AMPページの文字が小さくて読みづらい時は、通常ページをご覧ください。

コツメカワウソを探しに埼玉の動物園に行ってみた!生態も調査!実は絶滅危惧種。

自然に近い環境のなかにコツメカワウソがいると聞いて、またまた、埼玉県こども動物自然公園に探しに行きました。

すごく可愛いので、今や大人気となっていますね。ほとんどの動物園で飼育しています。

また、絶滅危惧種となっているそうです。

そんな希少なコツメカワウソを探して出会うまでの道程を追っていきます。

また、生態についても調査していきます。

コツメカワウソを探して出会うまでの道程

埼玉県こども動物自然公園の入場口

真夏の晴天で暑い日に埼玉県こども動物自然公園にやってきました。入り口は混雑しています。

さっそく、入場すると、ちょっとした滝があります。涼しげですね。

入り口の直ぐ近くにある滝

フラミンゴなどの像も設置してあります。横の階段を上っていきます。

さらに真っすぐ進むと、レッサーパンダの形に綺麗に剪定された植木があります。可愛いですね。

レッサーパンダの形をした植木

さらに、進むと噴水と大きな塔があります。やはり真夏の暑い中、一服の涼しさを与えてくれます。

ここを向かって右に進みます。

噴水と高い塔

噴水の所を右に行くと、コツメカワウソやウサギがいる「なかよしコーナー」への案内の看板があります。

道案内の看板

途中に、大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館もあります。

古い洋館みたいな作りで、趣があります。

大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館

その洋館の右の小道を抜けていきます。

小道の途中に、また、「なかよしコーナー」への案内の看板もありました。

この動物園は敷地が広く、目的地にたどり着くまで、坂道も多く、距離も長いです。

なかよしコーナーへの案内の看板

ちょっとした散歩どころか、ハイキングみたいになります。

「なかよしコーナー」の入り口には木製のコツメカワウソの看板があります。看板」も可愛いですね。

コツメカワウソの看板

さっそく中に入ると、探していたコツメカワウソを発見しました。

こちらを向いてくれています。

みんなで遊びながらこちらを振り向いてくれている

暑い日差しの中、みんなで仲良く走り回っています。

飼育スペースはかなり広いです。

ちょっとここで、生態などについて調べていきます。

コツメカワウソの生態

毛づくろいをしている

イタチ科カワウソ亜科です。

背中は褐色から灰褐色です。頬から首にかけては白いです。そこがまた可愛いです。

カワウソというだけあって、指の間には水掻きがあり、水中を泳ぐのが得意です。

生息地。実は絶滅危惧種

みんなで集まっている

インドから東南アジア、中国南部、フィリピンにかけての湖や河川、沼地などの湿地帯に生息しています。

絶滅危惧種の割には、比較的広範囲に生息しています。

しかし、アジアの工業化や森林開発のため生息地が減少しています。また、工業化などによる水質の悪化などもあり、絶滅危惧種となっています。

大きさ

成長すると、体長は65cm弱、尾長は35cm程度まで大きくなります。

体重は5.5kg弱となります。

排水溝のふたの上で遊んでいる

同じイタチ科のイタチよりはかなり大きいです。しかし、同じイタチ科のラーテルよりはかなり小さく、半分以下の重さです。

川の中を歩いている

肉食です。

淡水中の小魚やエビやカニなどの甲殻類、昆虫、貝類、爬虫類などを食べます。

寿命

野生での寿命は10~15年です。

地面に座って休んでいる

動物園や水族館での飼育下では23年くらい長生きすることもあります。

他にコツメカワウソと出会える動物園は?

次のページ↓