コツメカワウソを探しに埼玉の動物園に行ってみた!生態も調査!実は絶滅危惧種。

自然に近い環境のなかにコツメカワウソがいると聞いて、またまた、埼玉県こども動物自然公園に探しに行きました。

すごく可愛いので、今や大人気となっていますね。ほとんどの動物園で飼育しています。

また、絶滅危惧種となっているそうです。

そんな希少なコツメカワウソを探して出会うまでの道程を追っていきます。

また、生態についても調査していきます。

探して出会うまでの道程

埼玉県こども動物自然公園の入場口

真夏の晴天で暑い日に埼玉県こども動物自然公園にやってきました。入り口は混雑しています。

さっそく、入場すると、ちょっとした滝があります。涼しげですね。

入り口の直ぐ近くにある滝

フラミンゴなどの像も設置してあります。横の階段を上っていきます。

さらに真っすぐ進むと、レッサーパンダの形に綺麗に剪定された植木があります。可愛いですね。

レッサーパンダの形をした植木

さらに、進むと噴水と大きな塔があります。やはり真夏の暑い中、一服の涼しさを与えてくれます。

ここを向かって右に進みます。

噴水と高い塔

噴水の所を右に行くと、コツメカワウソやウサギがいる「なかよしコーナー」への案内の看板があります。

道案内の看板

途中に、大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館もあります。

古い洋館みたいな作りで、趣があります。

大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館

その洋館の右の小道を抜けていきます。

小道の途中に、また、「なかよしコーナー」への案内の看板もありました。

この動物園は敷地が広く、目的地にたどり着くまで、坂道も多く、距離も長いです。

なかよしコーナーへの案内の看板

ちょっとした散歩どころか、ハイキングみたいになります。

「なかよしコーナー」の入り口には木製のコツメカワウソの看板があります。看板」も可愛いですね。

コツメカワウソの看板

さっそく中に入ると、探していたコツメカワウソを発見しました。

こちらを向いてくれています。

みんなで遊びながらこちらを振り向いてくれている

暑い日差しの中、みんなで仲良く走り回っています。

飼育スペースはかなり広いです。

ちょっとここで、生態などについて調べていきます。

生態

毛づくろいをしている

イタチ科カワウソ亜科です。

英語ではsmall clawed otterです。

背中は褐色から灰褐色です。頬から首にかけては白いです。そこがまた可愛いです。

カワウソというだけあって、指の間には水掻きがあり、水中を泳ぐのが得意です。

生息地。実は絶滅危惧種

みんなで集まっている

インドから東南アジア、中国南部、フィリピンにかけての湖や河川、沼地などの湿地帯に生息しています。

絶滅危惧種の割には、比較的広範囲に生息しています。

しかし、アジアの工業化や森林開発のため生息地が減少しています。また、工業化などによる水質の悪化などもあり、絶滅危惧種となっています。

大きさ

出典:PIXTA

成長すると、体長は65cm弱、尾長は35cm程度まで大きくなります。

体重は5.5kg弱となります。

排水溝のふたの上で遊んでいる

同じイタチ科のイタチよりはかなり大きいです。しかし、同じイタチ科のラーテルよりはかなり小さく、半分以下の重さです。

川の中を歩いている

肉食です。

淡水中の小魚やエビやカニなどの甲殻類、昆虫、貝類、爬虫類などを食べて成長します。

寿命

地面に座って休んでいる

野生での寿命は10~15年です。

出典:PIXTA

動物園や水族館での飼育下では23年くらい長生きすることもあります。

なつく?

A pair of otters playing in the water. 出典:123rf

コツメカワウソは群れで生活しており、みんなで仲良く遊んで暮らしています。

小さいころから飼育すると、人懐っこく、飼い主の周りを動き回ります。つぶらな瞳で見つめながら、飼い主に「遊んでー」と言っているようです。

ペットとして飼える?

寝ている

コツメカワウソはワシントン条約附属書Iに掲載されている絶滅危惧種なので、野生の個体は入手できません。

国内で繁殖した個体であれば販売されています。人工繁殖した個体であれば、ペットとして飼えます。

しかし、一頭100万円以上します。かなり高額ですね。

他に見ることのできる動物園は?

Otter in the zoo next to the pool. Animals in captivity. Wet cute animal. 出典:123rf

北から、札幌市円山動物園や那須どうぶつ王国、日立市かみね動物園、東武動物公園、上野動物園、多摩動物公園、伊豆シャボテン公園、東山動植物園、神戸市立王子動物園、アドベンチャーワールド、愛媛県立とべ動物園、高知県立のいち動物公園、福岡市動物園、長崎バイオパーク、鹿児島市平川動物公園などで、コツメカワウソを飼育しています。

大人気なので、日本全国北から南まで、ほとんどの動物園で飼育しています。特に、埼玉県こども動物自然公園では、飼育スペースが広く、また拡張工事中です。

飼育スペースの木の塀。上部はオープンスペースとなっている。隣は拡張工事中。

飼育スペースの壁の木の板の高さが低めで、上部がオープンで、ガラスや金網などの障害物がないため、コツメカワウソをそのまま近くで見ることができます。

岩の上に座って見上げている

中には川や池もあり。コツメカワウソたちはみんなで楽しそうに遊ぶことができます。かなり自然に近くて活動的な様子を見ることができる動物園です。

まとめ
出典:PIXTA

埼玉県こども動物自然公園までコツメカワウソに出会うために探検に行ってきました。

そこは、かなり自然環境に近い場所でした。

生態なども調査しました。

可愛いコツメカワウソたちは、みんなで仲良く遊んでいましたね。

また、会いに行きます。

仲間の生き物たち

  • 生きた化石「カモノハシ」あなたの知らない5つの不思議を検証!猛毒!? 生きた化石と言われる「カモノハシ」(英語ではPlatypus)は、かなり不思議に溢れた動物です。 哺乳類の単孔目です。 今回はそんな不思議溢れる動物の生態と気になる5つの不思議を調査してみました! 生態 Platypus in an aquarium in Tasmania, […]
  • アカアシモリフクロウの魅力!人に慣れやすい? ふわふわもっこもこの羽毛、愛らしさと鋭さのつまったくりくりと動く瞳、その上にふさっと生える羽角、静かに空を飛ぶ翼、たくさんの魅力があります。 今回は、「足」にある特徴から名前をつけられたフクロウについて紹介しますね。 それはずばり「アカアシモリフクロウ」(英語ではRufous-Legged […]
  • 手乗りセキセイインコの育て方はこれだ!雛の飼育方法と飼い方は? セキセイインコを手乗りさせるためにはヒナから育てないとなかなか馴れてくれませんが、ヒナから手間をかけて育てたら、ベタベタに馴れてくれて、初めてインコちゃんを飼う方には感動ものです☆ 私もヒナから育て、手の中で寝てくれるくらいまで馴れてくれました。 そんなインコちゃん初心者に最低限知っておいたほうが良い飼い方、育て方、コツを、ペットショップで働いていた経験も含めご […]
  • フクロウの鳴き声には種類があった!!この声はどんな意味? フクロウやミミズクの鳴き声というと、どんな音を思い浮かべますか? 夜の森の中、どこからともなく聞こえてくるような、「ホーホー」という声。 私はそんな感じを思い浮かべます。 けど、本当に鳴き声ってそれだけなんでしょうか? ちょっと気になりますよね。 調べてみると、どうやらその声の種類によって違う意味を表したりしているようです! 今回はそんな […]
  • 猫の習性や行動!すりすり、舐める、甘噛みについて? 猫は犬に比べて、愛情表現に乏しいな~と思われている方は少ないですよね。どちらかというとクールな表情が多い印象です。しかし、喉をゴロゴロと鳴らしたり、頭をスリスリとこすりつけてきたり…。いっしょに生活していると「これは甘えているんだな」という瞬間がいくつもあります。 この記事では、 どんな習性がある?愛情表現として行っている5つのしぐさ。尻尾にも感情が現れるって本 […]