手の上で眠っているハリネズミ

トゲトゲの体に愛らしい表情のギャップがかわいいハリネズミ。飼ってみたいペットとして人気急上昇中のハリネズミですが、初めて飼うとなると、ハリネズミと仲良くなれるか不安ですよね。

ハリネズミは犬やねこのように懐いたり甘えたりしてくれるのでしょうか?

まずはハリネズミの特性と性格を知ろう

野生の世界では常に天敵の多い中で暮らしているハリネズミです。

体が小さくて力のないハリネズミは自慢の針を生かして自分を守り、身を隠して生活してきました。

そのためハリネズミは基本、ひとりでいることを好み、臆病で慎重な性格なのです。

もちろん性格は環境や成長過程で変わってくることも多いので一概には言えませんが、怖がりで心を開くのに時間がかかる子が多いということを覚えておきましょう。

ハリネズミは、なつく?

回し車で遊びながら飼い主をじっと見ているハリネズミ

飼い主なら誰でも「ハリネズミと仲良くなりたい」と思いますよね。

ハリネズミは仲間と暮らす習性がないため、犬のように一緒に遊ぶことは難しいでしょう。

しかし、ハリネズミも愛情を持って根気よく接することで、たくさんスキンシップをとれて懐くようになります。

仲良くなったり懐く秘訣は、ハリネズミが飼い主に「慣れる」ことです。

飼い主のことを危険ではないと思うことが、ハリネズミと仲良くなる近道となります。

飼い主に慣らすポイント

飼い始めはハリネズミにあまり干渉せず、一人で落ち着いて過ごせる環境を作ってあげることが大切です。

まずは環境に慣らしてあげることがポイントです。

環境に慣れてきたら、次は徐々に飼い主の声と匂いに慣らしていきます。

ハリネズミを飼い主に慣らすのは、お世話タイムのときが絶好のチャンス!

ハリネズミは夜行性で昼間はほとんど寝てしまっているため、お世話は夜にしましょう。お世話をしながら声をかけたり匂いを嗅がせたりして、耳と鼻で飼い主の存在を覚えてもらいます。

感情や気持ちは針の動きを見れば一目瞭然!

針を立てて威嚇しているときは警戒中、針が寝ているときはリラックスしているとわかります。

針を立てる角度や、威嚇中に発するフシュフシュとした鳴き声でも警戒レベルを図ることができるので、ハリネズミの気持ちを注意深く観察してみましょう。

ハリネズミが飼い主に対して威嚇行動をとらなくなってきたら、スキンシップをとるチャンスです。

ハリネズミが、なつくためのスキンシップの手順

ハリネズミが懐いて手のひらに乗ってくる

ハリネズミが環境や飼い主に慣れてきたら、次はいよいよハリネズミに触れてみましょう。

ここでいきなりハリネズミを驚かせるようなことをしてはいけません。せっかく慣れてきたハリネズミがまた警戒してしまい、振り出しに戻ってしまいます。

焦らずじっくり根気よくを合言葉に、段階を踏んでスキンシップを行いましょう。

①手のひらを低い位置から差し出して、寄ってくるのを待つ。

いきなり撫でたり抱っこしたりしては、ハリネズミもびっくりしてしまいます。まずは威圧感を与えないよう、下から手のひらを差し出しハリネズミが近づいてくるのを待ちます。

ハリネズミが差し出した手のひらに警戒心を抱かなくなったら、第一関門突破です。

②お腹の下に手を入れ、すくいあげる。

手のひらをお腹の下に滑りこませ、すくうように少し持ち上げてみましょう。いきなり高い位置に抱きあげるとパニックになってしまう恐れがあるので、最初は低い位置で持ち上げるように抱っこするのがポイントです。大丈夫そうならそのまま包み込むように抱っこします。

少しでも怖がった場合は、すぐに下ろしてあげましょう。

③マッサージをしてあげる。

抱っこに慣れてきたら、少し横に向けたり触って嫌がらないところを撫でてあげましょう。ただハリネズミにも触られたら嫌なところがあります。ハリネズミは頭を撫でられたり、仰向けにされるのが苦手な子が多いです。徐々に慣らしていくことで、仰向けになってお腹を触らせてくれる子もいるでしょう。ここまでくつと、ハリネズミは飼い主に、なついています。

ハリネズミはマッサージをすると寝てしまう子が多いので、そこまで仲良くなれたらあなたはスキンシップマスターです。気持ちよさにトローンとして、懐いているハリネズミの表情にメロメロになってしまうことでしょう。

チンチラも飼育方法によって、懐きます。

なつくには個体差があることを忘れずに。

ハリネズミが飼い主に懐いて手のひらに乗っている

ハリネズミが撫でさせてくれない=飼い主のことが嫌いなわけでは決してありません。どうしても触られるのが苦手な子や、臆病でなかなか飼い主に慣れない子もたくさんいるのです。

ハリネズミは飼い主に「慣れる動物」ということを忘れてはいけません。

愛情をもって根気よく接すれば、撫でるのは難しくても飼い主に慣れてくれたという場面がいくつも見られるはずです。例えば声をかけたら寄ってくるようになった、針を立てる回数が減ったなど、些細な変化でもハリネズミは飼い主に歩み寄って懐いてくれているのです。そんなとき飼い主は大きな幸せを感じることができますね。

ハリネズミには個体差だけでなく、種類もたくさんあります。

おわりに

ハリネズミも人間と同じようにさまざまな性格の子がいるのは当たり前。飼い主に慣れたり、懐くためにかかる時間はハリネズミによって当然違います。

大切なのは焦らず、飼っているハリネズミのペースに合わせてあげること。愛情を持って大切に育てれば、ハリネズミにもきっと気持ちが伝わって、なつくはずです。

本記事のスキンシップ法を参考に、ぜひハリネズミと仲良くなってくださいね。