日本でも老若男女問わず人気のカクレクマノミ。

少し小さめで綺麗なオレンジ色。私はダイビングをしますが、海の中で見るとそのオレンジが良く映えてとても可愛いです。そんなカクレクマノミですが、飼育は出来るのか?

今日はカクレクマノの飼育方法についてご紹介しましょう。

カクレクマノミって飼えるの?

カクレクマノミは飼育難易度としては、簡単な部類の海水魚です。カクレクマノミは体長が最大でも8cm程度にしかならない小型種なので、小さい水槽でも飼育が可能です。

また水質の変化にも強く、比較的温和な性格をしている為、丈夫で混泳も可能で、初心者の方にもオススメ。

カクレクマノミと言えば、イソギンチャクとの共生が有名ですが、飼育が簡単なのはカクレクマノミであって、イソギンチャクは大変難易度が高いです。

しかも、カクレクマノミが好むハタゴイソギンチャクはイソギンチャクの中でもかなりの難易度で、価格も高いです。せっかく飼うならばイソギンチャクも一緒に飼いたいところですが、こちらはオススメ出来ません。カクレクマノミはイソギンチャクがいなくても普通に飼育可能です。

飼育に慣れてきたころに、入れてみるといいかもしれませんね。

クマノミの飼育方法

水槽のサイズは小さめでも大丈夫ですが、大きいほうが好ましいです。水の量が多ければ多いほど水質を一定に保つのが簡単になります。また水槽の大きさによって飼える魚の数が違います。

・30cmの水槽ならカクレクマノミ2匹

・45cmの水槽ならカクレクマノミ4匹

・60cmの水槽ならカクレクマノミ5匹

初心者の方には45cmか、60cmのものがオススメです。水量はそれなりに多く、かつスペースはそこまで必要としません。しかし、当然ながら小さいサイズの水槽よりもフィルターも強力なものが必要となります。

小さいサイズの水槽は水温が変化しやすく魚が調子を崩しやすいです。しかし、水槽が小さいと管理もしやすく、場所も取りません。自分の飼いたいスタイルによって変わってくるので水槽選びもそれぞれの特徴を踏まえた上で選んでください。

また水槽にはガラス製とアクリル製があります。

ガラス製は重く衝撃にも弱いですが、傷が付きにくく安価です。

アクリル製は軽く透明度も強度も高いですが、傷が付きやすいです。

水槽に設置するもの

・フィルター

・プロテインスキマー

・照明

・人工海水または天然海水

・クーラー、ヒーター

・エアポンプ

・水槽の手入れセット

上記のものを用意しておきましょう。解説は以下の通りです。

フィルター

フィルターはカクレクマノミの糞や残エサから出た有害なアンモニアを比較的無害な硝酸塩に分解するためのろ過装置です。海水魚は金魚などの淡水魚に比べて、強力なフィルターが必要と言われています。

ですので、30cm水槽なら45cm用のフィルター、45cm水槽なら60cm用のフィルターといったように、大きめのものを使用するといいでしょう。

またフィルターにも色々種類があるのですが、景観を気にしないのならば外部フィルター、お金に余裕があるのならばオーバーフローがオススメです。

プロテインスキマー

水槽の中のタンパク質を除去する装置です。高価ですが、あれば水質をよりよく保つことが出来ます。

上記2つは水槽を清潔に保つための手助けをしてくれる装置ですが、最も重要なことこまめに水を入れ替えることです。

照明

照明をつけて、朝と夜を作ってあげましょう。それにより魚の健康にも繋がります。またいずれイソギンチャクなどを入れたい場合は、強い照明が必要となってくるのでそういったことも踏まえて準備するといいでしょう。

人工海水・天然海水

天然の海水と同じような成分の海水を作ることが出来ます。日本の水道水は綺麗なので外国とは違って水道水から人工海水が作れます。

またお金に余裕があったり、近くに綺麗な海がある方は天然海水を用意しましょう。通販等で、天然海水は購入可能です。

クーラー・ヒーター

魚によって適切な水温があります。カクレクマノミにとって最適な水温は26度程度。夏場はクーラーを、冬場はヒーターを使い、一定の水温を保つことで魚の健康も維持されます。

エアポンプ

水槽に酸素を供給するために必要です。使用するろ過装置によっては必要ないこともあります。

ですが、新しく海水魚を入れる際の水合わせや、人工海水を水道水に溶かすときなどに使用することもあるので、あると便利です。

お手入れセット

水槽を清潔に保つことはとても大切です。水替え用のホースや、水槽の内側を掃除するときに使用する、スクレーパー。水替え時に必要なバケツ等用意しておくといいでしょう。

またあるといいものとして、

・底砂(サンゴ砂)

水槽の底面に敷くことによって水槽内のpHを維持する効果があります。しかし、使用するフィルターによってはサンゴ砂は入れないほうがいい場合もありますので、ご注意ください。

・ライブロック

天然の海で採取された岩です。この岩には様々な生物が付着しており、ろ過バクテリアや有益な微生物の宝庫だと言えます。より、自然の海の環境に近づけるためにとても大切です。

カクレクマノミの餌は?

餌には人工餌と生き餌があります。カクレクマノミには顆粒タイプの人工餌がオススメです。1日2回、朝と晩に2~3分で食べ終わる程度の餌をあげましょう。

生き餌は、アサリや刺身、ブラインシュリンプ、アミエビなどあります。あげてみて、その子にあった餌を選ぶことがいいでしょう。

また、餌のあげすぎは水槽を汚してしまったり、体調を崩す原因ともなりますので、適切な量をあげるといいでしょう。

カクレクマノミの値段はどのくらい?

飼育出来るカクレクマノミには、天然物と、養殖物があります。

天然物は産地により異なりますが、千円弱~数千円。養殖ものは千円前後です。また、飼う数で異なりますが水槽など、用意するものすべてでおおよそ、少なくとも3万円程度必要となってくるでしょう。

まとめ

ファインディング・ニモで一躍有名となったカクレクマノミ。

ですが、実はニモのモデルはカクレクマノミではないんだそうです。実際にはクラウンアネモネフィッシュという魚らしいですよ。ニモの舞台である、グレートバリアリーフにはカクレクマノミは生息していません。

とはいえ、日本の海で見られるカクレクマノミ。とても可愛くて、私もいつか飼ってみたくなりました。その際にはよく勉強して、カクレクマノミにとってよりよい環境で飼えればいいなと思いました。