ニホンカモシカ

ニホンカモシカ、見たことありますか?

田舎出身者であれば見たことがあるかもしれませんね。ぼくは生まれながら田舎に住んでいたので、牧草畑を駆け抜ける姿はよく見たことがあります。とても素早く俊敏でした。

そんな国の特別天然記念物のカモシカについて調べてみました。

ニホンカモシカについての予備知識

まずはカモシカの知っているようで知らない知識をおさらいしておきましょう!

分類

哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科カモシカ属に分類される偶蹄類。日本固有種。

牛に近いんですね。偶蹄類といえば、牛の病気「口蹄疫」に感染してしまいます。カモシカも口蹄疫には注意ですね。また日本固有種ということで、大切にしていきたい動物の一つです。*口蹄疫とは2010年に流行した家畜ウイルスのことです。

体長・体重

体長は105〜112センチ。

体重は30〜45センチ。

ということで、どちらかといえば小柄ですね。

カモシカの足(脚)は実は太い!?

ニホンカモシカ

勘違いしていませんでしたか?「あの子、カモシカみたいな脚してる!」という言葉がありますね。

ぼくは勘違いしていました。

実はカモシカはそこまで脚が細くありません。カモシカの脚というのは海外にいる似たような「レイヨン」と呼ばれる動物から来た言葉のようです。

ですから、今後「ニホンカモシカみたいな脚だね!」と言われたらシカトしましょう!^^笑

日本の特別天然記念物

知っているかもしれませんが、カモシカは日本の特別天然記念物です。1934年に天然記念物に指定され、その後1955年から特別天然記念物に変更されました。

しかし、九州地方のカモシカは絶滅の可能性が高いとされるレッドリストに指定されています。頑張って生き延びてくれ!

では予備知識はこの辺にしてカモシカの生態に迫っていきましょう。

カモシカの生態に迫る

カモシカの生息地

分布図はこのようになっています。

カモシカ分布
ニホンカモシカの生息地 引用*wikipedia

本州全般の山方面にかけて生息している様子。また、四国、九州にかけても少ないながら生息しているようです。逆に関東圏や、中国地方には生息していないようですね。

岐阜県や、長野県では林業保護のためカモシカの駆除が行われているらしいです。「天然記念物でも、駆除の対象になってしまうんだなぁ。」と思いました。

カモシカの習性

カモシカは単独で行動し、群れを形成しません。ただ、まれに4頭以上で群れを形成することもあるようです。縄張りに関しては同性の間ではかぶる事はないですが、異性間ではかぶっているとの事。

餌に関しては完全なるベジタリアンで、植物の葉や、木の実、樹皮を食べるようです。

寿命

平均的なカモシカの寿命は15年前後です。

しかし、飼育された環境だともう少し長生きで20年以上生きる者もいるようです。最長記録はなんと33歳!人間の平均を70歳だとしたら、このカモシカは軽〜く140歳超えてますね笑

しかし、子育てに関しては厳しい自然が待ち受けているようです。

カモシカの子育ては厳しい道のり

15560423_624
子供のカモシカ 引用;photozou.jp/photo/show/20342/15560423

子カモシカは生まれてきてから1年間で死亡する確率がなんと、50パーセントと言われています。これは、かなり大きくないですか?せっかく生まれてきたのに・・・。

では、なぜこんなに死亡率が高いのでしょうか?

それは、カモシカの生活する場所に関係がありそうです。

子カモシカは雪や、崖で転落することがあるとのこと。このため積雪量が多い年にはさらに死亡率が高くなります。「崖で生活しなければいいのに!」と言いたいところですが、カモシカにもカモシカなりの理由があるのでなんとも言えないですね。

そんな厳しい環境の中でも生き延びた子カモシカは、1年間母カモシカと過ごした後に独り立ちします。めでたしめでたし

まとめ

それでは最後にカモシカに出くわしてしまった時の注意点をまとめて終わりにします。

カモシカ注意!?

カモシカに出くわしたら以下のことに注意です!

1. 近づかない。
2.逃げ道をふさがない。
3.立ち去る・見守る・おどろかせない。

カモシカは人を襲わないとのこと。

山に帰っていくのを見守ってあげてください!

国の特別天然記念物であり、日本の固有種であるカモシカ。今後も絶滅するなんてことがないように人間と共存していければいいですね。