ちょっとかわってるけるけど実はすごい生物たちのまとめです。

毎年、各地の動物園や水族館などで、へんないきもの展が開催されています。そういうけど、各地の動物園や水族館などで大人気で、かつ看板となっている生き物たちなんですけどね!

また、へんないきもの大王タイトルマッチも開催されています。以前ではダイオウグソクムシでも有名です。世界的に著名なデザイナーである、早川いくをさんが監修しています。

日本中の動物園や水族館から、ちょっと不思議で特徴的ないきものがたくさん出場しています。でも、すべてのいきものが、かなりかわいいんですよ。

水族館でみることのできる生物ばかりになってしまいましたけど、まとめてみました。

まずは鳥から

ハシビロコウ

伊豆シャボテン動物公園などにいます。いわずとしれた人気ナンバーワンです。じっとして動かないけれど、なんとか飛ぶこともできます。ハシビロコウはあまりにも人気すぎて、ゲームやアニメのキャラクターにもなっています。ハシビロコウについてはこちら。

動かないから、魚を捕食できる?「ハシビロコウ」

飼育員

なんとヒトである竹島水族館のグルメ飼育員(水族館飼育員)も出場しました。人間とは意外です。ドルフィントレーナーなども含めて、動物園や水族館などの飼育員はみんなのあこがれですね。飼育員についてはこちら。

動物園や水族館の飼育員として働くためには!トレーナーなどについて。

海の生き物たち

タコノマクラ

あわしまマリンパークなど日本全国でみることができます。タコノマクラはこうみえてもウニの仲間です。上の写真は殻の状態です。

珍名生物「タコノマクラ」謎の模様の秘密?水族館にいる?

同じウニの仲間でスカシカシパンには穴があります。砂浜を動くのに合理的です。いっしょに見てね。

スカシカシパンってウニなの?甘食のようなその正体とは!?

ハナゴンドウとハンドウイルカ

ハナゴンドウとバンドウイルカのハイブリッドのプリンちゃんは南知多ビーチランドの人気者です。読んでると、ハンドウなのかバンドウなのか混乱してきますね。呼び方はどちらでも正解のようです。ハナゴンドウがイルカなのかクジラなのかも混乱します。ハナゴンドウについてはこちら。

「ハナゴンドウ」はイルカ?そもそもイルカとクジラの違いは何?

ハンドウイルカはハナゴンドウと交雑が可能で、みんなのイルカのイメージの代表格です。当然、頭もいいです。ハンドウイルカはこちら。

バンドウイルカの寿命や知能はどれくらい?その生態を知ろう!

コンペイトウ

越前松島水族館のコンペイトウハウスなどにいます。お菓子のコンペイトウが名前の由来です。深海魚で、かわいさでは最強です。同じ仲間で、ダンゴウオやナメダンゴ、フウセンウオなどがいるのですが、見分けるのは難しいです。特にフウセンウオも人気だよ。コンペイトウについてはこちら。

深海の魚「コンペイトウ」吸盤で貝殻にくっついてオスは卵を見守るよ。

ウミサボテン

浅虫水族館などにいます。本当にサボテンのようですが、珊瑚やイソギンチャクに近い動物です。動いたり発光したりします。またウミサボテンは研究でも人類に貢献しています。どこの水族館でも大人気ですね。ウミサボテンについてはこちら。

「ウミサボテン」は発光する動物それとも?研究にも貢献してます!

番外編

ほかにも、不思議でかわいい生物たちをたくさん紹介したいです。

カエルアンコウ

八景島シーパラダイスなどで見ることができます。タイトルマッチには伊豆・三津シーパラダイスのホンフサアンコウがでています。カエルアンコウはかなりかわいい小型のアンコウでダイバーたちに大人気です。カエルアンコウについてはこちら。

海中の釣り師!!ダイバーの癒し系カエルアンコウとは?飼育法,水族館

タツノオトシゴ

日本中の水族館で人気ですね。タツノオトシゴは英語ではシーホースといいます。つがいの夫婦の仲の良さでも有名です。タイトルマッチには、伊勢シーパラダイスのポットベリーシーホースが出場しています。タツノオトシゴについてはこちら。

タツノオトシゴの飼育方法。値段や餌などの解説

ハリセンボン

ハリセンボンも日本中の水族館でみることができます。関西電力宮津エネルギー研究所 丹後魚っ知館からは、ハリセンボンの仲間のネズミフグが出場しています。ネズミフグにも少し触れています。ハリセンボンやネズミフグについてはこちら。

フグの仲間,魚のハリセンボン解説!毒と歯が危険!?飼育方法など。

メンダコ

こうみえて深海のタコです。あまりのかわいさに、メンダコはいろいろなキャラクターグッズもでてます。メンダコについてはこちら。

その可愛さから色々なグッズも販売されているメンダコ。水族館での飼育などをご紹介!!

デメニギス

CG?これはぜひ画像をみるべきです。デメニギスはその名前以上にインパクトあります。特に目がすごくて、かなり驚きます。デメニギスについてはこちら。

目どこ!?人知の想像をはるかに超えた深海魚の正体こそ・・・デメニギス

センジュナマコ

深海にいるナマコでセンジュナマコは「SeaPig」海の豚とも呼ばれています。ナマコ界のスター!でも、とても動きなどがナマコとは思えません。これもびっくりします。センジュナマコについてはこちら。

ナマコ界のスター「センジュナマコ」とは…??キモ可愛い5つの不思議

サルパ

透明で驚きのいきものです。最近は小さなタコを飲み込んだサルパも発見されました。サルパについてはこちら。

地球にとっての救世主!?透明で面白生態の生物「サルパ」の正体とは??

オオグチボヤ

水族館の人気ナンバーワン。深海のアイドル?イラストでもよく見かけます。オオグチボヤはグッズもでていて大人気。オオグチボヤについてはこちら。

深海生物オオグチボヤの生態は?実はぬいぐるみが出るほどの人気者!?

そのほか、ヒモムシでは珍しいシワヒモムシ、お魚のアカメ、軟体動物のサンゴノフトヒモ、カサネイソギンチャク、アメリカマナティ、珊瑚の仲間のフトウミエラ、深海魚のサケビクニン、ムツオビアルマジロ、お魚のフサギンポ、ゾウギンザメ、ツクシトビウオなどが参加しています。なんと飼育員のヒトまで!ぜひ応援して見てね。