雉は日本の国鳥です。一番有名なのは、伝説の桃太郎のお供をした雉です。

現在はCMで俳優の松田翔太さんが演じる桃太郎が真っ先に思い浮かべられます。お供の雉は、真っ先に偵察して勇敢に鬼と戦っていましたが、はたして本当の雉はどうなのでしょうか? また、以前は一万円札のデザインにも使用されていました。

空を飛ぶのが上手なのか、苦手なのかや鳴き声などを調べていきます。

まずは生態から。

雄の雉

生態と生息域

上の写真はオスの雉です。目の周りが赤く、胴体は緑色、頭部は鮮やかな青緑色です。羽は褐色でまだら模様です。かなりきれいでカラフルな鳥ですね。メスは茶褐色でオスほどカラフルではありません。

種類としては、キジ目キジ科キジ属のキジで、どこをどうとってもキジですね。

北海道を除く日本全土に生息しています。渡り鳥ではないため、あまり移動はしません。このように季節ごとにあまり移動せず、年間を通して同じ場所に生息している鳥を留鳥といいます。雉は留鳥です。

北海道や対馬にはコウライキジが放鳥されています。

雉は雑食で昆虫や植物の実などを餌としています。

桃太郎のイメージでは、雉は鳩くらいの大きさの鳥だと思われていることが多いです。しかし、オスの雉は体長80cm前後あります。 かなり意外で、大きな鳥なんですね! もっと小さいかと思っていました。

下の写真はメスの雉です。

メスの雉

全体的に茶褐色で、オスのようなカラフルさはありません。

ちなみに、猫のキジトラはこの雉の模様や色合いと似ていることが由来です。

メスの体長は60cm弱です。

下の写真は、若いオスの雉です。 まだ、色がはっきりしていないため、見た目だけではメスと識別が難しいですね。

若いオスの雉

巣や卵、雛は?

雉はあまり飛ばない鳥なので、地面に巣を作ります。春から初夏にかけて、卵を10個前後産みます。

雉は春に繁殖期に入り、求愛行動をします。 また、雄の縄張り争いは激しいです。

最近はコウライキジとの交雑も進んでおり、なかなか純粋な雉との鑑別は困難となってきています。

下の写真は雉の雛です。まだらの茶色が雉らしさを感じて、かわいいです。どんな鳥の雛でもかわいいですね。

雉の雛

飛ぶのは下手!

桃太郎では勇敢に飛んでいるイメージがあります。しかし、実際の雉はあまり飛びません。かなり意外ですね。飛んでも、低空飛行です。そのかわり、走る速さはかなり早いです。時速30km前後で走ることもあるそうです。

ウサイン・ボルト選手の平均時速が37km程度ですので、それほどではありませんが、雉もなかなかです。

結局、桃太郎では雉は走って鬼に突撃していたのでしょう。さすがの鬼もひとたまりもありません。

次は鳴き声についてです。

キジの鳴き声

雉の鳴き声

上の動画からわかるように、雉のオスは「ケーン、ケーン」と聞こえます。

メスは「チョッチョッ」と鳴きます。このあたりも、桃太郎の話からは想像がつかないですね。

日本の国鳥

雉は日本の国鳥です。1947年に日本鳥学会が国鳥にキジを選定しました。

アメリカでいうところのワシ、ニュージーランドでいうところのキーウィにあたります。一万円札のデザインに使用されていたこともありました。

出典 情報本部

上の写真は防衛省の情報本部のロゴです。しっかりと雉の絵が描かれていますね。桃太郎で雉は空を高速で飛行し、情報を収集している話から、また、雉は人体に感じることができない地震などを察知できることから、ロゴに採用されました。 桃太郎の雉の役目が、情報本部の任務と相通ずるということです。

実際の雉はあまり飛ばないんですけどね! 地震のような微弱な振動を感じることができるのは本当です。

また、日本の最初の元号である大化の次の元号は白雉です。古事記や日本書紀によると、孝徳天皇の時代に長門国(現在の山口県あたり)から白い雉が献上されたそうです。昔から白い雉は縁起がいいといわれています。白い動物はだいたい縁起がいいといわれていますね。

縄張り争いや求愛行動のときに、羽をばたつかせることを雉の「母衣(ほろ)打ち」といいます。戦国時代に騎乗した大名を守るために、布でできた大きな傘のような物をもって、周りを囲んでいた武将たちのことを「母衣衆」といいます。母衣打ちが語源という説もあります。

雉にちなんで、その布の色も赤や黒など派手でした。なので、赤母衣衆とか黒母衣衆などといいます。今でいうところの親衛隊ですね。

文学としては、春に求愛行動をして目立つことから、和歌や俳句では雉は春を表す季語となっています。昔から雉の語句が入っている和歌や俳句は多いです。

最後に

雉について調べてきました。桃太郎の伝説でのイメージとは違いましたが、カラフルさはイメージどうりでした。

あまり飛ばないけど、走る速さや鳴き声は意外でした。

また、昔から日本の歴史や文化、文学と深い関わりがあり、そのため国鳥としてふさわしいと思いました。ぜひ、山林などにハイキングに行く際は、雉を見つけてみましょう。