オカメインコのオス、メスの見分け方はこれだ!顔全体が黄色くなるのは?性別で性格は違う?

  • 2021年5月16日
  • 鳥類
  • 182view

さて、今回はオカメインコのオスとメスの見分け方を書いていきます。結論としては、成鳥になれば品種(オカメインコのカラー)によっては簡単ですが、ヒナの段階では成長したメスの特徴がオスにも出ていて、なかなか判別することはできません。ベテランの人でも見分けられる確率としては、「50%」です。

DNA鑑定をすればオスかメスかわかりますが、実はこのDNA鑑定も100%ではありません。DNA鑑定をしてもらい、オスと判定された子が、いきなり卵を産んでメスと判明したというケースもあります。

オスにはオスの良さ、メスにはメスの良さがありますので、最初から「男の子が欲しい!」「女の子が欲しい!」という想いはあるかもしれませんが、迎えた子がどちらの性別でも大切に育てて欲しいというのが私の想いです。

オスメスどっち?外見からわかる性別の見分け方

Cockatiel sitting on a woven ball, popular pet in aviculture, tropical bird from Australia. 出典:123rf

ノーマルグレーの場合のオスとメスの特徴を書いていきます。

尾羽の裏の縞模様で見分ける

A vertical shot of a cockatiel on a branch with its wing open. 出典:123rf

家のオカメインコはノーマルグレーなんですが、尾羽の裏には縞模様があります。

これはまだヒナだからなのですが、この尾羽の裏の縞模様、ヒナ換羽で尾羽が抜けてまた生えてきたときにオスだと縞模様がないんです。

メスの場合、この縞模様はヒナの時のようにはっきりと残ったままになります。

なので換羽で尾羽が抜けて、また生えてきたときにオスかメスかわかるのです。

ですが、この尾羽の裏の縞模様は、カラーがノーマルグレー・シナモンの場合に限ります。

また、オスでこの縞模様が消えるのは、生後6ヶ月〜1年半と個体差によりまちまちなので、若い鳥の場合はこの縞模様だけで判断できません。

顔全体が黄色くなる

View of grey-yellow male budgie cockatiel parrot on the tree branch. Photography of nature and wildlife. 出典:123rf

オスの場合、ヒナの頃は顔全体がグレーがかっているのですが、このグレーが段々と黄色になってきます。

これはどうやらノーマルグレーのオスの特徴のようで、メスの場合はグレーにわずかに黄色を混ぜたような色になります。

羽色で見分ける

オスはメスより羽色が全体的に華やかな印象です。

チークパッチで見分ける

close-up side view of a grey cockatiel with orange cheeks. 出典:123rf

オスの場合、メスよりもチークパッチのオレンジ色が濃いとも言われていますが、これには個体差があります。

鳴き声で見分ける

grey cockatiel on wooden log. 出典:123rf

オスの鳴き声はよく通り、バリエーションも豊富です。また、呼び鳴きが多いです

言葉を覚えやすいのも特徴です。

メスの場合、鳴き声はオスより静かめです。

呼びなきはオスよりは少なめです。

性格や仕草で見分ける!オスの行動、特徴とは?

Cockatiel nymphicus bird hollandicus pet budgie parrot male nymphicus hollandicus. 出典:123rf

さて、家のオカメインコはオスなんですが、成長してオスだと判別できたことがいくつかあります。

まず、そのオスの行動やしぐさを書いていきます。続いて、性格の特徴も書いていきます。

求愛ソングを歌う

parrot cockatiel close-up sitting on the cage. 出典:123rf

「求愛ソング」を歌うとオスになります。家のオカメインコの場合、ヒナの頃から口笛をよく聞かせているのですが、口笛で吹いた音楽を真似するようになりました。これはどうやらさえずりのようで、オカメインコはそれこそ教えればどんな歌でも歌えると私は思います。

ちなみに我が家は、最初に「幸せなら手をたたこう」を何度も聞かせ、それを覚えてオリジナルに仕上げています。「オリジナル」という表現をしたのは、オカメインコは教えた曲を完コピするのではなく、90%そっくりそのまま覚えて10%はオリジナルで曲を仕上げるからです。

2曲目は、ゲームの「ファイナルファンタジー」シリーズの「チョコボのテーマ」を教えてるところです。こちらも今では大分歌えるようになってきました。

このように、求愛ソングを歌う子はオスになります。

ワキワキする・アジの開きになる

翼をワキワキと半開きにして姿勢を低くする通称「アジの開き」と呼ばれる独特のポーズがあります。

我が家では「ワキワキしてる」と呼んでますが、ワキワキしたら(アジの開きになったら)オスです。

家のオカメインコの場合、まず歌から始まり、「もしかしてオスかも?」と思っていたところ、ある日突然「ワキワキ」し始めたのです。最初はエサ箱の上でワキワキしているところを嫁が目撃しました。

このワキワキ、発情のサインでもありますが、インコの典型的な「おねだりポーズ」でもあります。「遊んで」「おやつちょうだい」など、飼い主に甘えているときにとるのもワキワキの特徴ですね。

家のオカメインコはケージによじ登っている時や、ご飯を食べているとき、またケージの床を歩いている時などにワキワキします。このワキワキもオス特有ですね。メスはワキワキしません。

お尻ふりふり

オスはブランコなどのおもちゃ、止まり木などに対して、お尻をスリスリと押し付ける行動をします。

我が家ではお尻ふりふりと呼んでいます。家のオカメインコは止まり木によくお尻ふりふりしています。

言葉をしゃべる

Portrait of parrot cockatiel, cockatiel close-up, gray parrot on the blue sky, home parrot. 出典:123rf

求愛ソングより更に高度なことになりますが、実はオカメインコはしゃべれる子もいます。

自分の名前だったり、「こんにちは」「こら!」「めっ!「だめでしょ!」と言った単語になりますが、こちらも根気良く話しかけ続ければしゃべるようになります。

ですが、人間が覚えて欲しい言葉をしゃべるというよりは、その子が覚えて話したい言葉をしゃべります。

ナギはまだしゃべれませんが、「わんわんおー」と言った言葉?は得意です。

この言葉をしゃべるのもオスの特徴ですね。ちなみに、稀にしゃべれるメスもいます。

オスの性格

Grey body Cockatiel in the cage. 出典:123rf

オスの場合、「小学校3年生くらいのわんぱく坊主」のような性格です。

好奇心旺盛でイタズラや遊びが大好きで、怖がりで人見知りするくせに、一度人慣れするとベタベタです。からりとしていて後腐れが少ないようです。

飼い主とのコミュニケーションに積極的ですが、孤独に弱いのもオスの特徴です。

家のオカメインコの場合はわんぱくもありますがとにかくやんちゃ坊主です。

気に入らないことがあると地団駄を踏みます(羽をバタバタさせる)。この地団駄、オカメパニックではありません。とにかくかまってちゃんで、「ボクを見て!」アピールが激しいです。

歌を歌ったり、ケージによじ登ってケージの横の棒を「ジョリジョリ」としたり(我が家用語)、「わんわんおー」と鳴いたり、ビーム音を出したり・・

どうにかして人間の気を引こうと必死なのがわかります。

ちなみに構ってくれないと「ピー!ピー!」と鳴いたりもします。そして超寂しがり屋・・

また綿棒が大好きで、放鳥時に綿棒を渡すとクチバシでくわえてものすごく満足気なキラキラした目で遊びます。見ていて納得する、「小学校3年生くらいのわんぱく坊主」のような性格ですね。

性格や仕草で見分ける!メスの行動、特徴とは?

gray female cockatiel parrot. 出典:123rf

メスの行動や性格を書いていきます。

卵を産む

newborn hungry cockatiel chicks waiting to be fed. 出典:123rf

これは極端な見分け方かもしれませんが、卵を産んだらメスです。

メスの場合、発情すると尾羽をあげます。この尾羽をあげるしぐさはシャチホコのようにも見えます。

オスはこの尾羽をあげるしぐさはしません。

メスの性格

female cockatiel sitting on a branch, a popular pet in aviculture from australia. 出典:123rf

メスの場合、「20代前半のお嬢様」のような性格です。クールで物静かなのに、時として大胆になる気まぐれ屋さんです。ちょっと神経質で、愛する者とも一定の距離を保つところがあります。

独立心旺盛で一人遊びを好み、人好きではあっても、ケージから出す時間が少ないと手に乗らなくなる傾向があるようです。

「一人で遊ぶから見ててね」と言いたげな性格です。

オスより保守的・内向的でマイペースです。オスに比べて孤独を苦にしないのもメスの特徴です。

オスが「小学校3年生くらいのわんぱく坊主」なのに対し、メスは「20代前半のお嬢様」・・

余談ですが、これはどことなく、人間の男性・女性でも言えることかもしれませんね(笑)

男性は子供っぽく、女性は大人っぽいイメージです。これはオカメインコにも言えるんですね。

まとめ
Shot of a flock of cockatiel having fun perched on the lawns in a bright sunny day. 出典:123rf

最後に、オスとメスの見分け方をまとめてみます。

  • ヒナのうちからオスかメスを見分けるのは不可能、確率としては50%
  • DNA鑑定も確実ではない
  • オスとメスを見分ける特徴はあるが個体差はある

成長したオスの見分け方

  • 求愛ソングを歌う
  • ワキワキする、アジの開きになる(おねだりポーズ)
  • お尻ふりふり
  • 言葉をしゃべる(根気よく教えることも大事だが、あくまで結果的にはその子の覚えたい言葉をしゃべる)
  • 尾羽の裏の縞模様がなくなる
  • 顔全体が黄色くなる
  • 羽色がメスより全体的に華やか
  • メスよりチークパッチの色が濃い
  • 呼び鳴きが多く声も大きい
  • 小学校3年生くらいのわんぱく坊主のような性格

成長のメスの見分け方

  • 卵を産む
  • 尾羽をあげる
  • 尾羽の裏の縞模様が残る
  • 顔はグレーにわずかに黄色を混ぜたような色
  • 呼び鳴きが少なめで静かめ
  • 20代前半のお嬢様のような性格

仲間の生き物たち

  • ホウライエソは深海生物!生態などを調査! 最近、私はやたらと海洋生物を調べているのですが、その中でも断トツの深海生物を発見! その名も「ホウライエソ」(英語ではViperfishes)。 ちなみに、釣りをする人は、あのエソ? と、思う人がいるかもしれませんが、狙っていないのにたまにかかるあのエソとは関係ないです。 さて、それはどんな生物なのか、ご紹介しましょう。 どんな生物?生態は? […]
  • シロナガスクジラは宇宙最大?生態や大きさ、寿命は?天敵は? 世界最大の動物として名高い「シロナガスクジラ!」 デカイのは知ってるけど、 「どのくらいデカくて凄いの?」 「デカすぎて天敵とかいるの?デカイから寿命も長いの?」 などなど、子供の頃のぼくは世界一の動物にロマンを見ていました。 そんなロマン溢れる「シロナガスクジラ」の全てを検証すべく、この記事で迫ります! シロナガスクジラの予備知識から! […]
  • 猫の目の色は不思議!オッドアイとダイクロイックアイの違いは? 不思議ですよね。 主に、「グリーン」や、「ヘーゼル」、「アンバー」、「カッパー」、「ブルー」、「レッド」、などの種類があります。 また、子猫のときは「キトンブルー」とも呼ばれ、青っぽいですよね。 また、「オッドアイ」、「ダイクロイックアイ」という種類もあります。 どのような猫の目のことを、そう呼んでいるのでしょうか?調べてみました。 色 […]
  • 「シマヘビ」の生態!ペット用品やアクアテラリウムについて!大学での研究は? いっときは当たり前のようにシマヘビの姿をみかけましたが、今はアオダイショウほど頻繁には姿をみません。 アオダイショウと並んで日本ではメジャーですよね。 田舎暮らしの私でも、最近はほぼ見つけられません。 小学生のころは「なんだシマヘビか」というほどしょっちゅう見かけていたのですが。。 せっかくだから野生にいるものをみつけて、飼育をしてみたいという爬虫類 […]
  • 愛する僕が紹介!殻付き牡蠣の剥き方など下処理の方法と美味しい食べ方 最近、各地の飲食店街や駅周辺、大型商業施設などにも姿を見せ始め、着々とその数を増やしている専門店、そう、「オイスターバー」です!店先の水槽や店内のショーケースには、殻付きの立派なものたちが並び、まさに壮観ですね。 そんなオイスタバーで白ワインを片手に、各地から届けられた旬な料理に舌鼓を打ちながら大切な人や親しい友人と素敵な時間を過ごすのもなかなか粋だと思います。 […]