AMPページの文字が小さくて読みづらい時は、通常ページをご覧ください。下に通常ページへのボタンが表示されている場合はAMPページです。

元祖ペンギン「オオウミガラス」その絶滅の原因と生存可能性は?

悲惨な絶滅を迎えたことで知られる「オオウミガラス」です。

調べていくと、北極方面に生息していた興味深い動物であったことが分かりました。

その生態と、絶滅原因生存の可能性を探っていきます。

意外に知らないオオウミガラスの生態

絶滅した動物の中では有名ですが、意外にも生態は知られていません。

英語ではGreat-aukです。

まず、生態から見ていきましょう。

元祖ペンギン

ペンギンと最初に呼ばれたのはペンギンではありません

実は元祖ペンギンはこのオオウミガラスなんです。意外ですよね。

これには2つ説があります。

1つ目は、「太っている」という言葉が現地で「ピィングィン」といいペンギンの発音に似ている言葉だったこと。

2つ目は、「ペンギン」という言葉が古代ケルト語で白い頭と呼ばれていたこと。

どうでもいい雑学ですが、オオウミガラスの風貌を見ればペンギンでもなんだか違和感ありませんね。

ちなみに北半球に住んでいるのが今のペンギンなのですが、発見されたのは18、19世紀頃。

オオウミガラスはすでに8世紀頃に発見されていたということなので、元祖ペンギンであることはうなずけます。

そしてオオウミガラスがいなくなり、今ペンギンが「ペンギン」と呼ばれ始めました。

ペンギンと似た習性

ペンギンとオオウミガラスは分類も違い、生息地も真逆でした。

オオウミガラスは分類チドリ目、ペンギンはペンギン目。

分類も違う2種類の動物で、かつ北極のオオウミガラスと、南極のペンギンがなんでここまで似ているかは解明できていないようです。

大きさ

全長約80センチ

体重約5キロ

でした。ペンギンの中でよく知られる「コウテイペンギン」の大きさは100〜130センチほどですから、中くらいのペンギンの大きさのイメージですね。

生息地

アイスランドにある銅像 出典:shutterstock

北大西洋から北極海にかけて住んでいました。

人間が近寄りやすい地域にいたことも絶滅の原因になったのかもしれないです。

食生活、餌

食生活もペンギンとほとんど同じで、魚やイカを餌として食べていました。

特徴

ペンギンに非常に似ていますが、これらの特徴がそのままオオウミガラスの絶滅につながってしまいました

色と形が特徴的でした。

これは、卵が転がらないような作りになっているみたいです。大きさは直径13センチに!

また、産卵数は1個のみでした。1個を大事に育てる主義で、6〜7週間、オスメス交代で卵を温めて、ヒナが生まれました。

動きが遅い

ペンギン同様によちよち歩きでした。

転んだ時はペンギンみたいにくちばしを使って起き上がったと思われます。

なんで飛ぶことをやめたかというと・・・、ウミで高速泳ぎをするためでした。

短い曲がった足と短くなった羽は泳ぐときに役立っていたんですね。

しかし、陸上ではのろいのはどうしようもありません。。。

飛べない

ペンギンは一応、鳥の仲間です。

警戒心が薄い

オオウミガラスは警戒心が限りなく低かったようです。

これが絶滅を早めてしまった大きな原因かもしれないですね。

一説には人間を全く恐れず、むしろ興味を持って寄ってきたとも言われます

この警戒心のなさは絶滅に関して致命傷でした。ドードーも警戒心が薄かったです。

ここまで、意外に知らないオオウミガラスの生態でした。

ここからはオオウミガラスの絶滅の歴史と、理由について考察していきます。

絶滅原因と生存の可能性

絶滅とその理由

Collection of extinct animals with names. List of mammals, birds and sea creatures that ceased to exist. Isolated vector images of species that can only be found in museums. 出典:123rf

オオウミガラスの絶滅は、先ほど挙げたいくつかの習性、そして人間の影響によってもたらされました。

なぜ、絶滅してしまったのか?もっと詳しく検証していくことにしましょう。

習性が原因

先ほどあげた習性が絶滅の原因となりました。

もともと、人間を天敵と考えなくて良い北極圏に生息していたので、人間の侵入によってオオウミガラスはやられてしまったことになります。

そう考えると、人間が入ってきたことによる絶滅の影響が強いことがわかりますね!

次は人間が何をしたか考察します。

次のページ↓