この記事には広告やプロモーションが含まれています。

フォッサの生態まとめ!衝撃の特徴に驚愕!?動物園では見れるの?

さまざまな珍しい動物が生息しているマダガスカル島。進化の過程を知るヒントが得られる数少ない場所です。その中で一番大きな肉食獣がフォッサ(英語ではFossa)です。名前を聞いてもピンとこない方も多いでしょう。そこで、「どんな動物なのか?」を探ってみました。

どんな動物?生態は?

empty beach in Masoala forest national park, Madagascar.
empty beach in Masoala forest national park, Madagascar. 出典:PIXTA

フォッサはマダガスカル島に住む肉食動物です。全身は短くて柔らかい体毛が生えており、背中は赤褐色や暗褐色、お腹の方は淡黄色となっています。四肢は短く、足の裏には体毛はありません。これは、木の上での生活に適しているためと考えられています。画像で見る限り、木の上には登りそうもない雰囲気の体型ですが、尻尾も使ってスイスイ木登りや木渡りができるのだからビックリしてしまいます。全体の雰囲気としては、体形などはネコに近い!?ようにも見えますが、顔のアップを見るとイヌ!?という気もしてきます。イヌ・ネコどちらも入り混じっていて、不思議な外見です。夜行性で昼間は木の穴や洞窟で休んでいて、夜になると行動を開始します。行動は単独でする場合がほとんどです。

大きさ

beautiful side portrait of a fossa walking on the grass in a zoo in valencia spain. 出典:123rf

フォッサはマダガスカルマングースの一種です。体長は60~80cm、肩高37cmくらい、体重はオスが6~12kg、メスは5~7kgほどです。アードウルフと同じくらいの大きさですね。

beautiful portrait of a fossa sniffing excrement in a zoo in valencia spain. 出典:123rf

食べ物は動物系のものが多く、哺乳類、鳥類、爬虫類、昆虫、カエルなど何でも食べてしまいます。フォッサは本当に何でも食べてしまうようですね。

寿命

あくびをしている

フォッサの寿命は約20年です。

生息地

fossa (cryptoprocta ferox) cat in madagascar. 出典:123rf

マダガスカル島の、標高2600m以下の熱帯雨林またはサバンナに生息しています。また、やはりマダガスカル島の森林の伐採や開発により、生息域が狭まり、生息数は非常に減少しています。そのため絶滅危惧種です。できれば生息数がこれ以上減少しないよう何らかの配慮を求めたくなります。不思議!メスがオス化する?!

特徴

フォッサはマダガスカルマングース科です。以前はネコ科の一種とされていました。ネコと比べると、イヌのような鼻、大きな耳など独特な部分も多く、ネコなのか?イヌなのか?表現方法に困ってしまいます。確かに、マングースにも似ています。爪をひっこめられますし鋭い歯も持っています。その格納できる爪で木から木へと飛ぶことが可能です。また、指の間には水かきが付いています。このような動物はこの島だけのものです。さらに思春期のメスがオス化することがあります。これは、とげや中の骨などが異常に成長することによって起こる現象です。こうなる要因としては、周りにいるメス達との争いをすることもないからではないか、とも考えられています。メスがオス化するのも仕方ないなあ~って感じます。が、メスがみんなオス化してしまっては繁殖できなくなり数も減っていきます。その辺りどのように均衡を保っているのか?気になる今後の課題です。

動物園にいるの?

上野動物園で飼育

日本ではただ1カ所上野動物園にフォッサがいます。機会があったらぜひ見て下さいね。

ペットにできる?

beautiful side portrait of a fossa on a stone and green areas in a zoo in valencia spain. 出典:123rf

マダガスカル島で絶滅危惧種のため、国内では入手できません。また、フォッサは上野動物園にしかおらず、個人で飼う方法は確立していないため、ペットにするのは困難です。もし、フォッサを連れて散歩していたら、近所の人たちは、犬?それとも猫?と不思議に思うでしょう。

まとめ
Fossa – Cryptoprocta ferox, Kirindi forest, Madagascar. The biggest predator of Madagascar forests. 出典:123rf

マダガスカル島では森林の伐採や開発が多く、フォッサの生息地も徐々に減ってきています。そのためフォッサは激減して、絶滅危惧種となっています。同時にマダガスカル島では、フォッサのエサも少なくなってきています。この悪循環を断たなければ、絶滅の危機も避けられなくなるでしょう。いつかマダガスカル島に旅行してフォッサを見たいですね。

仲間の生き物たち

  • 水菜の選び方!シャキシャキした食感を残す保存方法は?ちょっと苦いけど草食動物も食べる? お鍋にサラダに大活躍の植物です!ちょっぴり苦いのが美味しいですよね♪関東の方には、「水菜」という名前は馴染みがあるでしょうか?実は「肉の臭みを消す」という、ワサビのような働きがあり、古くから活用されてきた野菜でもあります。鍋に入れるのは、そういうルーツもあります。 どんな野菜?生態や豆知識 水菜は英語ではpotherb […]
  • 旬はいつだ?シーズンの異なる2種類の牡蠣を美味しく! 最近、日本はおろか世界各地でも専門店が増え、魚介類の生食文化が無い欧米でも親しまれている食材、それは・・・、そうです、牡蠣ですよ!敷詰められた氷の上に、早く食べてくれーと言わんばかりに、新鮮なものはキラキラ輝きます。 そのまま口に運んで海の味を堪能するも良し! 薬味塩&レモンや、刻みネギ&おろしポン酢といった引き立て役と一緒に食べ、味のハーモニーを楽しむも良し […]
  • うさぎの耳はなぜ長い??耳掃除や冷たい理由!!耳で感情は分かるの? ウサギといえばまず長い耳を思い浮かべます。それは一番のチャームポイントでもあるからです。でも、なぜ耳があんなに長くなったのでしょうか?また、目と耳を動かしている場合が多いのです。耳の動きはどのような感情を表しているのでしょうか?その他にも、そのような耳についてあらゆる情報を調べてみました。 耳が長い理由 A closeup of a cute bunny […]
  • 地獄の吸血イカ!恐ろしい名前の深海生物コウモリダコ!!本当はイカ? 深海生物にはたくさんの不思議生物がたくさんいます。名前も変わっている生物がたくさんいますね。今日はそんな深海のマスコット的存在の、「コウモリダコ」(英語ではVampire […]
  • 牡蠣の味は産地によって美味しさが違う?検証してみた! 日本では、牡蠣は冬の味覚または夏の味覚として有名です。古くから「海のミルク」と呼ばれるそのクリーミーな美味しさと、栄養価が高く健康的にも美容的にも良いことから多くの人に愛されている食材です。明治時代にヨーロッパから海面養殖技術が伝来し、現在では全国各地で生産されています。そんな、僕たちには馴染み深い食材で、最近ではスーパーに行けばいろいろな産地のものを見かけますが、「産地ご […]