スクリーンショット 2016-08-30 19.41.33

カナダオオヤマネコはネコ科の一種です。でも、どことなく人間が着ぐるみを着ているように見えるのですが、そう感じるのは私だけでしょうか?

その理由は、手足がとても長いからだと思います。特に立ち上がった時の足の長さには驚きました。座っていると普通なんですが、起き上がると手足が長く、顔はネコなんだけど何か体とのアンバランスさを感じます。

だから、着ぐるみのように見えるのでしょう。なんか背中にファスナーが付いていそうです。それにしても、かわいいですよね、一度さわってみたいです。

そんなカナダオオヤマネコですが、どんな生態ををしているのでしょう?また、ペットとして飼えるのか?まで調べてみました。

カナダオオヤマネコとは

カナダやアラスカの森林に生息しています。またアメリカ合衆国のモンタナ州、アイダホ州、ワシントン州にも生息しています。

lynx-canadensis

体長60~110cm、尾長5~17cm、体重7~17kgで、毛の色は全体的に茶色で、そこに黒みがかった斑点がついています。特に冬場は灰色っぽい色も混じりあい、全体的にシルバーに見えます。

また、耳の先端には黒い房毛があり、正面から見ると独特の威圧感を感じさせます。更に、寒冷地の生活に適するように、大きくて長い足を持っています。大きくて長い足には雪道にも負けない強靭な肉体が伴い、それこそが彼らの武器の1つと言えるのかもしれません

因みに、生息地の一環であるカナダのパンフ国立公園では、高速道路をヤマネコが通らないように作られた新たな陸橋でカナダオオヤマネコが目撃されており、陸橋を作ることに貢献した野生生物専門家の人たちを喜ばせたようです。

この陸橋は動物たちが高速道路を安全に渡るために作られたそうで、他の動物たちも陸橋を横断する姿が目撃されています。「高速道路を横断するのはとっても危険なので、良い橋ができて良かったですね〜^^、大いに利用して欲しいです。」

生態は?

いつも単独で行動しています。そして、夜行性で、岩影や灌木でひっそり生活しているため人間の前に現れることはないようです。

木登りが上手で、ネコ科なのに泳ぐこともできるそうですから、ビックリ!です。春には3~4匹ほどの子供を産み、メスは離乳して子供が自立するまで立派に育てあげます。

尚、カナダオオヤマネコの主食は、うさぎ、鳥、リス、ネズミ、昆虫などで、中でも大好物はカンジキウサギです。

また、目がすごく良いこともあり、縄張りは非常に広範囲で1日に20~40kmも移動し、獲物を探すこともあります。

そんな、カナダオオヤマネコですが、ペットとして飼えるのでしょうか?また、日本で見れる動物園はあるのか?調べてみました。

次はカナダオオヤマネコはペットとして飼える?日本では見れる?

bb13e5a34bb7cad8193a9804be5e706d

ペットとしても

日本国内でペットにすることも可能です。が、市区町村においての届け出が必要になります。「猛獣飼育許可」を申請し、許諾されると「飼育許可証」が発行されます。

尚、許諾の条件として

  • 飼育・教養に関して専門的な知識を有すること。
  • 飼育設備が整っていること。
  • 敷地内での檻での飼育のみとする。

ということをクリアしなければなりません。檻のサイズはそれぞれの自治体によって異なりますので、よく確認の上購入することが大切です。

それにしても、一生檻から出してあげることができないのは、ちょっとかわいそうな気がします。エサ代もかなりかかりますから、現実的に考えるとペットにするのはかなり難しい選択です。

飼育している人

世界的に見ると、海外ではペットにしている人もいるようです。触ったり、抱っこしている画像もありとてもよく人間に慣れています。一度はモフモフしてみたいですよね。

しかし日本では、以前ペットショップから購入した人がいる、という噂は聞きましたが実際に飼育しているかはわからないので、残念ながらハッキリした回答はできないです。

かつては多くの動物園にて飼育されていたようですが、今はどこの動物園にも見られず、サファリパークでも存在を確認できなくなりました。とても残念です。

どうやって販売

fa9ff4f7

出典

カナダオオヤマネコを販売しているショップは国内に2件ほどあったようですが、いずれも売れてしまい今はどこでも取り扱っていません。

ですが、

どうしても欲しい!

という方には、予約をして購入することも可能かと思いますので、インターネットで調べてみてある程度の目星を付けた上で、ペットショップに問い合わせてみましょう。

ただ予約した場合は、届くまでに1年近くかかることもあるようですので、気長に待つしかありません。

価格は

ペットショップでの価格帯ですが、大体100万~200万円が妥当なようです。しかも檻の購入金額や、毎日のエサ代を想定すると、かなりの出費になります。

まとめ

カナダオオヤマネコに限らずオオヤマネコ類は、その毛皮欲しさに捕獲の対象とされています。更に、各地での生息域減少が原因でその数を減らしつつあり、アメリカ合衆国では絶滅危惧種に指定されています

日本で見ることはできなくなってしまいましたが、インターネットで世界各国での様子を伺い知ることができ、とてもうれしいです。外国でペットとして飼われているのを見るとうらやましい!の一言で、ぜひ抱っこしてみたいです。

そして、野生のカナダオオヤマネコもいつか見てみたいです。

関連記事
太ったネコ?それはヨーロッパオオヤマネコ!ペットとして飼える?(シベリアオオヤマネコ)