カミツキガメは加藤英明先生が大好きな亀!噛む力が強い!ペットにできる?

最近は、緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などのテレビ番組でも、紹介されることがおおくなりました。

静岡大学の加藤英明先生が、楽しそうに巨大なカミツキガメを手づかみで持っている映像が印象的です。

その生態や大きさ、寿命、ペットとして飼育できるかなどを調査していきます。

生態

The common snapping turtle (Chelydra serpentina) on a meadow. 出典:123rf

爬虫類のカミツキガメ科です。

背甲の甲板には凸凹の盛り上がり(キール)がやや発達しますが、ワニガメほどではないです。

夜行性です。冬は冬眠をします。

英語ではSnapping-turtleです。

生息地

カナダ南部から、アメリカ合衆国の中部から東部、メキシコ、エクアドル、コロンビア、コスタリカ、グアテマラなどに生息しています。

A common snapping turtle (Chelydra serpentina) walking along the road. Bombay Hook National Wildlife Refuge. Delaware. USA. 出典:123rf

淡水域の水棲の亀です。

静岡大学での研究は?

静岡大学の加藤英明先生は外来種であるカミツキガメやワニガメも研究しています。

本来の生息地であるアメリカ大陸にはワニなどの天敵がいます。

日本の池や河川にはワニなどがいないため、むしろ外来種であるカミツキガメが繁殖しやすいと、加藤先生は説明していました。

大きさ

Chelydra serpentina – caiman predator in the water in the terrarium. 出典:123rf

赤ちゃんは小さくてかわいいですね。

大きいカミツキガメとなると、甲長は49cm、体重は35kgほどになります。成長したカナダオオヤマネコが14kgほどなので、カミツキガメはその二倍の重さです。

A snapping turtle slowly crawls through dense grass and underbrush on its way back to the lake. Several leeches have hitched a ride on top of her shell.
A snapping turtle slowly crawls through dense grass and underbrush on its way back to the lake. Several leeches have hitched a ride on top of her shell. 出典:123rf

ワニガメと比べると、やや小さいですが、それでも、大きな亀です。

噛む力

カミツキガメ
出典:123rf

顎が大きいため、噛む力が非常に強い亀です。

同じカミツキガメ科でもワニガメのほうが大きいため、ワニガメのほうが噛む力が強いです。

噛む力が強いのですが、加藤英明先生は池で発見すると、手づかみで持ち上げます。

水槽の中で水面から顔を出しています。

common snapping turtle
出典:123rf

動物食が強い雑食です。

魚や両生類などの水中の小動物を餌として食べます。

水底を歩いて餌を探します。

寿命

野生での寿命は80年ほどです。

さすが亀なので長生きです。

ペットにできる?

The common snapping turtle (Chelydra serpentina) on a meadow. 出典:123rf

コンクリートの池の中で生活している二匹のカミツキガメです。

外来種のため、国内でペットにすることはできません。

また、たとえ飼ったとしても、噛む力が強すぎるので大変危ないです。

最近は、外来種として、印旛沼など国内の池や沼で繁殖しているという問題があります。

なつく?

The common snapping turtle (Chelydra serpentina). 出典:123rf

子亀の小さいうちなら、なつくかもしれません。

しかし、大きくなってしまうと難しいでしょう。

カミツキガメは動物食が強い雑食で、性格もワイルドです。

噛む力も非常に強い亀です。動きも素早いです。

そのため、あまり人には、なつかないです。

それでも静岡大学の加藤英明先生は大好きです。むしろ、加藤先生がカミツキガメに懐いています。

どこの動物園や水族館でみれる?

さいたま水族館の水槽の中にいる

みさとワールド夢見ヶ崎動物公園や、野毛山動物園、茶臼山動物園、東山動植物園、大牟田市動物園などで、カミツキガメを飼育していて、見ることができます。

まとめ
A snapping turtle with large claws on the gravel in the water. 出典:123rf

最近は、「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などのテレビ番組でも、カミツキガメがワニガメとともに紹介されることが多くなりました。

その番組で、静岡大学の加藤先生が嬉しそうに説明しています。

ワニガメと比べると、やや小型ですが、やはり噛む力は非常に強いです。

外来種のため、国内で飼育することはできませんでした。

ぜひ動物園に見に行きましょう。

仲間の生き物たち

  • センジュナマコはナマコ界のスター!キモ可愛い5つの不思議 私は離島に住んでいるのですが、先日散歩をしながら海を覗いてみるとナマコがいました。 ナマコはウニやヒトデの仲間で棘皮動物です。 ナマコは海胡瓜とも呼ばれています。 確かに海に胡瓜が転がっているようにも見えるような。 見た目が胡瓜に似ているような地味なナマコですが、そんなナマコ界に胡瓜には似ても似つかないとっても派手なスター性のあるナマコが! 今 […]
  • エピオルニスは絶滅した巨鳥。キリン並みの体重!上野動物園で目撃情報? エピオルニス(英語ではElephant […]
  • シロフクロウ!ハリーポッターで人気。値段や飼育法は? 私が子どものころ、大流行した本がありました。それは少年が、魔法学校に入学し、いくつもの試練を乗り越えていく話。 初めて本屋さんで本を予約し、学校が終わったら一目散に本を受け取りに行き、次の日に学校があるにも関わらず夢中で読みふけったものです。 その本というのが、「ハリーポッター」。 シリーズ通して大人気で、映画も公表でしたね。ポッタリアンという言葉も生み出 […]
  • ライチョウ!神の鳥の生息地で何が?絶滅の危機の原因は? 冬のライチョウ(英語ではRock […]
  • フクロウの鳴き声には種類があった!!この声はどんな意味? フクロウやミミズクの鳴き声というと、どんな音を思い浮かべますか?夜の森の中、どこからともなく聞こえてくるような、「ホーホー」という声。私はそんな感じを思い浮かべます。けど、本当に鳴き声ってそれだけなんでしょうか?ちょっと気になりますよね。調べてみると、どうやらその声の種類によって違う意味を表したりしているようです!今回はそんな声に迫ります。 鳴き声をご紹介 A […]