泳いでいるクサガメ

日本にいる亀「クサガメ」

小さい頃の呼び名は「ゼニガメ」と呼ばれることもあり、知名度はなかなか。そしてついにはポケモンの名前にも。(ちなみにポケモンの最終進化系は「カメックス」で、ゴツくなります)

そんなことはどうでもいいですが、クサガメの寿命を調査し、まとめてみました!

クサガメ(ゼニガメ)の寿命

現在は数は減少しておりペットとしては、ミドリガメに次ぐペット用の亀として名高いクサガメ。そんなクサガメの寿命は長いのでしょうか?それとも、ミドリガメよりも短いのでしょうか?

クサガメの平均寿命

25年ほど!

ミドリガメと同じくらい生きるようです。というのもクサガメもミドリガメも水棲ガメと言い、リクガメとは違う種類。大きさ、成長スピードもミドリガメとあまり違わないようですね。

25年は、なかなかの年月です。ですからクサガメをペットとして飼育するさいは「四半世紀共に過ごすこと」を心に誓った方が良さそうです。せっかく飼育するのであれば、飼いきれなくなり川に放すなどしないようにしないといけませんね!

しかし、子亀はあまり長生きしないことがあるので注意が必要です。

その原因、理由についてはミドリガメについての記事で説明していますので、こちらの記事で確認お願いいたします。

こういった理由があるので、生後1年ほどが長寿の分かれ道です。数年生きたらあとは大丈夫なので、20年以上は生きる可能性大ですね。

そんな25年でも長寿ペット筆頭の亀ですが、すごく長生きをしたクサガメさんがいたそうです。

約半世紀!最長寿命のカメコさん

残っている限り最長の寿命を記録したクサガメは石川良輔さんが書いた本に登場する「カメコ」さん。なんと寿命は45歳!

こんなに長生きする水棲ガメはほんとーに稀で、滅多にこんなに長生きはしないようです。それにしてもの話ですが、もし仮に小学生の時に飼ったのであれば、50歳すぎていても生きているのですからその長生きぶりがわかりますね!

しかし!

本当かは分かりませんが、さらに上もいたもよう。

クサガメ

100歳!?のクサガメ

博物学者の南方熊楠氏(1867~1941)の飼育していたクサガメ「お花」です。氏は、カメを60匹飼っていたそうですがその内の1匹、クサガメの「お花」は、氏が亡くなった後も生き続け2001年7月に亡くなったそうですが、なんと、享年100歳といわれてます。*引用

なんとなんとこんな情報を発見。お花さんすごい長生き!

博物学者であり、カメを60匹も飼育いたとのことですから、カメの生態を熟知していたのかもしれませんね。ペットとして飼っているあなたのクサガメもこのくらい長生きしてもらうことができるかもしれないです。

では、これほど長生きさせるにはどうしたらいいのでしょう?

次はクサガメ長生きの秘訣!

クサガメ

クサガメの長生きの秘訣

カメを飼育することは簡単そうに見えて、意外に複雑。甲羅干し、水槽の掃除、水の交換などなどカメの日課を大切にしてあげることが大切です。夏場は温度にも注意してあげましょう。

クサガメは雑食で、餌は水中の貝類や甲殻類、水草などです。

クサガメが30年以上生きたのであれば立派に育てたと自慢してもいいくらいです。

クサガメ(草亀)

次はクサガメの子供「ゼニガメ」について。

クサガメの幼亀のゼニガメ

クサガメの幼亀であるゼニガメ

この画像は幼体のクサガメのゼニガメです。子亀でも、やはり顔がクサガメですね。

大きくなっても放流しないよう!

現在ペットとして飼われていたカメが野生化し、生態系を崩していることが問題になっています。

その原因のほとんどがミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)ですが、クサガメも例外ではありません。特に古来から日本に生息していたニホンイシガメに大きな影響を及ぼしているようです。

ですから、ペットとして飼うからには大きくなっても20年以上飼うことを前提にしましょう。日本の在来種で生息域が減少しているニホンイシガメについてはこちらも。

最後に

幼い頃は「ゼニガメ」としてとても可愛らしく、そして成長するにつれて大きくなり、「可愛い!」というよりは「長年過ごした相棒」としてのペットであるクサガメ。

最長年齢は100歳?または45歳という記録も残っているペットです。

せっかく縁があって一緒になったクサガメ君ですので、長い年月をゆっくりと過ごし、思い出を分かち合う仲になって欲しいと勝手に願う筆者。

そんな長生きなペットであるクサガメとスローで楽しい日々を送ってもらえれば幸いです。

亀の寿命が長い理由についてはこちらも。