捕鯨問題の当事者である「ミンククジラ

日本は国際捕鯨委員会(IWC)を脱会してしまいました。IWCでは脱退しても再加盟する国もあることから、日本もそうなってほしいです。

ミンククジラはかつて、日本が捕鯨していたクジラとして主な種。

親が「クジラの肉は当たり前だったぞ!」と言っていましたが、そのクジラはこのミンククジラと、もう一つイワシクジラです。昔は、解凍した鯨の刺身や鯨ベーコンにして食べていました。学校の給食では、鯨の竜田揚げもでていたそうです。(ちなみにぼくはクジラの肉と言われてもピンとこない世代です・・・)

現在は複雑な環境に置かれているミンククジラですが、生態からあらゆる問題までまとめてみました。

ミンククジラの生態

まずはミンククジラとはどんなクジラなのか?見ていきましょう。

大きさ

オスとメスで大きさが違います。平均体長と最大体長を調べました。

♂オス 平均6・9メートル 最大10・7メートル

♀メス 平均7・4メートル 最大9・8メートル

平均体長はメスの方が大きいのに、最大体長はオスの方が大きいんですね。動物の世界も大きさに関して興味深いものがあると感心しております。

ちなみに赤ちゃんは生まれた時すでに2・5メートルほどあります。人間と比べるとでかい!

平均寿命

50年

だいたい50年前後だと言われているようです。哺乳類の中ではクジラは結構長生きですよね。

オキアミ・・・と思われがちですが、実はサンマなどの小・中型の魚を主な餌とします。オキアミも食べますが。

ミンククジラはマッコウクジラなどと違い、歯が生えていない方の種類のクジラなのですが、好物のストライクゾーンがかなり広いそうです。

ここ重要なのですが、ミンククジラにはクロミンククジラと普通のミンククジラがいます。ミンククジラは前述した通りなのですが、クロミンククジラは南極方面にいて、主食はオキアミです。

ここら辺、ミンククジラには近親がいて分かりづらいです・・・学者さん分かりやすく名前変えてくれ!

生息地

スクリーンショット 2016-06-05 22.37.56出典:wiki

ドワーフミンククジラという種もいますが、これはミンククジラの分布です。

特徴

ナガスクジラ科で、別名コイワシクジラと呼ばれますが、イワシクジラとは特に関係ありません。

特徴らしい特徴といえば、頭がトンガっているくらいでしょうか?

絶滅危惧種なの?

違います。

ここはよく間違えられるところですが、クジラが全て絶滅危惧種というわけではありません。しかし、同じナガスクジラでそのデカさで知られるシロナガスクジラは絶滅危惧種です

では、ミンククジラはどのくらいの数いるのでしょうか?

ミンククジラの数は?

https://ja.wikipedia.org/wiki/

ミンククジラの生息数についてですが、多く見積もる派閥と、少なく見積もる派閥がいて正確には測定できないようです。とりあえず、一般的な生息数を載せておきます。比較データが少なかったので、ここではクロミンククジラのデータになります。

1985年〜1990年の調査 72万頭

1992年〜2003年の調査 51万頭

どちらかというと、徐々に減ってきたとの見方が強いそうです。先ほども言った通り、増えたと言う派閥と減ったと言う派閥がいるので、ここら辺の判断は難しいですね。

増えすぎた?

そんななか、北西太平洋のミンククジラが増えすぎたと言う声があちこちで聞こえるようになりました。これを否定する学者もいるそうなので、なんとも言えないところではありますが、「増えた!」のだそうです。

これによって、シロナガスクジラとの共存を考えた時に、「ミンククジラは減らしてもいいのでは?」さらに「別に保護しなくてもいいのでは?」と考える人が出てきました。

もちろん、クジラの個体数や生息数は回復していないという説もあります。

これに関しては、難しいところですよね。個人的にはシロナガスクジラには絶滅して欲しくないです。

ミンククジラを飼育している水族館はあるのか?

話をいきなり別の方向に持っていきますが、ミンククジラを観れる水族館はあるのでしょうか?

結論はと言うと、ありません。

単純に飼育するのは困難だということです。あの巨体ですし、餌が特殊で大食いなのであまり現実的ではありませんね。どうしても見たい場合は、スキューバダイビングなどで見れる可能性があるそうです。

もしかしたら、数十年後に水族館で見れる日が来るかもしれませんね。

ホエールウオッチング

これはザトウクジラです。みんながイメージする典型的なクジラの潮吹きはザトウクジラです。どうしてもクジラを見たかったら、ホエールウオッチングにいくのがいいでしょう。沖縄から小笠原諸島、北海道まで、ホエールウオッチングのツアーを開催しているところがあります。必ずとは限りませんが、主にザトウクジラを見れます。

クジラの今後

クジラたちの今後の生存を願うばかりです。

ミンククジラに関しては、個体数が増えてきているという報告もあるので、あまり心配なさそうです。世界の海にクジラは約80種います。その中で、ミンククジラが増えすぎると、シロナガスクジラが激減する可能性もあります。なのでミンククジラには、同じクジラとして共存していく道を見つけて行ってもらいたいところです。