ニホンイタチ 出典:PIXTA

イタチ科(英語ではMustelidae)の仲間たちを、これから調査していきます。

イタチの仲間たちは、ラッコをはじめとして、フェレットやカワウソ、アナグマなど種類が多く、すべてかわいい動物たちです。また、ラーテルやクズリのように、かわいいだけでなく、最強の動物もいます。

イタチ科の動物たちの画像もたくさんあります。まずは、イタチ亜科から調べていきます。

イタチ科イタチ亜科の動物たちの種類は?

イタチ科イタチ亜科の仲間には、イタチやフェレット、オコジョ、クズリなどの種類がいます。まずは、ニホンイタチから。

ニホンイタチについて

草原にいる野生のニホンイタチ 出典:PIXTA

イタチ科イタチ亜科のニホンイタチ(英語ではJapanese Weasel)の生息域は、当然、日本全国の山間部です。寿命は野生では2年弱です。飼育下では5年近くまで生きた記録があります。

日本全国の山間部にいくと野生のニホンイタチに出会えます。飼育している動物園は意外と少ないです。多摩動物公園や、盛岡市動物公園、富山市ファミリーパークで飼育されています。ハイキングなどに行った際にニホンイタチを見れるといいですね。

オコジョについて

オコジョ 出典:PIXTA

イタチ科イタチ亜科のオコジョ(英語ではErmine)は、ヤマイタチやクダギツネ(管狐)とも呼ばれます。北アメリカ大陸北部からユーラシア大陸北部にかけて広範囲に生息しています。

日本では、本州中部以北から北海道まで生息しています。山間部の岩場や樹木の間などに生息しているため、別名がヤマイタチとなっています。

オコジョの寿命は野生では5年前後です。飼育下では7年ほどです。

現在、オコジョを飼育している動物園はありません。下の画像は、乗鞍岳に生息しているオコジョです。登山するしかないですね。

乗鞍岳に生息している野生のオコジョ

フェレットについて

フェレット  出典:PIXTA

みんな大好き、イタチ科イタチ亜科のフェレット(英語ではFerret)です。元々はヨーロッパに生息していました。3000年ほど前からペットとして飼育されており、現在は世界中で飼育されています。

フェレットの寿命は野生では7年~10年です。飼育下では20年近くまで生きることもあります。

宇都宮動物園から九十九島動植物園森きららまで、いろいろな動物園で飼育されています。もちろん、かわいいのでペットとしても人気です。フェレットについてはこちらも。

テン属について

雪上を歩いているテン 出典:PIXTA

上の画像は、イタチ科イタチ亜科のテン(英語ではJapanese marten)です。テン属の仲間たちの生息域は、北アメリカ大陸からユーラシア大陸日本インドネシアまで広いです。

下の画像は、山梨県の森の中に生息しているテンです。木の巣穴から顔をだしているのがかわいいです。

山梨県の森に生息しているテン 出典:PIXTA

下の画像は、中国に生息しているキエリテンです。鮮やかですね。

中国に生息しているキエリテン 出典:PIXTA

下の画像はマツテンです。

マツテン 出典:PIXTA

イタチ亜科のテン属だけでも、たくさんの種類がいます。特に、対馬に生息しているツシマテンが有名です。テンの寿命は10年ほどです。

テンは野毛山動物園などで飼育されています。

クズリについて

フィンランドの針葉樹林を歩いているクズリ 出典:PIXTA

おまちかね、イタチ科イタチ亜科のクズリ(英語ではWolverine)です。北アメリカ大陸北部からユーラシア大陸北部のタイガやツンドラに生息しています。クズリはラーテルと並んで、最強動物です。イタチ科の動物は基本的に強いです。クズリは、イタチ科の中で最大のオオカワウソに次ぐ大きさです。

クズリの寿命は野生では5年~13年です。飼育下では17年ほど生きることもあります。かつては上野動物園で飼育されていました。現在は日本の動物園では飼育されていません。もしクズリをみたいのであれば、北欧に旅行です。クズリの生態や、地球の環境問題で生息域が減少していることなどについてはこちらも。

イタチ科アナグマ亜科の動物は?

イタチ科アナグマ亜科にも、いろいろな動物の種類がありますが、今回はニホンアナグマを紹介します。

ニホンアナグマについて

ニホンアナグマ 出典:PIXTA

イタチ科アナグマ亜科のニホンアナグマ(英語ではJapanese badger)です。生息域は日本の本州や四国、九州の里山です。

ニホンアナグマの野生での寿命は10年~15年です。

よこはま動物園ズーラシアや京都市動物園、日立市かみね動物園など、全国の動物園で人気です。下の画像は、土の巣穴から顔をだしている、かわいいニホンアナグマです。

土の巣穴の中にいるニホンアナグマ 出典:PIXTA

イタチ科カワウソ亜科の動物の種類は?

イタチ科カワウソ亜科の動物たちも、ラッコやカワウソなど、かわいい動物たちだらけです。

コツメカワウソについて

出典:PIXTA

大人気のコツメカワウソ(英語ではAonyx cinerea)です。生息域は中国南部からインドインドネシア周辺などです。

コツメカワウソの寿命は野生では10年~12年です。飼育下では15年ほどです。絶滅危惧種です。

コツメカワウソはかわいくて大人気です。そのため、いろいろな動物園や水族館で飼育されています。

コツメカワウソ

ニホンカワウソについて

ニホンカワウソ

すでに絶滅してしまったニホンカワウソ(英語ではJapanese otter)です。かつては、日本中に生息していました。

オオカワウソについて

ブラジルに生息するオオカワウソが河川を泳いでいる 出典:PIXTA

オオカワウソ(英語ではGiant otter)は南アメリカ大陸のブラジル周辺に生息しています。イタチ科の中で最大の大きさのオオカワウソです。

オオカワウソの寿命は8年ほどです。絶滅危惧種となっています。

日本国内の動物園では、オオカワウソは飼育されていません。ぜひ見るためには、ブラジルに行くしかないです。

ラッコについて

北海道の海に生息するラッコ 出典:PIXTA

かわいさ最強のラッコ(英語ではSea otter)は、イタチ科カワウソ亜科です。アメリカやカナダ、ロシアの沿岸部に生息しています。

ラッコの寿命は野生では10年~14年です。飼育下では最長20年ほどです。やはり絶滅危惧種となっています。

ラッコも大人気で、動物園や水族館などで飼育されていまがすが、かなり飼育頭数が減少しています。ぜひ調べてから、動物園や水族館に見に行ってください。

イタチ科アメリカアナグマ亜科

イタチ科アメリカアナグマ亜科はアメリカアナグマのみです。

アメリカアナグマについて

カナダのブリティッシュコロンビア州に生息するアメリカアナグマ 出典:PIXTA

アメリカアナグマ(英語ではAmerican badger)は、カナダからアメリカ、メキシコにかけて生息しています。

アメリカアナグマの寿命は飼育下では最長26年の記録があります。

現在は日本国内の動物園では、アメリカアナグマは飼育されていません。ぜひ見たいときは、アメリカに旅行するしかないですね。

イタチ科ラーテル亜科

ついにきました。イタチ科ラーテル亜科はラーテルのみです。もちろんクズリと並んで最強動物です。

ラーテルについて

東山動植物園で飼育されているラーテル

ラーテル(英語ではRatel)は、アフリカ大陸からインドにかけて生息しています。別名はミツアナグマです。

ラーテルの寿命は野生では20年ほどです。飼育下24年ほどです。

上の画像でもわかるように、東山動植物園で飼育されています。

ラーテルについてはこちらも。

ぜひ、東山動植物園にも見に行ってください。

おわりに

イタチ科の仲間たちは、かわいかったです。特に、フェレットやアナグマ、コツメカワウソ、ラッコなどが大人気です。かわいいだけでなく、強さも最強のクズリやラーテルもいました。

意外と、日本では見ることができないイタチ科の仲間も多かったです。

また、絶滅してしまったニホンカワウソや、絶滅危惧種となっているイタチ科の仲間たちもいました。イタチ科の仲間たちが住みやすいように、地球の環境をまもっていけたらいいです。