カダヤシとメダカの違いや見分け方は?知らないと大変なことになるかも

  • 2022年9月4日
  • 魚類
  • 70view

カダヤシとメダカはとても似ているので、違いや見分け方を知らない人は間違うのも無理ありません。しかし、カダヤシは特定外来生物に指定されているため、飼育することが禁止されています。「メダカだと思って飼っていたら、実はカダヤシだった。」なんてことになれば大変です。ここでは、カダヤシとメダカそれぞれの特徴や違い、見分け方についてご紹介していきます。

カダヤシとメダカは似ている!その違いは?

王妃という名前のメダカ

とっても似ている「カダヤシ」と「メダカ」です。見た目は似ているけれどカダヤシはグッピーなどの仲間で、メダカは以外にもさんまやトビウオなどの仲間なので、共通しているのは小さなお魚、というぐらい別の種類なんです。この二つは何か関係があってもおかしくない感じなのですが無関係なのですね。見た目はとにかく似ている!だけど決定的に違うのは種類の他にも産卵の違いがあります。

カダヤシとは?

Gambusia affinis Commonname : Mosquitofish. It is a small freshwater fish. 出典:shutterstock

生息地は北アメリカ大陸のメキシコ湾に注ぐ河川の淡水域や汽水域です。カダヤシ目の淡水魚で、英語ではMosquitofishと書きます。その英語の名前とおり、蚊の幼虫であるボウフラを餌として食べます。大きさとしては、オスが体長3cm、メスは体長5cmになります。寿命は2~3年です。

メダカとは?

紅帝という名前のメダカ

生息地は東アジアから東南アジアにかけての小川や水路です。ダツ目の淡水魚です。ミジンコやボウフラを餌として食べます。大きさとしては体長が3.5cm前後です。寿命は野生では1~2年、飼育下では2~3年です。

よく似ているカダヤシとメダカの見分け方

At the end of summer, blue flowers blooming on the surface of the water and medaka in the water. where there is water there is a small world, beautiful flowers bloom there, small fish are swimming. 出典:123rf
  • メダカは卵を産みそこから孵化して稚魚が誕生しますが、カダヤシはお腹の中で卵が孵化するので稚魚の姿でお腹から出てきます。
  • メダカだと思って飼育していた個体が、稚魚を産んだらそれは間違いなくカダヤシです。
  • 見た目で判断する場合は尻ビレをよく見て下さい。メダカは尻ビレが体に沿うように長く、特にオスはしっかりしたヒレを持っています。
  • カダヤシの尾ビレは短めで丸っこく、メダカの尾ビレはまっすぐ長く角ばっています。

似ている魚ですが違いを見極めてみましょう。実はカダヤシは日本の魚ではなく外国から連れてこられた外来種なのです。元々はボウフラを駆除する目的で北アメリカから持ち込まれ、今では日本各地で生息しています。メダカを捕まえたと思っていても、それはもしかしたらカダヤシかもしれませんよ?メダカなのか、カダヤシなのかの判断で見られるのは尻ヒレと尾ヒレの形です。見るときは横からの状態で確認してみましょう。カダヤシは外来種ですからいろいろと規定があります。例えば販売したり放流したり、飼育する事もダメで厳しい罰則が科せられますので注意が必要です。ですからお店で購入する事はまずありません。カダヤシと出会うのは野生で捕まえたメダカのつもりがカダヤシだったという場合でしょう。その場合、その場で元の水源へ戻すことは許されていますが、別の場所で放すのは絶対にしてはいけません。魚取りに行く時は知識を付けるか図鑑を持参するなどして出かけるようにすると安心です。

カダヤシVSメダカどちらが強い?

カダヤシは環境に慣れるのが得意で、エサもメダカよりもなんでも食べますし水量が少なくても生きていけるたくましさを持っています。お腹の中で卵を孵化させるので産卵場所を気にすることもありません。またメダカの赤ちゃんに比べると、大きな体の状態でお母さんから離れるので死亡率もメダカより低いのです。また自然界ではメダカとカダヤシが競合する事もあり、その場合追いやられてしまうのはメダカであったことが確認されています。唯一メダカの方が強いと言えるのは、寒さや塩分に強いという点ではないでしょうか。ただそんなたくましさを持つカダヤシは外来種で、メダカは日本固有種の絶滅危惧種です。万が一知らずに捕まえてきてメダカと同じ水槽で飼育したとしても、メダカに何か被害が出るわけではありませんが、飼育してはいけない魚ですから野生のメダカを獲った時には必ずメダカなのかをよく確認するようにしてください。

カダヤシやメダカの名前の由来とは

「カダヤシ」

カダヤシの名前の由来は「蚊を絶やす」からきています。もともとボウフラの駆除を目的として海外から持ち込まれたことが日本に広まった原因です。他にも日本で外来生物が大繁殖しているという話をよく聞きますよね。外来生物はなぜかとても体が強いですよね。今までの生活環境とは違うところへ連れてこられたのにたくましく繁殖していくのが驚きです。

「メダカ」

メダカの名前の由来は「目高」目のついている位置が高いという事が由来の様です。確かにメダカを横から観察していると目は少し高い位置についていますよね。名前の由来は意外と単純なものが多いようですね。

見分けを知らずに、メダカと間違えてカダヤシを飼育すると違法になる

先ほどもお話したように外来種のカダヤシを知らずに飼育していても、違法とみなされます。カダヤシの場合、非常にメダカに似ているために間違って川で捕ってしまい飼育しているというケースがあるかもしれません。他にも日本では法律で飼育してはいけないと言われている生き物がいます。特定外来生物に指定されている飼育してはいけない魚には、24種類が指定されカダヤシもバッチリ入っているので注意しましょう。またよく聞くアライグマやアメリカンミンク、カミツキガメやウシガエルなども知らずにペットとして飼育してしまうことも禁止されているので違反した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられることになりますので注意しましょう。

まとめ

小型の淡水魚であるカダヤシとメダカの見分け方や違いは、

  • カダヤシはカダヤシ目である。メダカはダツ目であるので、淡水魚であるが塩分に強い。
  • メダカは卵を産みそこから孵化して稚魚が誕生しますが、カダヤシはお腹の中で卵が孵化するので稚魚の姿でお腹から出てくる。
  • メダカだと思って飼育していた個体が、稚魚を産んだらそれは間違いなくカダヤシである。
  • 見た目で判断する場合は尻ビレをよく見て下さい。メダカは尻ビレが体に沿うように長く、特にオスはしっかりしたヒレを持っている。
  • カダヤシの尾ビレは短めで丸っこく、メダカの尾ビレはまっすぐ長く、角ばっている。

というように、主に産卵の仕方や、尾ビレや尻ビレの形が違いました。また、それらの名前の由来などについてもお伝えしました。

仲間の生き物たち

  • カエルアンコウはダイバーの癒し!擬態や飼育法、水族館など 海の中にはたくさんの生物がいます。 私たちが大好きな美味しいお魚だったり、とても変わった生態の持ち主だったり、深海に住む不思議生物だったり。 そんな中から私が一押しするのがカエルアンコウです。 みなさんはご存知ですか?見た目から海の中の癒し系なのですが、その生態を知ると癒し系とは少し言い難いところもちらほら。 そのギャップがまた面白いのです。 […]
  • こんなにいたの!?セキセイインコの色や種類11種!レアも含めご紹介! セキセイインコを飼うときに一番最初に悩むのが、 「何色のインコにするか」だと思います。 しかしカラーのバリエーションはまぁ~多いのなんのって(汗) 悩む楽しみを越えて、優柔不断になりますよね。 ここでは、その種類と、一般的なカラーの種類を紹介しちゃいます! ポピュラーな色(カラー)の種類 Colorful budgies sit on […]
  • アオバズク!夏が来たどこに来た?身近な野鳥の紹介。動物園にいる? 野鳥のアオバズクについてです。 以前から、ペットとして飼育できるフクロウについてたびたびご紹介しているのですが、 中にはペットして飼育できないものもいます。 理由は野鳥のためです。 その中で、夏鳥の「アオバズク」や「シマフクロウ」が特に有名です。 特徴や生態は? 石垣島に生息 出典:PIXTA フクロウ科アオバズク属に分類されます。 […]
  • エイ徹底検証!毒があって危険!?刺されたらどう対処する!?マンタとの違いも検証 私たちが遊ぶ海には意外と危険な生物がたくさん潜んでいます。 彼らはわざと私たちに危害を加えようとしているわけではありませんが、私たちに知識がないと思わぬ事故につながりかねません。 そこで今日は、結構、スキューバダイビングなどで遭遇するかもしれない、 「エイ」についてご紹介しましょう。 生態は? fish in a large glass […]
  • ハブクラゲは猛毒がある。生息地と時期などをご紹介! 私は海が大好きなのですが、今一番行きたいところは沖縄!!海が大好きなのに沖縄にはまだ行ったことがないという…。 行きたいがために旅行雑誌や、ネットで沖縄のことを調べる日々がとても楽しいです。 ですが、沖縄の海にはとても恐ろしい生物がいました。 その名も『ハブクラゲ』。いかにも危なげな名前ですね。 透明で海上からはとても見つけづらいです。 さらに […]