メンフクロウは、少し怖いけど、じわじわ可愛い!生態や飼育法



首をかしげる 出典:PIXTA

メガネを掛けたような見た目のメガネフクロウ、耳がピンと立ったウサギのようなウサギフクロウ、体をしゅっと細めて警戒のポーズをとるアフリカオオコノハズク、バームクーヘンのような顔立ちが特徴的なカラフトフクロウ。

それぞれがとっても個性的で、ユニークな特徴を持っています。けれど、その中でもさらに目立つのが一羽います。

それが「メンフクロウ」(英語ではBarn owl)。

実はこれ、一部の方には「怖い」って言われる顔つきをしているんです。では、どんなところが怖いのでしょうか?

それも含めてご紹介していきますね。

メンフクロウの特徴は?

冒頭でも言ったとおり、一部の人には「怖い」と言われる顔立ちのメンフクロウ。

私はもう、この顔は高貴な感じがして、美しくてたまらない魅力だと思っているのですが、試しに「怖い」というかたがたに「どこが怖いのか?」と聞くとこんな声が返ってきました。

「顔がべりってとれそうで怖い!」

これを聞いた瞬間、笑いとともに思わず「なるほど!」と手を打ってしまいました。

確かにこのメンフクロウ、顔の模様がほかのフクロウとだいぶ違うんです。

まず、顔は真っ白な羽毛に覆われており、林檎を縦にしたような形をしています。そして顔の周りをミルクティー色の短い羽毛が縁取っているんです。

目はつぶらな丸い形で、瞳の色は黒色。

さらに、くちばしは薄い黄色なのですが、そのほとんどが短い羽毛で覆われています。

そう、この縁どり。これがメンフクロウの「メン」の由来となった「お面」っぽい印象を与えた理由であり、「顔がべりって取れそう!」と言われる理由でもあります。

確かに顔がべりって取れそうな動物って怖いですよね。

ブラックメンフクロウもいるらしい!

ちなみに背中がわは淡い茶色と灰色と白のまだら模様で、とても複雑かつ美しい模様の羽毛が密集しています。

おなかにはもふもふの白い羽毛と茶色の斑点。足首まで白い羽毛に覆われているんですよ。

余談ですが、色味がそのまま焦げ茶色になっている「ブラックメンフクロウ」なる種類も存在するのだとか……。

メンフクロウを怖いと思う方にはさらに怖いかもしれません。

ちなみに、その怖さを克服する方法を知っていますか?

ズバリ「横から見ること」。

横から見ると、「はがれそうだな」って思っていた部分がきちんとつながっていることが確認できます。

大きさは?

仲良く並んでいる 出典:blog.goo.ne.jp/curoya

メンフクロウはフクロウの中では中型種に分類されます。大きさはだいたい25~40cmほど。

体重は200~500gほどです。

寿命は?

出典:PIXTA

メンフクロウの寿命は、飼育下で15~20年ほどです。

性格は?

メンフクロウの気性は比較的穏やかで、温厚な方だといわれています。その一方でとってもデリケートなんです。

ストレスに弱い一面もありますので、飼育するときは十二分に注意してくださいね;;

値段はどのくらい?

Barn owl – Tyto alba – in autumn forest with red leaves. 出典:PIXTA

メンフクロウの値段はだいたい10~20万円ほど。

人気が高く、繁殖数も多いため、ほかのフクロウに比べてリーズナブルな価格となっています。

どこで販売されているの?

メンフクロウは猛禽類を扱っているペットショップや、フクロウ専門店などで販売されています。

そのほか、ネットでも予約ができたりすることがあるので、ぜひ調べてみてくださいね。

メンフクロウの生態は?

空を飛ぶ

完全な夜行性です。

確かに私が以前行った掛川花鳥園では、ずーっと目を閉じていた気がするなぁなどとしみじみ。

夜間の活動的なところも見てみたいですね。

肉食です。小動物などを餌として食べます。そして鋭い爪をもっています。

生息地

納屋にいる

メンフクロウは南アメリカ、北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、東南アジアなど、様々な場所に生息しています。

また、色々なところに生息しているからか、人との交流は多々あります。

たとえば畑の近くにメンフクロウが巣を作ることのできる場所を設置したり、納屋に巣を作ったり。

英語では「Barn Owl」と呼ばれており、直訳すると「納屋のフクロウ」なのだそうです。そういうところも繁殖数の多い理由の一つです。

どんな風に鳴くの?鳴き声は?

とってもユニークな顔をしたメンフクロウ。いったいどんな風に鳴くのでしょうか?

動画をご紹介しますね。

これはびっくり!「ホーホー」という穏やかな感じの鳴き声ではなく、「ギューギュー!」と鳴いています。

呼び鳴きや餌鳴きの時はもっと大きな声で鳴くこともあります。

ヒナのころの鳴き声は、あんまり大人の鳴き声と変わらないです。

飼育するときに気を付けることは?

さきほども言いましたが、メンフクロウはとってもデリケートなフクロウです。

可愛らしいですし、もふもふしているので触りたくなる気持ちはとってもとってもとーってもわかるのですが、最初のうちはそれはぐっと我慢しましょう。

なつく?

まずは飼い主さん自身が、メンフクロウが危険な生き物ではないということをちゃんと理解してもらわないといけません;;

そうして関係性を築いていけば、懐いて、きっとそのあたまをもふもふなでなでさせてくれる日もきっと来るでしょう!

また、爪はとても鋭いので、腕に乗せたりするときは手袋が必須です。

こちらはフクロウを販売しているお店に一緒においてあることが多いので、お店の人と相談しながら購入していきましょう。

雛も、かわいい!

赤ちゃん 出典:shutterstock

メンフクロウの赤ちゃん(雛)もかわいいです。見方によっては、宇宙人のようにも見えます。

ヒナのころから育てると、人に懐きやすくなります。

メンフクロウに出会える場所

ここまでメンフクロウについてご紹介してきましたがいかがでしたか?最初は怖いなって思っていても、見ているうちに段々と愛着がわいてきたのではないでしょうか。

そんなじわりじわりと後からきいてくるメンフクロウに会える場所をご紹介しますね。

掛川花鳥園(http://k-hana-tori.com/)

言わずと知れたフクロウ愛好家の聖地、静岡県の掛川花鳥園。ほかにも富士花鳥園や神戸花鳥園等があり、そのどれにもメンフクロウがいます。

入場してすぐのケージの中に複数羽、イベントスペースの止まり木に複数羽。

夜行性なので眠そうな顔をしているメンフクロウが大半ですが、それでもその眠そうな顔がまた可愛いんです!

また、バードショーなどでメンフクロウが飛ぶ姿を見ることができたり、一緒に写真を撮ることができたりもするので、フクロウと一緒にすごした思い出を残してみるのも楽しいと思います。

メンフクロウは、少し怖いけど、じわじわ可愛い!生態や飼育法

メンフクロウは、ちょっと怖く見えるけど、よく見ると可愛いです。

飼育すると懐きました。

雛も可愛かったですね。

私はメンフクロウがフクロウの中では特に好きで、とっても熱く語ってしまいました。