出典:PIXTA

小学校の飼育小屋で人気者のジャパニーズホワイト(英語ではJapanese white rabbit)です。

別名は日本白色種と呼ばれるウサギです。ほかにも、秋田改良種のジャンボうさぎも、ジャパニーズホワイトの仲間です。

これから、ジャパニーズホワイトの生態や、小学校で飼育する理由、ジャンボうさぎなどについて調べていきます。

ジャパニーズホワイト(日本白色種)の生態

仲の良いジャパニーズホワイトたち

ウサギ科アナウサギ属でカイウサギの仲間のジャパニーズホワイトです。

もともと、日本のノウサギがいました。明治時代に入り、アメリカのメリケン種やニュージーランドホワイト種、また、イタリアの伊太利種などと交配して、ジャパニーズホワイトが生まれました。

昔話に出てくる白兎は、白いニホンノウサギです。

そのころは、ジャパニーズホワイトの体重は3kg程度でした。その後、世界最大のウサギのフレミッシュジャイアントなどと交配しました。そのため、ジャパニーズホワイトの体重は3~6kgとなりました。

また、アルビノであるため目が赤いです。

普段は地上で生活していますが、土に穴を掘る行動を見せることもあります。

草食性で、牧草や果実、樹皮などを食べます。飼育下では、野菜や根菜も食べます。

寿命

寿命は飼育下で7~8年です。ほかのカイウサギと同じくらいです。

ジャパニーズホワイトの性格。懐く?

ジャパニーズホワイトのかわいい仕草 出典:PIXTA

ジャパニーズホワイト(日本白色種)の性格は穏やかで、飼い主によく懐きます。また、いっしょに飼育している動物たちも穏やかになるため、馬などといっしょに飼育されることもあります。

みんなの気持ちが落ち着くので、情操教育によいということで、小学校の飼育小屋でもペットとして飼育されるようになりました。

ジャンボうさぎ(秋田改良種)

秋田にいるジャンボうさぎ

秋田県大仙市でジャンボうさぎは生まれました。体重は10kgほどです。フレミッシュジャイアントと同じくらいの大きさです。大きくて可愛い耳もフレミッシュジャイアントと似ています。

ジャンボうさぎ

動物園で見れる?

上野動物園で飼育しているカイウサギのジャパニーズホワイト

上野動物園などの全国の動物園や、マザー牧場などの牧場で飼育しています。お近くの動物公園でもジャパニーズホワイトを飼育しているところもあります。

ぜひ、お近くの動物園や牧場に立ち寄って、ジャパニーズホワイトを見てみましょう。

最後に

ジャパニーズホワイト(日本白色種)は、みんなになじみ深いウサギでした。アルビノで目が赤いのも可愛いです。性格が穏やかで、なつくので、子供たちにも大人気です。ジャンボうさぎも耳が大きくて可愛かったです。