珍獣?へんないきもの?実は、かわいい生物たち!

  • 2021年8月21日
  • 雑学
  • 164view

ちょっとかわってるけるけど実はすごい生き物たちです。

毎年、各地の動物園や水族館などで、へんないきもの展が開催されています。

そういうけど、各地の動物園や水族館などで大人気で、かつ看板となっている生き物たちなんですけどね!

また、へんないきもの大王タイトルマッチも開催されています。

以前ではダイオウグソクムシでも有名です。世界的に著名なデザイナーである、早川いくをさんが監修しています。

日本中の動物園や水族館から、ちょっと不思議で特徴的ないきものがたくさん出場しています。

ちょっとかわいそうな動物や、ちょっと残念な動物をランキングしました。でも、すべての生き物が、かなりかわいいんですよ。

まずは鳥から

不思議な鳥類といえばハシビロコウです。

ハシビロコウ
出典:PIXTA

伊豆シャボテン動物公園や各地の動物園などにいます。

いわずとしれた人気ナンバーワンです。

じっとして動かないけれど、なんとか飛ぶこともできます。

ハシビロコウはあまりにも人気すぎて、ゲームやアニメのキャラクターにもなっています。

飼育員

なんとヒトである竹島水族館のグルメ飼育員(水族館飼育員)も出場しました。

人間とは意外です。ドルフィントレーナーなども含めて、動物園や水族館などの飼育員はみんなのあこがれですね。

海の生き物たち

タコノマクラ

あわしまマリンパークなど日本全国でみることができます。

タコノマクラはこうみえてもウニの仲間です。

同じウニの仲間でスカシカシパンには穴があります。

ハナゴンドウとハンドウイルカ
ハナゴンドウ 出典:PIXTA

ハナゴンドウとバンドウイルカのハイブリッドのプリンちゃんは南知多ビーチランドの人気者です。

読んでると、ハンドウなのかバンドウなのか混乱してきますね。

呼び方はどちらでも正解のようです。

ハナゴンドウがイルカなのかクジラなのかも混乱します。

ハンドウイルカはハナゴンドウと交雑が可能で、みんなのイルカのイメージの代表格です。

ハンドウイルカ 出典:PIXTA
ウミサボテン
出典:PIXTA

浅虫水族館などにいます。

本当にサボテンのようですが、珊瑚やイソギンチャクに近い動物です。

動いたり発光したりします。

またウミサボテンは研究でも人類に貢献しています。

どこの水族館でも大人気ですね。

コンペイトウ

越前松島水族館のコンペイトウハウスなどにいます。

お菓子のコンペイトウが名前の由来です。

深海魚で、かわいさでは最強です。

同じ仲間で、ダンゴウオやナメダンゴ、フウセンウオなどがいるのですが、見分けるのは難しいです。

特にフウセンウオも人気だよ。

番外編

ほかにも、不思議でかわいい生物たちをたくさん紹介したいです。

カエルアンコウ
海底で擬態しているカエルアンコウ 出典:PIXTA

八景島シーパラダイスなどで見ることができます。

タイトルマッチには伊豆・三津シーパラダイスのホンフサアンコウがでています。

The red frog crawls slowly along the sea floor with its fin-like legs. Underwater photography, Philippines. 出典:123rf

カエルアンコウはかなりかわいい小型のアンコウでダイバーたちに大人気です。

タツノオトシゴ
出典:PIXTA

日本中の水族館で人気ですね。

タツノオトシゴは英語ではシーホースといいます。

つがいの夫婦の仲の良さでも有名です。

タイトルマッチには、伊勢シーパラダイスのポットベリーシーホースが出場しています。

ハリセンボン
すみだ水族館で飼育しているハリセンボン

ハリセンボンも日本中の水族館でみることができます。

関西電力宮津エネルギー研究所 丹後魚っ知館からは、ハリセンボンの仲間のネズミフグが出場しています。

ネズミフグにも少し触れています。

メンダコ

こうみえて深海のタコです。

あまりのかわいさに、メンダコはいろいろなキャラクターグッズもでてます。

デメニギス

CG?これはぜひ画像をみるべきです。

デメニギスはその名前以上にインパクトあります。

特に目がすごくて、かなり驚きます。

センジュナマコ

深海にいるナマコでセンジュナマコは「SeaPig」海の豚とも呼ばれています。

ナマコ界のスター!でも、とても動きなどがナマコとは思えません。

これもびっくりします。

サルパ
モモイロサルパ 出典:PIXTA

透明で驚きの生物です。

最近は小さなタコを飲み込んだサルパも発見されました。

オオグチボヤ

水族館の人気ナンバーワン。

深海のアイドル?イラストでもよく見かけます。

オオグチボヤはグッズもでていて大人気。

そのほか、ヒモムシでは珍しいシワヒモムシ、お魚のアカメ、軟体動物のサンゴノフトヒモ、カサネイソギンチャク、アメリカマナティ、珊瑚の仲間のフトウミエラ、深海魚のサケビクニン、ムツオビアルマジロ、お魚のフサギンポ、ゾウギンザメ、ツクシトビウオなどが参加しています。

なんと飼育員のヒトまで!ぜひ応援して見てね。

いままで紹介した生物たちは、イベントなどで見ることができることもあります。

まとめ
出典:PIXTA

日本各地でへんないきもの展などのイベントが行われています。

お近くで開催されているさいは、ぜひ見に行きましょう。

今回は水族館の生物が多いです。

これからもいろいろなへんな生き物を調べていきます。

仲間の生き物たち

  • サツマイモの食感はホクホクやしっとり、ねっとり!リクガメはその葉や茎も好物 最近では、ホクホクしていたり、しっとりしていたり、ねっとりしていたりと、スーパーでもたくさんの種類のさつまいもを目にします。 名前はよく聞くけど、どれがおいしいの?何がちがうの?考えてしまいますよね。 どんな味がするのか、また、どのようなものを選んだらよいのかを説明していきます。 また、その大きさや花についても! さつまいもの生態や豆知識 Fa […]
  • コバンザメの吸盤には驚くべき仕組みが隠されていた!その味も! 今回はコバンザメ(英語ではSuckerfish)についてです。 マンタやジンベイザメにも、たくさんくっついているのですが、 そもそも彼らは何者なのか、 どうやってくっつくかなど、 素朴な疑問をご紹介します。 大きな魚にくっついている! Black and white reef manta ray flying around a […]
  • 知らないと怖いアオブダイ! 食べられるの?猛毒パリトキシンとは? みなさんは、フグという魚は知っていますよね? 刺身で食べたり、鍋にしたり、唐揚げにしたりと、とても美味しく食べられる魚なのですが、一方でその体や内臓には、テトロドトキシンという猛毒を持っています。 だから、フグを調理する為には専用の免許が必要になり、その取り扱いもすごく厳重に管理されています。 ちなみに僕はフグについての講習をしっかりと受け、実技試験をパス […]
  • 【飼い主注意!?】大きさ別ミドリガメ(アカミミガメ)寿命調査! 緑がかった体に、なにやらヌッと甲羅から出た首が特徴的です。 ミドリガメ!別名アカミミガメという、お祭りやペットショップでよく目にします。 なかでも、ミシシッピアカミミガメが有名です。 もっとも身近に知られている亀と言ってもいいでしょう。 しかし、知らないうちにとてつもない大きさに! 飼育するにあたって、その大きさと年齢の関係をまとめてみた! […]
  • その飼育法は大丈夫?ハリネズミの寿命を伸ばすコツを徹底解説! 「ハリネズミの寿命は何年くらいだろう?」 これは飼育する前に、誰しも一度は思う疑問の一つです。 飼い主は少しでも育てているペットに長生きしてほしいものですよね。 正しい飼育法を知り、少しでも長生きできるよう毎日のお世話を充実させましょう。 寿命を伸ばすコツは? Cute full mask African Pygme Hedgehog, […]