AMPページの文字が小さくて読みづらい時は、通常ページをご覧ください。下に通常ページへのボタンが表示されている場合はAMPページです。

その飼い方は大丈夫?ゴールデンハムスターの寿命を伸ばすコツはこれ!

毎日運動をさせる

出典:123rf

ゴールデンハムスターは1日にかなりの運動を必要とします。

野生のハムスターでいえば1日に7~13時間も運動すると言うのですから、室内で飼育されているハムスターはどうしても運動不足になりがち。

運動不足は肥満やストレスの原因になるので、必ずケージ内には回し車を設置してあげ、1日にしっかりお散歩させてあげてください。

またお散歩させる際は周囲にハムスターが隠れてしまえる場所がないかをしっかりチェックし、不安な場合はボール型ランナーなどといったハムスターが遊ぶ容器に入れてあげるのも良いでしょう。

些細な変化を見逃さない

出典:123rf

ゴールデンハムスターは言葉を喋る事が出来ません。

だから代わりに、飼い主がしっかりと日々ハムスターの変化をチェックして、育ててあげる必要があります。

餌や水が全然減っていない

回し車で全然遊ばなくなった

など、日常のお世話の中で気づけるきっかけはいくつもあります。

またハムスターは体が小さく「予防接種」というものが存在しないので、小さな病気やケガが一気に進行し致命傷になってしまうリスクもあります。

それを避けるためにも日々しっかりチェックを欠かさず、様子がおかしい時はすぐに医者に連れていくようにしましょう。

まとめ

出典:PIXTA

いかがでしたでしょうか?

ゴールデンハムスターの寿命を伸ばすために大切なことは、ストレスなく安全に暮らせる環境作りをしてあげることと、毎日様子をチェックし、違和感を感じた時はすぐに適切な対処をしてあげる事です。

見ているだけで、私たちに癒しを与えてくれるゴールデンハムスターです。

少しでも長生きしてくれるよう、また死んでしまった時に後悔ないようにしっかりお世話をしていきましょう。