきます。 また、ジャンボうさぎについても! 生態 出典:PIXTA アナウサギ属でカイウサギの仲間のジャパニーズ […]
  • かわいいイタチ科の種類!生息地や寿命など!動物園にいる?かわいいイタチ科の種類!生息地や寿命など!動物園にいる? イタチ科(英語ではMustelidae)の仲間たちを、これから調査していきます。 ラッコをはじめとして、フェレットやカワウソ、アナグマなど種類が多く、すべてかわいい動物たちです。 また、ラーテルやクズリのように、かわいいだけでなく、最強の動物もいます。 動物たちの画像もたくさんあります。 まずは、イタチ亜科から調べていきます。 イタチ亜科の動物 […]