この記事には広告やプロモーションが含まれています。

「イソギンチャク」の飼育できる種類!クマノミとの共生も

水族館などで人気者のイソギンチャクです。私もスキューバダイビングの際、海で見かけるとテンション上がります。今日はその種類やアクアリウムでの飼育、クマノミとの混泳や共生などをご紹介していきましょう。

イソギンチャクとクマノミの共生

Clownfish in the sea anemone at the bottom of the Red sea in Egypt, travel concept. 出典:123rf

クマノミはイソギンチャク(英語ではSea Anemone)と共生しています。その触手には刺胞があり、クマノミ以外のお魚を近づけません。クマノミは、その刺胞に順応する能力を身に着けているので、その中にかくれることができます。では、なぜクマノミは刺されないのでしょうか?この二つの生物の不思議な関係の謎解きの一端を解き明かしたのが、日本の高校生だったのです。これには大変驚きですね。彼女たちはクマノミの出す粘液とイソギンチャクが刺胞を出す条件を見つけたのです。イソギンチャクが刺胞を出すタイミングは刺激(魚が触れる等)ではありません。マグネシウムの濃度が海水より低い場合のみ刺胞が出ることが判明したのです。そして、クマノミが出す体表の粘液に含まれるマグネシウム濃度を調べると、海水よりも濃く、近縁のスズメダイの10倍だったことが分かりました。さて、クマノミ側は身を守るということでイソギンチャクの力を借りていますが、イソギンチャクにとってはどうなのか、次に説明します。

イソギンチャクにとっての共生するメリットは?

イソギンチャクは「褐虫藻」という藻類も一緒に住まわせています。この藻類を住まわせる代わりに、藻類が光合成をして作った栄養を分けてもらっています。クマノミが排泄をするとそれが藻類の栄養となり、育ちます。藻類が育てばイソギンチャクにとっても嬉しいことですね。そして、クマノミがイソギンチャクの中を泳ぎまわると触手がゆらゆら動くことになります。そうやって触手が動くことで、海水が流れ込み、触手の間に溜まっていたゴミを洗い出してくれる役割となっているのです。

Yellow encrusting Sea Anemone, Parazoanthus axinellae, Cabo Cope Puntas del Canegre Natural Park, Mediterranean Sea, Murcia, Spain, Europe. 出典:123rf

また褐虫藻が生み出した栄養が触手を動かすことで全体によく届くようになり、イソギンチャクの成長が早まる効果もあります。クマノミを取っ払ってしまうと、イソギンチャクは成長が滞ります。お互い素敵な関係で共生しているのですね。クマノミがイソギンチャクの中や上でゆらゆら泳いでいる姿はかわいいです。

イソギンチャクの種類

シライトイソギンチャク

白くて細長いです。

シライトイソギンチャク 出典:PIXTA

ライトで紫色に光っています。

センジュイソギンチャク
センジュイソギンチャク  出典:PIXTA

ちょっとだけ、センジュナマコに形が似ていますね。

ハタゴイソギンチャク
ハタゴイソギンチャクとカクレクマノミ 出典:PIXTA

カクレクマノミがイソギンチャクの隙間に住み着いている様子がわかりますね。

イボハタゴイソギンチャク
アクアリウムのイボハタゴイソギンチャク 出典:PIXTA

こちらはかなり大きいです。

サンゴイソギンチャク
伊豆の海に生息するサンゴイソギンチャクとクマノミ  出典:PIXTA

これにもクマノミが共生しています。

タマイタダキイソギンチャク
タマイタダキイソギンチャク 出典:PIXTA

同じ刺胞動物で珊瑚の仲間にウミサボテンがいます。

発光する生物です。

まとめ
出典:PIXTA

ここまで、いろいろな種類のイソギンチャクの画像を紹介してきました。まだまだ、ほかにもたくさんの種類がいます。アクアリウムでも、お魚さんたちといっしょに飼育してみたいですね。

仲間の生き物たち

  • ヤドカリの生態について。飼育するためには人工海水やヒーターが必要。アクアリウムで混泳もできる 潮干狩りや海などに行くと、ヤドカリが砂浜を歩いている姿を見かけることもありますよね!「小さいお子さんは、自宅に連れて帰って飼育してみたい!」と思うかもしれません。ヤドカリの飼育は簡単に行うことが出来るのでしょうか。「家で飼うことって出来るの? 」そこで今回は、ヤドカリを家で飼育する時のポイントや準備しておきたいグッズなどについてお伝えします。 生態 Small […]
  • 死亡事故も…○○に集まる習性がある鮫より危険な「ダツ」の正体とは?? 私は海の世界が大好きで海遊びを色々します。海は楽しい反面、危険なことも盛りだくさん。だいたい、海の危険生物といえば、鮫を思い浮かべる人が多いと思いますが、それよりも危険な生物がいました。それは「ダツ」です。それって魚の名前?と、初めて知った時、名前からは何も想像出来ませんでした。ですが、海が好きなら知っておくべき魚だったのです。今日はどういう魚かご紹介しましょう。 ど […]
  • 縁起のいい鳥は幸運を運んでくる!その意味は?置物で金運アップ! 鳥のモチーフは「幸せを運んでくれる」と古今東西多用されています。しかも、種別に、幸運の意味が異なります。鳥のモチーフは、世界中で、愛された形ですね。アクセサリーでは今でも必ず、ネットやカタログですぐに見つかります。 鳥は幸運や金運を運んでくる 鴨 なぜならば鳥は、昔の人が得られなかった、飛ぶと言う能力があります。それが由来で鳥のモチーフは、自由や飛躍の象徴 […]
  • 地獄の吸血イカ!恐ろしい名前の深海生物コウモリダコ!!本当はイカ? 深海生物にはたくさんの不思議生物がたくさんいます。名前も変わっている生物がたくさんいますね。今日はそんな深海のマスコット的存在の、「コウモリダコ」(英語ではVampire […]
  • フクロウの鳴き声には種類があった!!この声はどんな意味? フクロウやミミズクの鳴き声というと、どんな音を思い浮かべますか?夜の森の中、どこからともなく聞こえてくるような、「ホーホー」という声。私はそんな感じを思い浮かべます。けど、本当に鳴き声ってそれだけなんでしょうか?ちょっと気になりますよね。調べてみると、どうやらその声の種類によって違う意味を表したりしているようです!今回はそんな声に迫ります。 鳴き声をご紹介 A […]