AMPページの文字が小さくて読みづらい時は、通常ページをご覧ください。

ミニブタの大きさや寿命について!なつく?大学の研究も

豚は身近で、誰でも知っている有名な動物です。

しかし、ペットとして飼うとなると、あまり聞いたことがありません。

欧米では、ペットとして流行しているようです。

その寿命や大きさなどの生態や、なつくかについて調べました。

ミニブタの生態

英語ではmini-pigです。

ほとんどのミニブタは、ベトナムに生息していたポットベリーピッグが、起源です。

1950年にフランス人がベトナムからヨーロッパに運んで、動物園で飼育しました。

そこから、ヨーロッパでペットとして飼育することが流行しました。

その後、1985年にカナダやアメリカでも飼われるようになりました。

2000年ころに、日本にもやってきました。

生態としては、他のブタとほとんど同じです。

また、原種のイノシシとも似ています。

種類

ポットベリーピッグ 出典:shutterstock
  • ポットベリー:先ほど述べた通り、ベトナム原産です。ペットとしてはメジャーな品種です。
  • ゲッチンゲン:ドイツで開発された品種です。
  • オーミニ:日本家畜研究所で開発された品種です。
  • クラウンミニ:鹿児島大学で開発された品種です。
  • アイヅ:会津成人病研究所で開発された品種です。
  • ピットマンムーア:アメリカのフロリダ半島の在来種です。
  • メキシカンヘアレスピッグ:メキシコ原産です。

生息地

ポットベリーだと、本来の生息地はベトナムです。

上記のように他にも、フロリダ半島やメキシコなどが原産のミニブタの種類もいます。

大きさ

View of a short-chested domestic pig, also known as minipig. 出典:123rf

体長は大きいもので、100cmほどになります。

100kg以下のブタをミニブタ呼びます。ブタとしては小さいです。

ペットとして飼う際は、40~70kg程度がちょうどよいようです。

当然、餌を与えすぎると100kgを超えることもあります。

土佐犬の重さが35~60kg程度ですから、それと比べると、やはりミニブタはかなり大きいですね。

さらに、体重40kg以下のものを、マイクロブタと呼びます。

最近はマイクロブタカフェもあり、人気が出てきています。

寿命

Minipigs in the snow covered with straw. 出典:123rf

寿命は10~15年です。

ペットとして、より長生きしてもらうためには、適度な運動をさせることが重要です。

また、あまり太りすぎないようにして、餌も自然に近い物を与えましょう。

野生では、土を掘り返して、根菜類や球根、昆虫などを食べます。

雑食性です。

飼育する際は、市販の餌や野菜、穀物も与えます。

鳴き声

可愛い四頭のミニブタたちに、餌を与えています。

「ブッブッ、グッグッ」と、短く鳴いています。

嬉しそうに餌を食べていますね。

育てると、なつく?!

次項↓