オオウミガラス

悲惨な絶滅を迎えたことで知られる「オオウミガラス」

調べていくとオオウミガラスは北極方面に生息していた興味深い動物であったことが分かりました。そんなオオウミガラスの生態と、絶滅原因生存の可能性を探っていきます。

意外に知らないオオウミガラスの生態

DSC_9937_1024
出典:nodaiweb.university.jp

オオウミガラスは絶滅した動物の中では有名ですが、意外にも生態は知られていません。まず、オオウミガラスの生態から見ていきましょう。

元祖ペンギン

ペンギンと最初に呼ばれたのはペンギンではありません。実は元祖ペンギンはこのオオウミガラスなんです。意外ですよね。

これには2つ説があります。

1つ目は、「太っている」という言葉が現地で「ピィングィン」といいペンギンの発音に似ている言葉だったこと。

2つ目は、「ペンギン」という言葉が古代ケルト語で白い頭と呼ばれていたこと。

どうでもいい雑学ですが、オオウミガラスの風貌を見ればペンギンでもなんだか違和感ありませんね。

ちなみに北半球に住んでいるのが今のペンギンなのですが、発見されたのは18、19世紀頃。オオウミガラスはすでに8世紀頃に発見されていたということなので、元祖ペンギンであることはうなずけます。

そしてオオウミガラスがいなくなり、今ペンギンが「ペンギン」と呼ばれ始めました。

ペンギンと似た習性

ペンギンとオオウミガラスは分類も違い、生息地も真逆でした。

オオウミガラスは分類チドリ目、ペンギンはペンギン目。

分類も違う2種類の動物で、かつ北極のオオウミガラスと、南極のペンギンがなんでここまで似ているかは解明できていないようです。

大きさ

オオウミガラスの大きさは

全長約80センチ

体重約5キロ

でした。ペンギンの中でよく知られる「コウテイペンギン」の大きさは100〜130センチほどですから、中くらいのペンギンの大きさのイメージですね。

生息地

北大西洋から北極海にかけて住んでいました。人間が近寄りやすい地域にいたことも絶滅の原因になったのかもしれないです。

食生活

食生活もペンギンとほとんど同じで、魚やイカを獲ってきました。

特徴

ペンギンに非常に似ていますが、これらの特徴がそのままオオウミガラスの絶滅につながってしまいました

1280px-Oeufs002b,47
出展:Wikipedia

色と形が特徴的ですよね。

これは、卵が転がらないような作りになっているみたいです。大きさは直径13センチに!

また、産卵数は1個のみでした。1個を大事に育てる主義で、6〜7週間、オスメス交代で卵を温めて、ヒナが生まれました。

動きが遅い

ペンギン同様によちよち歩きでした。転んだ時はペンギンみたいにくちばしを使って起き上がったと思われます。

なんで飛ぶことをやめたかというと・・・、ウミで高速泳ぎをするためでした。

短い曲がった足と短くなった羽は泳ぐときに役立っていたんですね。

しかし、陸上ではのろいのはどうしようもありません。。。

飛べない

ペンギンは一応、鳥の仲間です。

警戒心が薄い

オオウミガラスは警戒心が限りなく低かったようです。これが絶滅を早めてしまった大きな原因かもしれないですね。一説には人間を全く恐れず、むしろ興味を持って寄ってきたとも言われます。この警戒心のなさは絶滅に関して致命傷でした。

ここまで、意外に知らないオオウミガラスの生態でした。ここからはオオウミガラスの絶滅の歴史と、理由について考察していきます。

オオウミガラス絶滅原因&生存の可能性

絶滅とその理由

オオウミガラスの絶滅は、先ほど挙げたいくつかの習性、そして人間の影響によってもたらされました。なぜ、絶滅してしまったのか?もっと詳しく検証していくことにしましょう。

習性が原因

先ほどあげた習性が絶滅の原因となりました。

もともと、人間を天敵と考えなくて良い北極圏に生息していたので、人間の侵入によってオオウミガラスはやられてしまったことになります。

そう考えると、人間が入ってきたことによる絶滅の影響が強いことがわかりますね。次は人間が何をしたか考察します。

人間の影響

オオウミガラスは、もともと8世紀頃から食用、脂肪用として捕獲されていました

それまではまだ良かったのです。

その後乱獲が始まり、数百万羽いたオオウミガラスが一瞬のうちに絶滅することになりました。どのように乱獲が始まり、絶滅したのか見ていきましょう。

出典:Wikipedia

乱獲の始まり

乱獲が始まったのが、16世紀。

カナダを名付けたことで知られるフランスの探検家のジャック・カルティエ隊はなんと1日に1000羽もの乱獲を行ったのです。

この噂が、あちこちに広まり、乱獲はあっという間に加速していきました。

最後のオオウミガラスの群れ

生息数が少なくなってくると、個体数の少なさからオオウミガラスの価値が高くなります。捕獲されたオオウミガラスは剥製などにして、高値で取引されていました。

アイスランドにある、人間が近寄ることのできない断崖絶壁の島に住み着いていたオオウミガラスたちがいました。

ところが、その島で火山活動が活発になり、ついに噴火。残っていたオオウミガラスたちは他の島に避難しました。

そのオオウミガラスたちを待っていたのは、人間たち。高値がつくため、保護よりも捕獲が最優先。ありとあらゆるオオウミガラスを捕獲していきました。

そして、最後のオオウミガラスを捕まえるだけとなりました。

あっけない最後

最後のオオウミガラスは卵を温めていた最中。オスメスつがいで、近くにいました。

そんな中、人間は迷いもなく捕獲。

卵はその時の争いで割れ、この世からオオウミガラスは姿を消しました。

なんだか悲しいですね・・・あっけない最後でした。

この世から姿を消したと言われているオオウミガラスですが、本当にいなくなってしまったのか?生存可能性を検証してみます。

出典:webhitode.com

生存可能性

すでに絶滅してしまった動物の中には、目撃情報があり、まだ生存している可能性はあるのではないか?と疑われているものもいます。そんな中オオウミガラスの生存している可能性はあるのか?目撃情報から探っていきます。

目撃情報

有力な目撃情報が1852年にありました。絶滅した場所とほど遠くない場所でした。なので、完全に絶滅してしまったとはまだ言い切れません。

オオウミガラスは北極側の人の入りにくい場に生息しており、目撃情報が少ないのは人通りが少ないからかもしれないです。が、その後有力な目撃情報はないので、やはり絶滅した可能性は高そうですね。

標本、化石

オオウミガラスの化石

標本に関しては、最後に高値で取引されていたためしっかりとした剥製80体ほど残っています。絶滅した動物たちについてはこちらも。

復活は?

近年、絶滅した動物を蘇らせられるのか?科学者たちが研究を進めています。

動物のDNAがわかるものと、近親の動物がいれば復活させられる可能性はあると言われています。

これに関して僕はそこまで詳しくないのですが、オオウミガラスには近親オオハシウミガラス、そして残っている剥製の遺伝子があるので、まだ復活の可能性はあるのではないか?と思います。

どちらにしても、科学者たちが研究を進めていってわかることだと思うので、今後に期待したいですね。