カミツキガメは加藤英明先生が大好きな亀!噛む力が強い!ペットにできる?

最近は、緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などのテレビ番組でも、紹介されることがおおくなりました。

静岡大学の加藤英明先生が、楽しそうに巨大なカミツキガメを手づかみで持っている映像が印象的です。

その生態や大きさ、寿命、ペットとして飼育できるかなどを調査していきます。

生態

爬虫類のカミツキガメ科です。

出典:shutterstock

背甲の甲板には凸凹の盛り上がり(キール)がやや発達しますが、ワニガメほどではないです。

夜行性です。冬は冬眠をします。

英語ではSnapping-turtleです。

生息地

カナダ南部から、アメリカ合衆国の中部から東部、メキシコ、エクアドル、コロンビア、コスタリカ、グアテマラなどに生息しています。

A common snapping turtle (Chelydra serpentina) walking along the road. Bombay Hook National Wildlife Refuge. Delaware. USA. 出典:123rf

淡水域の水棲の亀です。

静岡大学での研究は?

静岡大学の加藤英明先生は外来種であるカミツキガメやワニガメも研究しています。

本来の生息地であるアメリカ大陸にはワニなどの天敵がいます。

日本の池や河川にはワニなどがいないため、むしろ外来種であるカミツキガメが繁殖しやすいと、加藤先生は説明していました。

大きさ

Newborn snapping turtle. Natural scene from Wisconsin. 出典:123rf

赤ちゃんは小さくてかわいいですね。

大きいカミツキガメとなると、甲長は49cm、体重は35kgほどになります。成長したカナダオオヤマネコが14kgほどなので、カミツキガメはその二倍の重さです。

A snapping turtle slowly crawls through dense grass and underbrush on its way back to the lake. Several leeches have hitched a ride on top of her shell.
A snapping turtle slowly crawls through dense grass and underbrush on its way back to the lake. Several leeches have hitched a ride on top of her shell. 出典:123rf

ワニガメと比べると、やや小さいですが、それでも、大きな亀です。

噛む力

カミツキガメ
出典:123rf

顎が大きいため、噛む力が非常に強い亀です。

同じカミツキガメ科でもワニガメのほうが大きいため、ワニガメのほうが噛む力が強いです。

噛む力が強いのですが、加藤英明先生は池で発見すると、手づかみで持ち上げます。

水面から顔を出しています。

common snapping turtle
出典:123rf

動物食が強い雑食です。

魚や両生類などの水中の小動物を餌として食べます。

水底を歩いて餌を探します。

寿命

Large freshwater turtle common snapping turtle, Chelydra serpentina. 出典:123rf

野生での寿命は80年ほどです。

さすが亀なので長生きです。

ペットにできる?

コンクリートの池の中で生活している二匹のカミツキガメです。

Common Snapping Turtle (Chelydra serpentina) is the largest freshwater turtle in the world. Found distribution in the Americas Is a large fleshed turtle
Common Snapping Turtle (Chelydra serpentina) is the largest freshwater turtle in the world.Found distribution in the Americas Is a large fleshed turtle. 出典:123rf

外来種のため、国内でペットにすることはできません。

また、たとえ飼ったとしても、噛む力が強すぎるので大変危ないです。

最近は、外来種として、印旛沼など国内の池や沼で繁殖しているという問題があります。

なつく?

子亀の小さいうちなら、なつくかもしれません。

飼い主の指にしがみついている子亀 出典:shutterstock

しかし、大きくなってしまうと難しいでしょう。

カミツキガメは動物食が強い雑食で、性格もワイルドです。

噛む力も非常に強い亀です。動きも素早いです。

カミツキガメ
出典:123rf

そのため、あまり人には、なつかないです。

それでも静岡大学の加藤英明先生は大好きです。むしろ、加藤先生がカミツキガメに懐いています。

どこの動物園や水族館でみれる?

さいたま水族館で飼育しているカミツキガメ

みさとワールド夢見ヶ崎動物公園や、野毛山動物園、茶臼山動物園、東山動植物園、大牟田市動物園などで、カミツキガメを飼育していて、見ることができます。

まとめ
A snapping turtle with large claws on the gravel in the water. 出典:123rf

最近は、「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などのテレビ番組でも、カミツキガメがワニガメとともに紹介されることが多くなりました。

その番組で、静岡大学の加藤先生が嬉しそうに説明しています。

ワニガメと比べると、やや小型ですが、やはり噛む力は非常に強いです。

外来種のため、国内で飼育することはできませんでした。

ぜひ動物園に見に行きましょう。

仲間の生き物たち

  • 話題のペット「フクロウ」入門!飼う前に知るべき飼育方法は?話題のペット「フクロウ」入門!飼う前に知るべき飼育方法は? 今テレビなどで取り上げられちょっとしたブームです。 そのカフェなどのお店が増え、自宅でも飼ってみたいと思う人も多くなっています。 「飼ってみたいけど、どうするのか判らない!」という人も多いはず。 そんなあなたのために、飼育歴4年の私が、知っておきたいことをご紹介します! 今検討中の方、育てて見たいなって思う方にお役に立てればと思います。 魅力 […]
  • 猫の目の色は不思議!オッドアイとダイクロイックアイの違いは?猫の目の色は不思議!オッドアイとダイクロイックアイの違いは? 不思議ですよね。 […]
  • デカすぎ!巨鳥「ジャイアントモア」絶滅原因と生存可能性を探ったデカすぎ!巨鳥「ジャイアントモア」絶滅原因と生存可能性を探った 生きていたらダチョウよりもはるかにデカかった。 あまりにも巨大すぎることが理由で、他の絶滅した動物の中でも大人気です。 そんな、動物園で見たかったランキングには余裕でトップ5に入る、 巨鳥「ジャイアントモア」の生態、絶滅原因、さらには生存の可能性まで探ってみようと思います。 以外と知らない? 「なんで絶滅したのか?」、「生きてるのか?」という話 […]
  • クオッカを探しに埼玉県に行ってみた!出会えたら幸運?!実は絶滅危惧種クオッカを探しに埼玉県に行ってみた!出会えたら幸運?!実は絶滅危惧種 オーストラリアに生息しているクオッカ(クアッカワラビー)という動物がいます。 埼玉県の動物園で、その目撃情報があるので、行ってみることにしました。 それは「世界一幸せな動物」と呼ばれていますが、何故なんでしょうか? そもそも、クオッカと出会えたのでしょうか? その旅行記を書いていきます。 埼玉県こども動物自然公園まで探しに行った クオッカ […]
  • 「タスマニアオオザリガニ」巨大モンスター。生態と謎に迫る!「タスマニアオオザリガニ」巨大モンスター。生態と謎に迫る! タスマニアには、奇妙な生き物が好きな人間にとって、興味がそそられる奇妙な生き物たちがたくさんいます。 「なんでこんなのになった?」 と言いたい生き物たちはたくさんいるのだが、今回はその中でも巨体が自慢の馬鹿でかいザリガニ「タスマニアオオザリガニ」(英語ではTasmanian freshwater […]
  • デメニギスの目は?人知の想像をはるかに超えた深海魚の生態はデメニギスの目は?人知の想像をはるかに超えた深海魚の生態は 私が初めて彼を見たのはテレビで動いている姿でした。 最初、「えっ!?これ実際の生物?CGじゃないの?」と思ったほど変わっていて、そして強烈な印象でした。 それは何かというと、デメニギス(英語ではBarreleye) みなさんもその姿と生態を知ると驚くことでしょう。 今日はそんな深海魚をご紹介しましょう。 どんな生き物?水族館で公開! 「う […]