チークカラーが可愛らしいオカメインコの魅力!喋る?なつく?

  • 2022年4月27日
  • 鳥類
  • 657view

ほっぺたのまぁるいチークカラーがなんとも可愛らしいオカメインコ。

「インコ」と名付けられていますが、実はオウム目オウム科に分類される鳥類の一種です。

もちろん、オウムの中では一番小さい種類になります。

オウム科とインコ科の大きな違いは「冠羽」と呼ばれる頭の上のトサカのような羽根の有無です。

表情が豊かでペットとしても人気のオカメインコの魅力についてご紹介します。

この記事では、

  • 生態
  • 種類
  • 飼育方法

などについて書いています。

生態

Yellow-gray cockatiel sitting on a railing. Focused on the eye. Yellow bird. 出典:123rf

日本では、特徴である頬の橙色のチークパッチ(斑点)がおかめに似ていることから、オカメインコと呼ばれています。英語ではcockatielです。

全長の半分を占める尾羽と、頭頂部にある冠羽も特徴的ですね。

この冠羽は精神状態によって立てたり寝かせたりし、リラックスしている時は寝ていることが多いです。

生息地

ルチノー 出典:123rf

オカメインコは主にオーストラリアの内陸の乾燥地帯に生息しています。

一か所に定住せず、水場やエサを求めてかなりの長距離を移動しながら生活します。

大きさ

A sleepy male cockatiel, an Australian bird popular as a pet, sitting on a branch. 出典:123rf

体の長さは、尾羽を入れると30~33cm、体重は80~110g程度。

体長だけでいえば、ハトほどの大きさになりますが、尾羽と冠羽の長さがなければ、ヒヨドリと変わらない程度です。

孵化後2か月経つとほぼ親と同じぐらいの大きさになります。

Yellow parrot on a tree. Cockatiel on a branch. Yellow bird. Pet in nature. 出典:123rf

野生ではアカシアの花や実、草、小さな昆虫などを食べます。飼育下では粟や黍などの穀物のペレットやシード、ヒマワリの種などを与えます。

羽の色は?

The cockatiel spread its wings. Cockatiel sits on the hand. 出典:123rf

明るい色の品種がたくさんいますが、原種は少し地味なグレーです。

ノーマルやシナモン、オリーブ、ルチノー、イエロー、ホワイトなどの種類があります。

オスとメスの色の違いは?

グレーの場合、ヒナの羽から大人の羽に変わる時に、メスはグレーの羽のままです。

オスは、顔に黄色い羽がはえます。

Three yellow cockatoo nymphs. Parrot breed with yellow crest. 出典:123rf

オスのほうが、鮮やかですね。

寿命は?

Portrait of Cockatiel close-up. 出典:123rf

オカメインコの1歳は人間では18歳程度と言われています。

繁殖が可能となる時期もこれくらいから。

寿命は15年から25年程度です。

稀に30年を超える個体もいます。

長生きですね!

どんな鳴き声?喋る?

オカメインコの鳴き声は、オスとメスで若干の違いがあります。

オス 出典:123rf

オスは機嫌がいいとおしゃべりをするかのように囀ります。

変わってメスは普段はおとなしい性格の個体が多く、オスほど囀りません。

ペットとして飼育されている場合、飼い主への要求から鳴くことが多いです。

小型の鳥に比べると中型のオカメインコの鳴き声は結構大きいです。

「モカちゃん」「スパイシーちゃん」などと、名前を呼ぶように喋っています。

オスは短い単語であれば数語、覚えてしゃべる場合もあると言われていますが、基本は口笛を得意としています。

ペットとしての飼育方法

One male Cockatiel sitting on the Cage Entry. 出典:123rf

オカメインコを飼育する際に最低限必要なものとしては、ケージ(鳥かご)、冬場や病気のときのためのヒーター、病院への通院など移動のためのキャリーケースなどです。

最近は、ケージに餌入れ・水入れ、止まり木、おもちゃなどが最初からついていますので、もしケージについていない場合には別途用意しましょう。

<最低限必要なもの>

  • ケージ
  • 餌入れ
  • 水入れ
  • 止まり木
  • ヒーター(電球タイプ、パネルタイプ)
  • キャリーケース
  • 雛用ケース(雛から飼うとき)
  • 餌(主食、副食)

です。ペット関連の販売コーナーにいくと大抵揃います。

なつく?

One grey tame Cockatiel with a yellow head sitting on a Finger. 出典:123rf

オカメインコは野生でもつがいや群れで生活することが多く、一人でいることが苦手で寂しがり屋な性格の一面を持っています。

とても人懐っこい鳥で、飼い主とのコミュニケーションを好み、カラダを掻いてほしいそぶりを見せたりします。

雛のころから飼育すると、手乗りオカメインコになるほど、なつきます。

臆病な面を持っていることでも知られており、地震や大きな物音でビックリしてケージ内で大暴れして怪我することもあります。

通称『オカメパニック』と呼ばれています。

ケージ内はシンプルにしてあげ、もしもの時に備えてあげましょう。

値段は?

ノーマルやルチノーの値段は10000円~20000円です。シナモンなど珍しい色となると30000円程することもあります。

まとめ。オカメインコは甘えん坊で可愛らしい!

オカメインコはとにかく甘えん坊でコミュニケーションが好きなので、ペットとして飼育しても、とても癒しを与えてくれる存在となるでしょう。

オスであれば、歌を覚えてくれることもありますので、遊びとしての楽しみもあります。

ぜひ、オカメインコの歌の動画をご覧になってみてくださいね♪

仲間の生き物たち

  • カエルアンコウはダイバーの癒し!擬態や飼育法、水族館など 海の中にはたくさんの生物がいます。 私たちが大好きな美味しいお魚だったり、とても変わった生態の持ち主だったり、深海に住む不思議生物だったり。 そんな中から私が一押しするのがカエルアンコウです。 みなさんはご存知ですか?見た目から海の中の癒し系なのですが、その生態を知ると癒し系とは少し言い難いところもちらほら。 そのギャップがまた面白いのです。 […]
  • 最速絶滅動物「ステラーカイギュウ」まとめ!目撃、生存の可能性は? 「今も生きていたら・・・」と、最も思いたくなる巨大海獣です。ステラーカイギュウは大きな体を持ち、優しい性格の動物でした。今回は「あー!生きている姿を見たかったよーーー!!!」という気持ちを抑えながら、その生態や絶滅の経緯、そして生存の可能性などについて調べてまとめてみました。 生態 ご存知の通り、ステラーカイギュウはすでに絶滅したと考えられている動物です […]
  • かわいい性格でモフモフ!モリフクロウと暮らすには!?生態と飼育法! もふもふとした羽毛に小さなくちばし、きらきら輝く瞳にくりくりとした動き。 たくさんの種類があるフクロウの、そのどれも愛らしくてたまらない! でも、やっぱりモリフクロウ(英語ではTawny […]
  • シマリスは「部屋んぽ」が大好き!確認も必要!なつく方法も ケージ内で反復横跳びやバック転を、シマリスが繰り返すことはありませんか?これは常同行動でストレスが原因として考えられるようです。 そんなときは部屋んぽ(ケージから外にでて部屋の中を散歩すること)をしましょう。 ケージから外に出して、思いっきり遊ばせてあげることも必要です。 行動範囲の広いシマリスは部屋んぽをすることにより、ストレス解消になります。 ま […]
  • 毒魚と呼ばれるソウシハギは食べられるのか? その真実と生態とは!? あなたは、魚を食べるのは好きですか?周りを海に囲まれ、好条件な漁場がいくつもあり、魚を食するにはとても恵まれた場所に位置している日本。そして私たち日本人は昔からいろいろな魚たちを、さまざまな方法で調理して食べてきました。刺身はもちろん、塩焼、天ぷら、蒲焼き、唐揚げ、煮付け、塩蔵、干物、すり身加工など、そのバリエーションは本当に多種多様です!これまでさまざまな種類の魚料理を見 […]